<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

緋色の欠片 第3話「五人の守護者」

第3話「五人の守護者」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ぶつかって転びそうになった珠紀。

「止まれ!」

と叫んでその手をつかむ慎司。

「あの 大丈夫ですか?」

「美鶴・・ちゃん?」

と顔をみつめたままで

「あのう・・そろそろ・・。」

といわれあわてて
われにかえってたちあがる珠紀。

「あの ひょっとしてあなたは

 春日珠紀先輩・・ですか?」

「え?どうして 私を・・・
 
 さっきの不思議な力

 もしかしてあなた 5人目の?」

「はい。僕 1年の

 犬戒慎司っていいます。

 では あなたが玉依の。

 よかったあ。想像してたとおりの人で。」



笑顔の慎司。


OP


みんなのところへ慎司をつれていく珠紀。

「お前 慎司か?」

「帰って来たんなら すぐ教えてくれても

 よかったろう。このぉ。」

と懐かしがる拓磨たち。

珠紀もあらためて慎司に挨拶。

「こいつは ほっとくと
 
 勝手に 危険なところに

 飛び込んでいくから 

 気をつけたほうがいいぞ。」

「基本的に バカだからな。」

「たしかに目をはなすと

 事態を悪くしている。」

拓磨も真弘も祐一もさんざんないいっぷり。
でも本当・・。

慎司といっしょにお弁当をたべようと
さそいお弁当を差し出すと
美鶴の弁当はうまいと手を出す拓真と祐一。

慎司がいなくなったあと
美鶴はしばらく泣いてたいへんだったという真弘。

「元気にしているならいいです。」

なぜ慎司が村を離れていたのか
たずねる珠紀。

「僕には 守護者としての力が

 あらわれなかったので

 外に出て 修行していたんです。」


「えっ?」

「へ〜〜っ!それで

 何か必殺技とかできるようになったのか?」

と真弘先輩が明るくつっこんでくれました。

放課後、慎司もいっしょに帰ることになり
拓磨と待つ珠紀に、慎司の話をする拓磨。

五家とは珠紀が思うような仲良しクラブじゃなく
よけいな情報は一切入ってこないのだそう。

遅れてやってきた3人。
慎司は女の子に囲まれて
なかなか出てこられなかったらしい。

「懐かしいなあ この村は

 全然かわっていない。」

「俺は 退屈だけどなあ。

 俺の器には 小さすぎるんだよ

 この村は。」

「でも 離れてみてわかることもあります。

 ここはいいところです。先輩。」

「なあ 慎司

 俺は お前が戻ってこなかったほうが

 よかったんじゃないかと思ってる。」


という拓磨。
珠紀がかみつくと

「ただ そう思っただけだ」という拓磨。

拓磨は悪気があっていったんじゃないと
フォローする祐一。

家につくと、慎司が帰って来たときいて
卓も待っていました。

卓と慎司といっしょに珠紀も
祖母の部屋にいくことに。

美鶴と慎司はどういう関係?

慎司はばば様に挨拶。

修行したけど力はあらわれず
でも別の力は多少・・という慎司に
口から小刀を出し慎司に飛ばすばば様。

「静止!落下。」

そのとおりに止まって落ちる小刀。

「御言葉つかい。

 言葉に特別な意味を持たせ

 それによって 万象を操作する力を持つもの

 ・・ですか。」


「報告どおりですね。

 よく帰ってきました。

 五人目の守護の役目

 引き受けていただけますね。」


「微力ながら お役に立てるように

 努力していきたいと思います。」


美鶴が待っていました。
守護を引き受けたことで
慎司を心配しますが、大丈夫だという慎司。

みんな慎司が帰ってきて
守護者をひきうけたことを
反対しているみたい・・という珠紀に

「そうですね。

 自分がある役目に縛られていて

 それから逃れられない。

 たとえば そういうことなのでは

 ないでしょうか。

 みなさんは たぶん

 役目から解放されたいという

 自分の願望をかさねていたところも
 
 あったのだと思いますよ。」


という卓。

さっきのみんなの言葉を思い出す珠紀。

『私が 玉依姫として 

 鬼斬丸の封印ができれば

 みんな 自由になれるって

 ことなのかな。』


おーちゃんが心配してくれました。

「大丈夫。私 がんばるよ。おーちゃん。」
 

CM


学校でお昼御飯をたべながら話すみんな。
慎司はまだこない。

慎司と美鶴の関係をたずねる珠紀。

あの二人はずいぶん仲がよかったらしい。

今日から珠紀をおくるのは当番制にして
他のものは封印の見廻りの強化をすることに。

くじをひいたのは拓磨で不満そうな顔を
したのをみて、立ち上がろうとしたときに
頭に痛みを感じる珠紀。

珠紀が日直のため拓磨は先にいき
清乃が声をかけてきました。
珠紀の相談にのるといいますが
かばんからおちたのはわら人形・・。

今おじさんの家にお世話になっていて
これは内職・・てどういう商売?!

珠紀が立ち上がろうとしたときにまた頭痛。
顔色が悪いと心配する拓磨に
なんでもないと平気なふり。

「俺の仕事は 

 おまえを守ることなんだぞ。

 なんでも言え!」


「あっちから・・・何か・・」

「封印の場所か。

 たしかに。わずかに。

 言われなければ気づかないほどの。

 お前はここにいろ。」


「ううん!私も行く!

 私だって何かしたい!」


「わかった。」

珠紀と拓磨がかけつけると
卓が待っていました。
祐一たちももうむかっているそうで
また痛みを感じる珠紀。

「こっちから 誰かが 封印を。」

それをきいて拓磨が先にいきました。

結界をやぶろうとするものたち
アインとツヴァイ。
珠紀の頭痛はひどくなり
拓磨と卓がとめにいきました。

「おい!あんたら!

 そこから先は立ち入り禁止だ!」


「魔の眷属か。」

「お前たちはただの人間だな。

 やめとけ。

 人間には この先はちょっときつい。」


「我々はここに用がある。残念だが。」

「我々には ここを守る義務って

 ものがある。」


「なるほど。ガーディアンってわけか。」

「アイン よせ。」

上に真弘もいました。

「鴉の化身か。
 
 うまそうな魂だ。」


と武器を出しました。

さらにドライも姿をみせます。

「何者だ?」

「聖なる モナドにつかえるマグス。

 君たち 殺されないように

 気をつけたまえ。」


「殺す?」

「そんな物騒なこと

 我々が守りしこの地で

 許すわけにはいきません!」


「あ〜ら いい男じゃない。

 アイン 私も彼の意見に賛成だけど?」


とフィーアも出てきました。

「それは残念だな。フィーア。

 ふりかかる火の粉は はらうものだ。」


一触即発の場面に

「やめてーーーーー!!」

と叫ぶ珠紀。

「帰って!帰りなさい!」

「不思議な霊圧だ。」

「ふん」

「実におもしろい。

 君たちは 研究対象としては

 もうしぶんない。」

「そこまでよ。

 モナドは戦闘を禁じているわ。

 また今度 遊びましょ。」


と姿を消す敵。

ほっとしてその場に座り込む珠紀を
危険だと怒るみんな。

「でも 言わずにはいられなかったの。

 私だけ何もできずに

 みてるだけなんて いやだったから。

 私が玉依姫なら。」


その言葉にはっとするみんな。
珠紀にお礼を言ってくれる卓。

みんなも心配してのことなので
気持ちは十分。

そして珠紀の頭を小突く拓磨。

「ほら 早く立てよ。
 
 帰るぞ。」


とやさしい笑顔・・!

ED

翌日、昨日のことを話すみんな。

「アイン ツヴァイ ドライ フィーア

 というのは

 ドイツ語で 1 2 3 4という意味だ。」


「つまり あいつらは 

 一つのチームってわけだ。」





戦闘を禁じているといっても
フィーア以外やる気満々だったような。
長いこと封印がまもられていたので
守護者と、鬼斬丸を狙うものの存在は
お互い知らないのか。
どっちも人間じゃなさそうだけど。

拓磨みたいにいつも冷たい人が
たまにみせるやさしさはきくな〜。



春日珠紀   三宅麻理恵
鬼崎拓磨   杉田智和
鴉取真弘   岡野浩介
狐邑祐一役  浪川大輔
大蛇卓     平川大輔
犬戒慎司    下和田ヒロキ


宇賀谷静紀  久保田民絵
言蔵美鶴    藍川千尋
芦屋正隆   永野善一
多家良清乃  三森すずこ
オサキ狐   山口立花子

アリア     磯村知美
アイン     安元洋貴
ツヴァイ    川原慶久
ドライ     上田燿司
フィーア    大原さやか







緋色の欠片 二 [Blu-ray]

緋色の欠片 三 [Blu-ray]

緋色の欠片 四 [Blu-ray]

緋色の欠片 五 [Blu-ray]

緋色の欠片 六 [Blu-ray]

緋色の欠片 七 [Blu-ray]







2012.04.17 Tuesday 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ちはやふる 第15首「つらぬきとめぬたまぞちりける」 | main | リーガル・ハイ 第1話 >>









◎緋色の欠片第三話五人の守護者
シンジが帰ってくる。タマキに紹介。タマキさんは、タクマを呼び捨て。シンジ:僕は力がでなかったんで、外に修行にでていたのです。〓放課後タマキ:これで全員そろったんだね。シ...
| ぺろぺろキャンディー | 2012/09/03 3:31 PM |