<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ATARU 第8話

第8話



最近、ほとんど睡眠をとっていないチョコザイ(中居正広)を連れ、
検査のために病院に出かけた舞子(栗山千明)。
検査を終え表に出ると、チョコザイは見知らぬ車に
乗り込んでしまい、慌てて降ろそうとした舞子は、
ラリー井上(村上弘明)と名乗る人物と出会う。
チョコザイをアタルと呼ぶラリー。
アタルはFBIの捜査官候補生で、医学的に証明された
サヴァン症候群の能力を捜査に生かすための
訓練を受けていたという。




アパートの一室で燃える男性。
死亡者は日村将人 34歳。
自殺と片づけられて
また捨て山にされそうなところを
沢さんが解剖にまわすように
いってくれました。

「捨て山嫌いの蛯名の影響ですかね」

といわれてますが・・。

医師の診察をうけたチョコザイは
外にとまっていたラリーの車に
のりこんでしまいました。
あわてて降ろそうとする舞子に
ラリーが一緒に乗るように誘います。

「アタルのことをずっと捜していました」

事情をおしえてもらう舞子。

「要約すると…

 チョコザイ君はFBIの捜査官?」

「いいえ アタルはまだ候補生ですSPBで訓練中です。

 FBIが かつて 超能力者を捜査官としていたのは

 知っていますか?FBI超能力捜査官」

「チョコザイ君が!?」

「いいえ 超能力捜査官は

 失敗だったんです。

 その同じチームがアタルを開発しています」

「開発って…」

「超能力なんて不確かな能力でなく

 医学的に証明されたサヴァン症候群の能力を使って

 今度こそ

 それがサヴァン・プログラム・ブランチ

 SPBです。

 そこでアタルはFBIが管理する 血液 毛髪 皮膚片

 DNAの分析データ薬物 火薬 重火器爆発物の

 分析データ 既存の車 船 航空機ほか

 刑事事件の捜査に必要なあらゆる微細物の分析データ

 それらA4 400ページの資料にして

 約4万冊分を活字 映像 音声のデータとして記憶し

 それが更新されるたびに アップデートしてきました。

 問題はインプットした この膨大なデータを

 必要なときにアウトプットする能力です。」

「あッ残念ながら

 アウトプットの開発がうまくいきませんでした。」

「あの… どうして日本に?」

「長い間 アタルと接していると分かるんです

 彼には日本への うん…

 ノスタルジアがあります」

「ノスタルジア?

 ホームシックみたいなものですか」

「ええ トレーニングには邪魔になると判断し

 ずっと排除してきましたが

 もしかしたら日本でトレーニングをしたら

 成果が出るかもしれない

 そう考えました

 そして成果は出た。あなたのおかげです。」

「このまま アタルと捜査を続けてください

 必要なら 我々から正式に警視庁に依頼しても」

「それなら 私は適任じゃありません

 私…もうすぐ警察を辞めるんで」


死体の死亡推定時刻は火事の通報時刻と重なり
死因は やけど死。
生活反応のあるやけどだらけで
刺し傷や骨折や不審な皮下出血はなし。

「やはり事故か自殺… 捨て山か」

舞子とラリーたち。

「事件を捜査する仕事が嫌になったんですか?」

「嫌なのは 事件にならないと捜査できない仕事です

 納得いくまで調べたいんです

 たとえ捨て山でも」

「ステヤマ?捨て山?」

「初動捜査で事件性が見えない現場のことです」

「それなら アタルと一緒にSPBに来ませんか?

 あなたとアタルがいれば

 この世から捨て山はなくなるかも」

ラリーにスカウトされました。

「ぜひ SPBに来てくださいね」


死亡した男性は、実家の母に
今 抱えてる問題が解決したら久々に実家に帰ると
いっていたそうで 紹介したい女性ができたってとも。

「問題を抱えてたって気にならない?」

「誰だって問題は抱えてる」

「でも 母親に紹介したい女性がいるって

 そんな人が自殺なんかする?」

「人は突発的に自殺するぞッ」

舞子の母も

「早く帰ってきなさいいいことあるから」

と言っていたのが最後の言葉。

「希望の言葉を最後に

 自殺する人なんていない…」


そこにあった写真を見たチョコザイが

「目がまっかっかです」

前々回、拉致された犬飼は
話し方がかわっているだけでなく
何か恐怖で洗脳されてしまったよう。

チョコザイをみて

「猪口… 在」

とつぶやきますが
それもパスポートをみたときの記憶。

「なんで知ってるんです?誰だよ?」

「チョコザイ君の本名です本名?」

舞子はラリーにあったことを
沢さんに話し、ラリーをたずねていく沢さん。
犬飼のことをたずねても
しらばっくれられました。

「警察で話を聞かせてもらいましょう」

「容疑は なんです?

 ここは日本の治外法権ですよ」

「犬飼の変貌には きっとここの人間が関係してます」

「なぜ あなたがそれを?」

「私はチョコ…アタル君の身元引受人です」

「身元が分かった以上その保護は解除されるはずです」

「チョコ… アタル君は今までパスポートを持ってませんでした。

 つまり これはここアメリカ大使館にあったんです。

 犬飼はこれを ここで見た。

 ラリーさん あなた犬飼に何をしたんだ?」

「意味が分かりません。」

「白状するまで

 アタル君の保護は解除しません」

「それは 違法行為ではありませんか」

「あなたがアタル君を使って

 何をしようとしてるのかは知りませんが

 この日本で勝手なマネはさせません」

沢さんもやりすぎるとあぶないんでは・・。


「ラリーはアタル君の肉親じゃない」

「でも一緒に入国したことは確認されました」

「とにかく猪口在の保護は解除しない」

「身元が判明した以上解除すべきです」

「それならチョコザ…

 アタル君の両親に確認を取ってからだ」

「ラリーさんに家族の連絡先を聞きます」

「やつは信用できない」

「どうして?」

「パスポートの情報があれば家族は すぐに見つかる」

日村さんは宅配の人ともめていたとの証言があり
さっそくそこへたずねていき
川久保さんに参考人としてきてもらいますが
この人がまた特殊能力。
いきなり電球がわれました。

「興奮すると よくこうなるんです

 放電ストラップです

 放電素材の服よりは効果あったんですけど

 やっぱり気休め程度にしかなりませんでした

 飛行機には 怖くて乗れません

 新幹線が大丈夫だって知ったのもつい最近です」

「なんの話ですか?」

「海外では「スライダー」って呼ばれてて

 CNNとかでも取り上げられた人もいて
 
 結構 有名なんですけど…」

家にいってみると電化製品がすべて
布でおおわれていました。

「絶縁体っていうんですか?」

「ええ」

「ああいうので囲ってないと誤作動を起こすらしい」

「じゃあ ご両親も電気に干渉する体質?」

「いやいや あの…息子だけです」

「すごいですね 電気を操る能力って」

というと母親のかんにさわったらしい。

「能力じゃありません 

 私達にとっても 息子にとっても障害です!」

「よしなさいッ

 障害じゃない ただの体質だッ」

「体質なら 診てくれる病院があったっていいじゃない!

 なんで誰も助けてくれないんだと お父さんだって…」

「すいません」

「どうしたら いいんでしょうね…」

「こいつの将来考えると」

舞子の家でも話題にのぼりました。

「病気や体質なら

 医者に診てもらえないのは不公平だよ」

「障害なら専門家のバックアップが必要だけど

 それすらない」

「やっぱり不公平だ うんッ」

「能力には なんないのかな?

 チョコ君みたいに」

目が真っ赤について調べても
火の熱による充血かそれ以外の原因かは
鑑別不能だという話をすると
オムレツにケチャップで絵をかくチョコザイ。

「ガイコツの赤いとこ」

ラリーについて調べる沢さん。
シンクロナイズドスシミング刑事ナンシーの
警察監修がラリー。

「ホントに それだけなのか…」

ガイコツの赤いとこを渥見に調べてもらうことに。
脳血管の拡張は火災の熱による可能性が高い
と 解剖所見にはありますが
頭蓋骨の毛細血管だけは火災の熱なんかじゃ
うっ血しないらしい。
司法解剖では そんなこと調べないというのを
中津川にお願いする舞子。

「これまでも君は 勝手に捨て山に登ってきました。

 そして 犯人を掘り出してきた。

 遺体は今日 火葬してかえす予定だ。

 すぐ遺族を説得しろ。」

ついにこの人までうごいてくれた・・。

川久保さんはこのの障害のせいで何度も
クビになってきたので、配達先のインターホンを
壊してしまったことを秘密にしてほしいと
頼みました。

遺体を調べた結果、頭蓋骨の毛細血管に
うっ血があり誰かに首を絞められた可能性が高いことが
わかりました。
でも死因はけい部圧迫による 窒息死ではなく
やけど死のまま。
でも その前に首絞められて気絶した可能性が高い。

「また捨て山が事件になったようだな」


被害者の携帯履歴から
恋人とと友だちがうかびました。

被害者の部屋にきていたチョコザイは
カビをゆびさして

「クラドスポリウム アルテルナリア」

とつぶやき。

「両方とも お風呂場でよく見る黒カビのことです」

「それが事件と関係してるのか?」

「クラドスポリウム アルテルナリア」

「違います

 同じ黒カビでも違う種類だってことじゃないですか?」

「それがなんだ?」

「私に聞かれても…」

日村さんの恋人?に話をきくと
友だちにお金をかしているらしく
友だちのほうにきくと
自分が貸したと反対の供述。

部屋に行くと今度は

「カラカラ カラカラです」

エアコンのリモコンが
28度に設定してあり、しかも暖房。
いろいろ節約していたのにこれはおかしい。

真冬に設定したんですかね?
エアコン代は節約しなかったってことか…

「犯人は日村を殺した後

 28度設定の暖房を3時間稼働させた

 タイマー機能を使ったんだ」

「犯人がしたなら何か狙いがあるはずですね」

「ラカラです カラカラ…」

というチョコザイ。

「計算したら この部屋の湿度は10%切ってたのね」

「なるほど だからカラカラですね」

「そうするために 犯人がわざわざ

 暖房をタイマーで稼働させたなら

 何か意味があるはずだ」

「バチバチ バチバチ」

チョコザイが出火点をみてつぶやきました。

「そうか ここには灯油がまかれてたのね あちこちに。

 湿度10%以下だとすれば まかれた灯油からは

 大量の気化ガスが発生して充満したはずなのね

 カラカラだったから灯油が気化して 」

「それで電気がバチバチッとなれば燃えるのね」

「ガソリンスタンドで店員の服にたまった静電気が

 給油中にスパークして火災になった例もあるのね」

「でも 首を絞められたんだから事故じゃないですよね?」

「誰も事故なんて言ってないのね

 灯油のガスを発生させて人工的にスパークできれば

 れっきとした殺人なのね」

「スライダーがスパークを起こすこともあるのね」

また川久保さんが疑われました。

「川久保さんを疑うんですか?

 彼は自分の障害に苦しんでます。」

「可能性が出た以上調査すべきだ」

結局、川久保さんは今の職場も
くびになってしまいました。

その後、携帯電話のトリックにきづき
日村さんの友だちをふたたび事情聴取。

「携帯は着信すると微量だけど

 内部で電流がスパークします

 灯油が気化したガスで充満したこの中で

 電流がスパークしたら火災が起きます

 その携帯はきっとここにあったんですよ

 でも 消火の水で流されたため

 その推理にいたるまでに時間がかかりました

 つまり 最後に日村さんに電話をした人間が 犯人です

 それは あなたでしたね?

 伊藤さん」

「いや だからこれは借金の催促で…」

「借金の催促なら 普通多く残ってるのは着信です

 でも これ見てください

 日村さんから あなたにかけた電話の方が断然多い

 お金貸してたの本当にあなた?逆じゃないの?」

「どっちが貸してたかなんて関係あるんですか?」

「ありますね 動機になりますから」

「僕は ここに灯油がまかれて

 暖房入ってたなんて知らなかった

 ただ 日村の携帯に電話しただけ
 
 それが罪になるんですか?

 怪しいってだけで逮捕するんですか?」

「もちろん逮捕はできませんが

 家宅捜索令状を取るには十分です

 あなたの家の風呂場で黒カビを採取しました」

「ここの風呂場にいた黒カビアルテルナリアと

 DNAが一致しました

 つまり 同じ個体です」

「カビにもDNAがあるんですよ

 日村さんを殺すためにあなたの家の風呂場から

 ポリ容器に入った灯油を持ってきましたね ここに

 つまり 犯人はッ」

「違うよ

 灯油を持ってきたのは殺した後だよ」


「あいつが突然金を全額返せって言ってきて

 もう二度と貸さないって言い出して

 首を絞めた痕を隠さなきゃだから

 火をつけようと家に戻って 灯油を持ってきて」

そして電話をかけて発火・・。

チョコザイが涙を流しながら眠っていました。
強くにぎりしめた手からは血が・・。

しかし昇によるとチョコザイは眠っていたのではなく失神。
失神と睡眠は違うそうです。

「失神って 脳の血流が

突然遮断されて起こる意識障害だけど

 チョコザイさんの場合

原因は…ストレスじゃないか?」

「ストレス?」

「チョコザイ君の手のひら見たろ」

「事件を解決する… ストレス」

「分からないけど可能性はあるかも」

「終わりにした方がいいかもな

 チョコザイ君の力 捜査に使うの」


その後、川久保さんに
ホットドッグ屋さんの屋台の仕事を
紹介する沢さん。

「運転大丈夫だよね?

 ここほら 炭火焼きだし電気も使ってないから

 君さえよければ この車いつでも借りられるらしいよ」

「ウチは加盟料いらないし

 車も食材も会社持ちだよ。

 もちろん頑張れば いつかは

 自分の車 持てるようになるから」

「ありがとうございます」

「まあ… 罪ほろぼしっていうか」

「自分のために動いてくれる人がいる

 それだけで

 自分の世界って変わるんですね」


川久保さんはその場ですぐ研修を
することに。

「彼が持ってるものは能力なのか 体質なのか

 それとも障害なのか

 なんなんだろうな」

そしてチョコザイの家が判明。

「仲蒲田ですよね?」

「ナカカマタ」

「いや 八王子だ」

「ええ?」




被害者は気の毒だけど
今回は川久保さんが犯人じゃなかったので
後味悪い結果にはおわらずに
良かったです。

お風呂場にあるカビのDNAが
事件解決の糸口になるなんて
チョコザイ以外誰にできましょう。

ラリーがやってることは別に悪いことでは
ないようにみえますが、チョコザイが
ストレスを感じていやでしょうがないのに
やらせてるとしたらやはり問題なのでしょうね。

捜査に役立たないとしたら
ただのしょうがい者になってしまうのかな。
生きる上ではそっちのほうがよほど幸せそう。


               

チョコザイ  中居正広
沢 俊一   北村一輝
蛯名舞子   栗山千明
蛯名 昇   玉森裕太(Kis-My-Ft2)
蛯名達夫   利重剛
蛯名真理子  奥貫薫
中津川    嶋田久作
野崎蓮生   千原せいじ
蓮見怜志   田中哲司
犬飼甲子郎  中村靖日
松島光輝   庄野崎謙
石川 唯    光宗薫(AKB48研究生)
黒木永正    中村昌也
玉倉 孝    三好博道
チョコザイの父 市村正親(特別出演)
ラリー井上    村上弘明











2012.06.03 Sunday 23:32 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第34話「宇宙海賊ビシディアン」 | main | ジャンプ SQ. (スクエア) 2012年 07月号 新テニスの王子様の感想 >>









【ATARU】第8話
自分のために動いてくれる人がいる。 それだけで、自分の世界って変わるんですね。 ATARU(アタル)第8話     アパートで焼死体が発見された。 部屋、あるいは本人が灯油をかぶっての事故。...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/06/04 3:28 AM |
「ATARU」第8話
CASE08「チョコザイの正体と目的!!」   
| またり、すばるくん。 | 2012/06/04 7:50 AM |
ATARU 第8話〜電気青年・川久保(渡部豪太)のSPEC!
「ATARU」第8話 当初は、「またジャニーズ主演か」とか「どうせダメ・ドラマだろう」とバカにしていて、ひたすら栗山千明に萌えるだけだったけど、どうやら侮っていたようで、ここにきて好印象が増してきました。 中居君も最初は鼻についたのですが、随分と
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/06/04 12:49 PM |
ATARU (第8話・6/3) 感想
4/15からTBSで始まったドラマ『ATARU』(公式)の第8話『チョコザイの正体と目的!!』の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良い...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2012/06/04 4:13 PM |
「ATARU」第8話 北村一輝さんのスーツの胸ポケット
「ATARU」第8話、北村一輝さんがスーツの胸ポケットに手を入れるとちょっとどきどき。 スーツの胸ポケットからまあいろんな物が出てくるんだけど、その仕草が素敵です。 スーツと言えば、「ATARU」の栗...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2012/06/04 4:43 PM |
『ATARU』 第8話
 FBIや特異体質や事件や犬飼(中村靖日)の変貌や「しっぽがありません」など、いろいろ入り乱れるので、頭がついていきません。  特に川久保(渡部豪太)の特異体質(電気機器に干渉してしまう)のことが気になって、事件に集中できませんでした。  「真っ赤な目
| 英の放電日記 | 2012/06/07 1:29 PM |