<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! 1巻

[ マンガ ]
ハイキュー!! 1巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ジャンプで毎週楽しみにしている
ハイキュー!!の1巻目。

高校のバレー部の話。

中学時代、まわりにバレー仲間がいなくて
でもテレビでみた「小さな巨人」と呼ばれる選手に
憧れ、ひとりでやってた日向君、小さいけど
運動神経と反射神経は抜群。
そして実力がありすぎてまわりがついてこられないのが
許せずチームでひとり浮いてしまい「コート上の王様」
と言われ孤立してしまった影山君。

その二人が烏野高校バレー部で出会い
まだ正式入部もしてないけど
だんだんと仲間になっていく過程が楽しい。

先輩たちも他の新入部員もみないいかんじなので
ゆっくりじっくりみせてほしいです。
(長期連載になるのを期待)


以下雑誌掲載時の感想


第1話 終わりと始まり

  排球=バレーボール。
 
 テレビでみた春高バレーで
 「小さな巨人」と呼ばれていた選手に憧れ
 中学に入ってからバレーをはじめた日向翔陽。

 男バレがなく女バレの練習にまぜてもらってたとか
 この上なく気の毒な環境ながらようやく入ってくれた
 1年や他の部だった友だちの助っ人をかりて
 やっと大会に出場。

 そこでコート上の王様 影山飛雄との出会い
 小さくてもすごいジャンプ力を持つ翔陽と
 いまいちチームからは浮いている影山。
 
 強くなりたい勝ちたいと入った高校は
 あの憧れの選手のいた学校。
 今はその頃とは違うようですが
 一応先輩もマネージャーもいる。
 そしてなぜかそこに影山が。

 まずは影山がここへきた理由からかな。
 「恋に全力!部活に全力!」ってかいてあったけど
 今のところヒロインっぽい子はまだ。
 マネージャーじゃないよね。
 まずは部活でいいんじゃないでしょうか。


第2話 烏野高校排球部

  影山くんは県内一の強豪校にはおちて
 ここにいるそうで、影山くんを倒そうと
 がんばってきた翔陽は最初からケンカ腰。
 
 先輩達の話もろくにきかず
 勝手に勝負をはじめてしまいますが
 さっきのあの自信はなんだったのというくらい
 ちょっと情けない翔陽・・。
 おばちゃんバレーと比べちゃダメだって。

 先輩たちも「小さな巨人」の姿をみていたようで
 目指すは全国。
 ちゃんとした先輩たちみたいでよかった。
 で、最初から仲違いしていたふたりは
 互いがチームメイトだと自覚するまで部活には
 参加させないとおいだされてしまいました。
 もっともです。


第3話 単細胞生物

  互いがチームメイトだと自覚するまで
 部活禁止をいいわたされてしまったふたり。
 
 つなぎが命のバレーで個人主義の影山と
 運動能力はあるのにまわりに恵まれず
 それを生かせていない日向。
 
 影山のトスで日向のスパイクが気持よくきまるには
 まだ時間かかりそうですがとりあえずは
 田中先輩もいれて3対3の試合。
 キャプテンにうまくのせられてるけど
 田中先輩もいい人!


第4話 最強の味方

  試合を前に朝練をする3人。
 3年の菅原さもみにきてくれました。

 仲間だと証明するための試合なのに
 日向を認めない影山が日向にトスを
 あげてくれない・・・。
 レシーブがろくに拾えないやつを
 「勝ち」に必要だと思わないかららしい。

 中学の時は部活以外の人にトスをあげてもらっていて
 高校にきたらどんなセッターがいるのかと期待してきたら 
 あの影山。影山を倒したくて烏野に来たというと

 「日向はさ 影山を倒したくてバレーやるの?」

 ときいてくる菅原先輩。 
 ほんとにいい先輩がそろってるなあ。

 影山を倒せるくらい強くなりたいとの想いが
 底にあって、今、日向の中での
 最強の位置づけが影山ということ。

 「“最強の敵”だったならさ

  今度は“最強の味方”じゃん」


 敵にまわしたら怖いという言い方をよくしますが
 まさにそんなかんじ。味方にしたらこれほど 
 心強い存在はない。

 レシーブ特訓をかさね、その運動神経で
 なんとかひろえるようになった日向に
 つい無茶な方向へうってしまう影山。
 
 「苦しい。もう止まってしまいたい。」
 そう思った瞬間からの、一歩。

 これはものすごく強力な武器になると思う。

 無茶なボールを拾った日向に
 影山がトスをあげた!!!

 それを楽しそうな笑顔で打つ日向!!

 いい顔!!!


 最強の味方同士になって
 いい試合をみせてもらいたい。

 おもしろいな、ハイキュー。
 この調子でいってほしい。


第5話 コート上の王様

  対戦相手となる同じ1年の新入部員。
 身長188cmとかなり戦力になりそうなツッキー。
 でもいちいち影山くんにつっかかって挑発。
 あんまり王様王様と連呼するので
 かわりに日向くんがかみついた!

 コート上の王様は自己中すぎて
 最後はそっぽむかれちゃったのか・・。
 影山くんについてこれなかっただけという気も
 するけど影山くんのほうから歩み寄ることも
 なかったんだろうな。

 共通の憎まれ役を前に団結するか、影山くんと日向くん。

 田中先輩がかっこよすぎて惚れるw

(顔が、というわけではない。←ごめん)


第6話 中学のハナシ

 
 コート上の王様は仲間に高度なプレイを
 求めすぎてそっぽをむかれてしまった
 孤独な王様。
 影山くんの求める速さと高さを
 体現できるものが、一応、強豪なのに
 いなかったようで、監督にも見放されてしまった
 王様の傷は深い。

 でも今は違う、日向くんがいる!
 
 身長の高い月島くんにことごとくブロックされて
 しまっていますが田中さんにあげるとみせかけて
 後ろのあげたトス、中学のときはそこに誰も
 いなかった場所にちゃんと居てくれる日向くん。

 「おれはどこにだってとぶ!!

  どんなボールだって打つ!!

  だから おれにトス、持って来い!!!」


 いいかんじ。

 早く正式入部して
 ほんとのチームメイトになるといいね。
 月島君やキャプテンたちとも。
 

第7話 “持たざる者”のことば
  
  跳んでもブロックにとめられてばかりの日向が
 あこがれた小さな巨人。
 もっとコートにいたいという思いは影山といっしょ。

 「スパイカーの前の壁を切り開く

  そのためのセッターだ」

 と日向にトスをあげてくれる影山。

 だけどタイミングがあわなすぎる。
 相手チームのセッターがみかねて
 「それじゃあ中学の時と同じだよ」
 と声をかけられました。
 日向の素材はピカイチなので
 影山の持つズバ抜けたセンスと
 冷静な目と判断力があれば、日向をもっと
 うまいことつかってやれるんじゃないかと
 言ってくれるスガさん。
 やる気があって周りを見る優れた目を持ってるのに
 「仲間のことが見えないはずがない!!」

 日向の優れた運動能力が羨ましいけど
 能力持ち腐れなのが腹立たしい。
 だから日向の能力は俺が全部使ってみせるという
 影山。

 「とべ ボールは俺が持って行く!」

 影山のあげたトスにあわせて跳ぶんじゃなくて 
 日向の能力にあわせてうまくあげるということか。
 たったの一試合で得るものが大きいな。



(ジャンプH24年12号〜18号)
2012.06.05 Tuesday 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 家庭教師ヒットマンREBORN! 39巻 | main | リーガル・ハイ 第8話 >>