<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リーガル・ハイ 第8話

第8話



 古美門(堺雅人)、黛(新垣結衣)、服部(里見浩太朗)が
事務所でくつろいでいると、テレビに天才子役・安永メイ(吉田里琴)
のドラマが流れる。感動的な親子再会のシーンに、
素直に涙する黛。しかし、いつものことながら古美門は
「成功する子役は、哀れな操り人形か、マセたクソガキのどっちかだ」
と冷めている。
 その頃、メイは母親の留美子(小沢真珠)が出かけたのを
良いことに、まだ12歳の子供にもかかわらず、ビールを飲み、
男友達を家に連れ込む。結果、急性アルコール中毒になったメイは
病院へ搬送されることに。病院の廊下では留美子と
マネジャーの梶原(おかやまはじめ)が、今回の件のマスコミ対応で
口論となる。メイは彼らに気付かれることなく、病室から
抜け出してしまう。
 マスコミにもメイの荒れた私生活が暴かれるなか、
古美門法律事務所に一本の電話が。ホテルのスイートルームに
呼び出された古美門と黛。そこに待っていたのは、
エステティシャンにマッサージをされながら、ルームサービスを食べる
メイだった。ドラマで視聴者の涙をさそう演技を見せるメイとは、
かけ離れた印象に面を食らう2人。メイは無敗の古美門の噂を聞いて
依頼したという。「マスコミを名誉棄損で訴えるつもり?」と聞く黛。
しかし、メイの依頼内容は、想像を超えた驚くべきものだった・・・。



親子をテーマにしたいい話・・・・。

受けた案件も親子なら
対する弁護士が古美門の父という
こちらも親子対決。

天才子役のメイの母親は
娘の稼ぎをあてにして
ホストクラブで遊んだり
自分がかなえられなかった夢を
娘に託し、娘依存のあまり
それがあやうくなると
自殺未遂を繰り返したりという
とりあえずこんな親、嫌、というタイプ。

「お母さんには…。

 私のこと 忘れて…。

 自分の人生を歩んでほしいんです。」


天才子役の名演技なのか
それともここはやはりメイの本心なのかと
思わせるあたりがもううますぎる。(脚本が)

最後、あっけらかんとロンドンへ旅立つときも

「子役はさ 賞味期限の短い消耗品だよ。

 やるだけやったらはい 次の人生。

 視聴者の皆さん今まで

ありがとうございました。

 メイは とっても楽しかったです。」


すごく明るい。
裁判でみんなを泣かせたセリフも
前にやったドラマのパクリだそうで。

「君は 根っからの女優だよ。

必ず カムバックするさ。

 シェークスピアの国で思う存分

学んでくるといい。」


と古美門に言われてました。
きっといい女優さんになるでしょうw


そして古美門の父親も
幼い息子相手にその育て方は
どうかと思うようなもので・・
父親なりの愛情はあったのかもしれないけど
やり方はまずいようにみえた。

クラスメイトにサンタはいないといって
親から苦情がきたら、その理由を理路整然と
問い詰め、答えられないと

「君は 根拠もなしに勝手な見解で

 クラスメートを傷つけたわけですね?」

と謝罪してくるよう命令。
そのお金もお年玉のために用意したものだそうで。
それで結局あやまりにはいけなかったらしい息子に

「頭の悪い子は嫌いです。」

「どうせ中途半端な人生を送るなら

 家名を傷つけないようにどこか

遠くへ消えなさい。」


こんな親も嫌だ・・。

裁判でもいつものような調子が出ず
父親相手には苦戦。

10代で父と断絶し自力で道をきりひらいてきた
自分とメイの姿が重なる古美門。
母が自殺未遂をしたというのに
会いに行かないというメイに
「でも親子なんだから」とすすめる黛に

「12歳の子が

母親と断絶しようとしている。

 内心 どれほどの苦悩を抱え

 血を吐く思いをしているか 君に分かるか?

 二度と 薄っぺらい言葉を吐くな。」


というときの口調が自らの想いが
こもっていてすごい迫力でした。

だけどやっぱり親子。
裁判のために台本を用意して
それぞれ練習させていたのを

「思いのままを言えばいい。」

と父もとめていれば
古美門も台本破棄。

「台本は 忘れろ。

 演技は なしだ。

 いくら うまくても 演技は演技だ。

 本心を むき出しにしてぶつかってこられたら

 とても 勝てない。

 お父さまなら そうする。

 君は 思いのままを言いなさい。」


結果はメイと母親をひきはなすことに
なりましたが

「どのような結果に

 なったとしても

 親子の縁を切ることは

どんな法律にもできません。

 思い合っていれば 親子です。」


子どもへの接し方はうまくなかったかも
しれないけど、この父は父なりに
息子をちゃんと大事に思ってて
古美門にも最後には伝わったような・・。
東京タワーとスカイツリーの会話で。

しかも服部さんが、
父の頼みで古美門のそばにいたとは!!

「サンタクロースとは

 誰かが誰かを思う心 そのものなんです。

 よってサンタクロースは存在します。」


というのは黛。

「古美門先生にも

 素晴らしいプレゼントを送り続けている

 サンタクロースがいるかもしれませんよ。」

「大変 頼りになる素晴らしい プレゼントが 目の前に。」

プレゼントが服部さんでサンタは父。
子ども時代にサンタはいなかったらしいけど
お父さんも変わってくれたんだね・・。

とにかく今回は
吉田里琴ちゃんと堺雅人さん
二人の熱演が光ってました!

特に吉田里琴ちゃん
このまま美しく育っていってほしい。

いい話なのにオモシロセリフを
とりあげるのはどうかとも思うけど
子役へのスタンス。

「成功する子役なんて

 二とおりだろう。

 大人の金もうけのためにむち 打たれる

 哀れな操り人形か。

 大人の顔色を見て

 手玉に取る ませた くそがきか。」



子役さんたちの立場が、、、。





古美門研介    堺雅人 
黛真知子     新垣結衣 
三木長一郎    生瀬勝久 
沢地君江     小池栄子 
加賀蘭丸     田口淳之介 
井出孝雄     矢野聖人  
服部        里見浩太朗













http://sephiroth2012.blog.fc2.com/blog-entry-4962.html
2012.06.05 Tuesday 23:50 | comments(6) | trackbacks(17) | 
<< ハイキュー!! 1巻 | main | 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜第9話「医者も一人の弱い人間という現実」 >>
あんじー (2012/06/06 12:23 AM)
honeyさん、こんばんは。

今回も緊張感があって素晴らしかったですね~。
壮絶な親子関係。古美門先生が切なくて泣けましたよ。
嫌な親だなぁ~。あれでは誰でもグレますよね!… 古美門の子供時代は笑えました。憎らし~w
honey (2012/06/06 8:37 AM)
あんじーさん、こんにちは。

毎回すばらしいクオリティですよね。

古美門があんなふうになったのも納得。
それでも親子は親子。
あの演技に泣かされた人も多いですよね。
新一 (2012/06/06 2:57 PM)
銭ゲバあたりからこのブログを拝見さして頂いてましたが、最近レビュー内容がかなり薄くなって来てて、初見の人がわかりにくい文章になってます。
切り抜いたシーンの感想文に近い文章が多いので、話の内容や見せ場・おもしろさがわかりません。
似たようなブログが増え始めている中、これではこのブログを見て物を買う人が増えないと思いました。
このブログの隠れファンなので思いを言いましたが、何か誤解があり管理人さんの気分を害しましたらすいません。
honey (2012/06/06 6:16 PM)
>新一さん

 こんにちは。
 いつもおこしいただいているそうで
 ありがとうございます。

 レビュー・・
 はい、ドラマ感想はどんどん
 簡単になってきています。
 
 リーガル・ハイに関しては
 たいへん楽しんでみているのですが
 火曜日は37歳のほうをガッツリ書こうと思って
 簡易感想ときめてます。
 37歳を見ながら書いているくらいです。
 火曜日はいつも9時台10時台と面白いドラマが
 続くことがあるのですが、2つ書くのはきびしくて たとえば前期ドラマでいうと
 ストロベリーナイトは書かずに
 ハングリー!だけにしぼったり。
 リーガル・ハイは笑ったところを中心に
 書こうと思ったのですが
 最初に感想のみとつけておけばよかったですね。 
 あと今期の中では、ATARUは最初
 おもしろかったんですけど
 自分の中では失速気味で、徐々に簡略化しつつ
 あります・・。
 
 あと、鍵にしても37歳にしても
 セリフの羅列になってるだけだな〜とも
 自覚はしています。
 ツイッターで実況しながらみていると 
 それだけで満足してしまうというか。

 前ほど根気もなくなっているのもありますが
 今ならアキバレンジャーとかゴーバスは
 ノリノリで書いているので、やはり楽しさの
 問題なのかも。

 アニメ感想が簡略化しているのは
 単に時間の問題です。
 セリフがっつり拾うのも結構時間かかるので
 他にすることもありそっちを優先しています。

 ちなみに記事の下にのせてあるDVDや本
 昔からほとんど売上はないですよ。
 載せている以外のものをたまに購入いただくので
 ありがたいことに少々のお小遣いには
 なってますが、もともとアフィ目的ではなく
 自分の好きなものを書いてるだけなので。
 でも売れているとそれはそれで嬉しいです(^^)
 
 ご意見ありがとうございました。
 趣味でやっているブログなので
 マイペースで更新していきたいと思います。
 
 
新一 (2012/06/13 3:14 AM)
コメントの返信あってびっくりしました。
ただのアンチだと思われてスルーされると思っていたので…。
まずhoneyさん、生意気なコメントをしてしまって本当にすいませんでした。
honeyさんのことを何も知らない、ましてや顔も見えない相手にいちゃもんまがいのダメ出しされてさぞや不快であったと思います。ホントすいません。。
自分は最初、このブログのピックアップするネタが自分の趣味とかなりカブってて、また感想もおもしろくて見はじめたはずなのに、いつのまにか個人ではなく業者が制作してるアフィリエイトブログと錯覚してしまってました。
返信頂いた文章は、honeyさんの人柄が多いに伝わるもので大袈裟に言わしてもらうと感動しまくりました。前回自分が書いたコメントは自分自身の黒歴史に認定ですのでホント忘れて頂いてのびのびとマイペースでhoneyさんらしくやって行ってください
honeyさんがブログで紹介してから興味を惹かれハマったドラマ・漫画・アニメはたくさんあります。
もともと自分はアニメには興味なかったのですがhoneyさんの書く引き込まれる文章でチラホラ見るようになりました。まどか☆マギカなどは最たるものです。いまはダイバレンジャーですかね。
長々とヘタクソな硬い文章を読んで頂きありがとうございました。陰ながら応援してます。
これからもがんばってくださいね♪
honey (2012/06/13 5:12 PM)
新一さん、こんにちは。

コメントもめったにないしいつも返信はしてますよ。
いや、これはアンチではないでしょう。
本当にアンチ的コメントはもっと攻撃的で
罵声だけ浴びせておわりとかです。
長いことやってますがそういうのは2回くらいです。
もちろんさっさと削除してます。

アニメももっとみたいんですけど
テレ東系がはいらない地域にいるのもあって
数が限られるのと、上に書いたように
みたもの全部書くには時間がなくて
途中でとめてしまったけどアクセルわールドや
書いてないけと聖星矢なんかもみています。
マンガは昔から好きなので
いつも何かおもしろいものが
ないかなと思ってます。
どうしても好みの問題で、少女マンガ主流なうえ
人気ランキング上位になっているマンガでも
手がのびないものもありますが。

え〜と、それはアキバレンジャーでしょうか。
あれはものすごく楽しんでみています。
ちなみにみているものすべての中で
今一番好きなのはフォーゼですw

応援ありがとうございます(^o^)









リーガル・ハイ 第8話
リーガル・ハイ 古美門父現る! 三木「古美門を葬りましょう!」 といって出てきた刺客でありました。 今日は親子の話! メイと母。古美門と古美門父。 古美門は悲しい過去を ...
| なんでもあり〜な日記(カープ中心?) | 2012/06/06 12:24 AM |
リーガル・ハイ 第8話:親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判
サンタクロースいた!w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!! 「息子はいません」などと冷たく言い放ってたのに、 まさか服部さんが古美門父サンタからのクリスマスプレゼントだったとはっ! 十代で父親と縁を絶ち、自力で人生を切り開いて来たらしい古美門先生。 そんな息子に対して
| あるがまま・・・ | 2012/06/06 12:46 AM |
「リーガル・ハイ」第8話 この中村敦夫さんにしてこの堺雅人さんあり
「リーガル・ハイ」父親との確執、親子だからこその困難さを語る堺雅人さんなんて、 そこらの普通の人みたいで彼らしくなくつまらない、と思っていたのだけど違っていた。 子供の堺さん相手に理詰めで迫...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2012/06/06 1:06 AM |
リーガル・ハイ #08
『親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判』
| ぐ〜たらにっき | 2012/06/06 3:29 AM |
【リーガル・ハイ】第8話
12歳の子が母親と断絶しようとしている。 内心どれほどの苦悩を抱え、血を吐く思いをしているか君に分かるか? 二度と薄っぺらい言葉を吐くな。 「リーガル・ハイ」第8話     「これか...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/06/06 4:30 AM |
リーガル・ハイ 第8話の感想
フジテレビ系列で放送された「リーガル・ハイ」第8話の感想ほかバレーボールの延長で、約1時間遅れのスタートに少しげんなり…。まあ、それは忘れて、天才子役・安永メイ役の女の子、吉田里琴さんって言うんですか、どこかで見たと思ったらあのドラマ、「ハガネの女」
| オタクと呼ばないで | 2012/06/06 6:40 AM |
リーガル・ハイ(第8話・6/5) 感想
4/17からフジテレビで始まったドラマ『リーガル・ハイ』(公式)の第8話『親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判』の感想。 個性的な登場人物の設定を十分に活かした連ドラの面白さ! 男バレで55...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2012/06/06 7:15 AM |
ドラマ「リーガル・ハイ」 第8話 あらす...
親子の縁を切る-----------!?古美門最大のライバル!?ついに古美門父登場!!少しずつ明かされていく事実と、過去の大きな転機。本編だけじゃなく、そういう伏線も相変わらず面白い...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/06/06 8:02 AM |
ドラマ「リーガル・ハイ」 第8話 あらすじ感想「親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判!?」
親子の縁を切る-----------!? 古美門最大のライバル!? ついに古美門父登場!! 少しずつ明かされていく事実と、過去の大きな転機。 本編だけじゃなく、そういう伏線も相変わらず面白いドラマだ。 永原メイという人気子役が、母親を相手取り、親子の縁
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2012/06/06 8:02 AM |
リーガル・ハイ「親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判」
なんと、恋人はサンタクロースならぬ、服部さん(里見浩太朗)が、古美門・父、清蔵(中村敦夫)からの、密かなプレゼントだったとは! 序盤から繰り広げられた、サンタ・エピソードに、こういうオチに用意されてるとは、意外や意外で、先週に続き、これまた最後にし
| のほほん便り | 2012/06/06 8:23 AM |
リーガル・ハイ 第8話〜天才子役と紋次郎と御老公と真面目ガッキー
「リーガル・ハイ」第8話 「親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判」 芦田愛菜/ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜(初回限定盤/CD+DVD)(CD)価格:1,500円(税込、送料別) 今回は、子役ブームを皮肉りながら、親子の絆を描いた熱血浪花節コメディ・・・。
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/06/06 2:02 PM |
サンタなんていないのよ(吉田里琴)いますよお・・・(新垣結衣)
何月だと思ってんだっ。 六月だっていうのにサンタ・クロース問題で・・・頭を悩ますのか・・・。 基本的に「サンタなんていない、お化けなんていない」組のようなタイプの人間は大好きなのだが・・・。 キッドはもちろん、サンタクロースとは古くからのダチである。 何
| キッドのブログinココログ | 2012/06/06 4:23 PM |
「リーガル・ハイ」 第八話 親権を奪え ! 天才子役と母の縁切り裁判
 にゃんと、服部さんは古美門サンタからのプレゼントだった! しかも、何やら服部さんは古美門パパに命を救われ、大変恩義に感じているご様子・・・ 真摯に愛情深くお坊ちゃまに ...
| トリ猫家族 | 2012/06/06 4:25 PM |
「リーガル・ハイ」第8話
サンタクロースはいないのに・・・。 第8話『親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判』ネタバレです。 「リーガル・ハイ」公式BOOK 古美門研介 草創記62484-37 (ムック)角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) by G-Tools
| 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ | 2012/06/06 9:29 PM |
リーガル・ハイ 第8話
第8話「親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判」 古美門父子対決☆ 「私達は共犯なのです。ご子息を葬りましょう」 三木の誘いに父親登場。 小さい頃から生意気だった研介。その裏にある親の一...
| 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2012/06/07 1:23 AM |
《リーガル・ハイ》☆08
服部の正体が・・・ 今回の仕事は、天才子役と呼ばれているメイ。母親との決別を図りたく古美門を頼んだ。 今年から法律が変わって、子供から親権停止を申し立てることが可能となった。 黛は、果たしてこれが、それに当てはまるかどうかと、いって話し合いを提案。 も
| まぁ、お茶でも | 2012/06/08 9:12 PM |
「リーガル・ハイ」第8話
古美門パパ登場!そして服部サンタ!今回は親子の絆を問うストーリー。古美門先生は天才子役にかつての自分の姿を重ねているのか?!
| fool's aspirin | 2012/06/13 10:12 PM |