<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

サマーレスキュー〜天空の診療所〜第2話「判断ミス?!夕陽に託す緊急手術」

第2話「判断ミス?!夕陽に託す緊急手術」



ある日、稜ヶ岳に登山客10人とガイド(ミスターちん)の
山岳ツアーがやってくる。翌日、朔ヶ岳へ登頂する予定を
たてていて意気込むツアー客たちの1人・朋子(内山理名)は、
体調の変化に気がつき、診療所で速水(向井理)の
診察を受ける。速水は朋子の喉に腫れを認めるのだが、
風邪薬を出すのみの安易な診察をしてしまう。
翌日、皆と一緒に出発した朋子。
しかし遥(尾野真千子)は、速水を問い詰め
「山をなめている」と罵倒する



簡単感想。

上記あらすじのとおり
山をなめていると罵倒する遥が
カリカリしすぎていてみているのがつらい。

「彼女は昨日ここに来るまでの道では

  どうだったんですか?」

「歩けていたんですか?

 大体 彼女は どこを通ってここまで来たんですか。

 そもそも この高度の山に来るのは初めてなのか

 それとも経験者なのかそういうことも尋ねましたか?

 もし症状が出たのが

 ある程度の高度のところに来てからだと

 風邪だけではないこともあるんじゃ

 ちょっと喉が赤かっただけだって

 速水先生は山をナメてる。

 たとえ風邪だとしてもここは町じゃなくて

 高度2500メートルの山なんです。

 気候だって急変しやすいしにわか雨でも風が吹いても

 体力は あっという間に奪われる。

 町では単なる風邪ですんでも

 ここでは何がどうなるか分からないの。」

「熱は なかったですか?」

「熱は ありませんでした。

 僕はちゃんと診察したつもりです。」

「速水先生は山を知らなさすぎる。

 先生が先日遭難しかかった岩の斜面

 ああいう きついのぼりと

 急な下りが続く感じです。

 ここからさらに

 400メートルは登るんです。
 
 それでも先生は

 風邪薬を飲んでおけば

 大丈夫だと思いますか?

 大体 風邪薬を飲むと症状が軽くなるから

 治ったかのように錯覚して

 無理をしてしまうこともあるんじゃ。

 看護師は辞めましたけど

 山で育った人間として言いました。

 もしものときはどうするんですか!」


結果的にこのあと遥の言った通り
トラブルがおこり、結果的に正しいんですが
そこまで言わずともという強い口調で
頭ごなしに怒鳴るばかりで
もっと他の言い方が
できないのかと思ってしまった。
最初から速水には攻撃的だったし。

で、途中で具合が悪くなった女性が
その場で待っているからみんなには
登山にいってもらうようにいいますが
その登山客もガイドもどっちもどっち。

他の登山客とガイドが戻ってきたら
待っているといった場所に女性はおらず
ここでも責任のおしつけあい。

日没までの二時間半の間に
数人で女性をさがすことになり
責任を感じた速水も参加。

そのころ東京の病院では
速水の母の検査で大動脈瘤が発見され
それもいつ破裂するかわからない状態で
速水にすぐ
下山するよう連絡がいきました。

「速水 お前に相談したいことができた。

 今すぐ東京に戻ってこれないか?」

「えッ 重篤な患者さんでも出たんですか?」

「まあそうだ 実はな…」

速水が電話をしているのをみて
また怒りだす遥。

「あなたが山をナメてるから

 彼女は遭難しかかってるの。

 東京に どれだけ

 大切な患者がいるか知らないけど

 今 目の前のことに集中すべきじゃないの

 人の命が かかってんのよ!」


いや、おっしゃるとおりですけれども・・。
やっぱり言い方というものが・・。

女性を発見しなんとかつれかえり
応急処置ですむかと思ったら
右手の腱がきれていて
すぐにオペしないと間に合わない状態。
ヘリは今こられない。
手術をするなら無影灯がない。
次から次へと起こるトラブル。

「夕日…

 夕日で手術ができるかも!」

無影灯ぐらい明るい夕日ですが
日没まであと10分。

そこは速水の腕のみせどころで
10分ちょいで手術終了で
初めて遥も速水をみなおした様子。

「佐藤さん

 すいませんでした。
 
  僕が山の怖さを知らなかったばかりに。」

しかも謙虚。

「先生… 一番悪いのは私です。

 甘かったんです。」

この女性もだけど
いっしょのツアーの登山客もみな
人間性はどうかとおもった。
綺麗な山に登って心あらわれるかんじでは
ないのね・・。

冷静になった遥に

「さっきは すいませんでした

 携帯切ったりして」

とあやまられ、携帯のことを思い出し
倉木先生から母のことをきいた速水先生。
かわりに高井先生が来るから戻ってこいと
言われました。
みんなに事情は話さず
すぐに山をおりなければならなくなるという速水。
高井先生が到着してから下山してくださいと
言われても待てないというと
また遥が吠える。

「じゃあ もし明日医者が誰もいないときに

 ここで病人やケガ人が出たら

 運が悪かったと思って死んでくれ

 あなたは そう言えっていうの?」


うん、言ってることはほんとに正しいんだよ・・
でもそもそも山ってそういうところなんだよね?

「ホントに すいません

 夜が明けたら すぐに下山します。

「待って!

 お願いします。

 高井先生がここに到着するまでは

 下山を待ってください。

 速水先生にも色々都合があるのは分かります。

  でも 山には医者が必要なんです。

 お願いします。」

「すまない…。」

「最低

 見損なった。」

最初からそんな高い評価をされてないと思うけど。



そういう役柄なのはわかるけど
常にカリカリモードの遥がもうちょっと
なんとかならないものかと。
あかりくらいの温和なかんじだと
同じことを言っても全然違うふうに
うけとめられるのに。

遥の父もどうやら具合悪くなりそうだし
今すぐにもあぶない速水の母は
ほんとにいいお母さんなので
なんとか助かってもらいたいです。



速水圭吾 向井理
小山遥 尾野真千子
平原あかり 小池栄子
小山雪乃 三浦理恵子
井上幸治 山崎樹範
沢口光香 市川由衣
木野憲太 菅田将暉
村田佳秀 小澤亮太
鈴木真子 能年玲奈
平原桃花 本田望結
野村恭介 戸次重幸
速水悦子 中田喜子
小山雄一 笹野高史
高井聡志 佐藤二朗
沢口哲夫 松重豊
倉木泰典 時任三郎


2012.07.15 Sunday 22:23 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第40話「キオの決意 ガンダムと共に」 | main | ビューティフルレイン 第3話「…父ちゃん、アルツハイマーってなに?」 >>









「サマーレスキュー」第2回 キレまくる尾野真千子さん
「サマーレスキュー」第2回、とにかく切れまくり向井理さんにつっかかる尾野真千子さん。 向井さんは、自ら志願して山にきたわけじゃないし、何の覚悟もない初心者なのに。 山を甘く見るな、って怒る前...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2012/07/16 11:11 AM |
日曜劇場「サマーレスキュー〜天空の診療所...
第二話「夕陽に託した緊急手術!」山に着くなり壮絶な一日を過ごした速水は、山岳の診療所の存在意義に疑問を持っていた。ある日、ガイド1人の山岳ツアーがやってくる。ツアー客の...
| 日々“是”精進! | 2012/07/16 3:11 PM |
【サマーレスキュー】第2話感想と視聴率
【第2話の視聴率は、7/17(火)追加予定】「判断ミス?!夕陽に託す緊急手術」夕陽ってそんなに明るいものでしょうか?(^^;)無影灯の代わりに夕陽で手術しました。無影灯とは、...
| ショコラの日記帳 | 2012/07/17 10:27 AM |
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第2話
太陽が沈むまでが勝負!自分の甘い診断が招いた負傷。ライトがなければ難しい手術を、速水は夕陽を頼りに敢行することに…。&nbsp;
| fool's aspirin | 2012/07/17 11:19 PM |