<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA MOONLIGHT PARTY 第3話「get over difficulties」

 第3話「get over difficulties」



武田信玄(岩永洋昭)の秘伝の巻物を手に入れた
佐助(井澤勇貴)だったが、一方で、伊達政宗(林遣都)と
真田幸村(武田航平)があることについて言い争いをはじめる。
このままでは物別れになってしまうと、佐助が
小十郎(徳山秀典)に相談を持ちかけるのだが…。




奥州と武田が組んだことをよしと思わない濃姫。
信長はまったく気にしていないのに
信長の天下取りの邪魔にならないよう
早めにたたいておくつもり。


武田屋敷では食事の真っ最中。
顔にごはんつぶをつける幸村。

「おやかたさま直伝の餅には

 目がないからのぉ」


と楽しそうですが、筆頭は手をださず。

「悪いが 餅にきなこってのは

 どうもげせぬ。

 奥州では 餅にはずんだと

 相場がきまっておる。」


「ずんだ?」

武田のものたちはずんだを知らない。

「おい おまえら 

 ずんだを知らねえのか?」


「もうしわけございませぬ。

 この幸村一生の不覚。」


正宗にかわってずんだについて語る小十郎。

「ずんだとは まだ未熟な大豆

 つまり 枝豆をすりつぶしてつくる

 美目麗しき ふくよかな甘みが特徴。

 まさに 奥州が誇る名物です。」


「おお〜〜。」

拍手がおきました。

「さすが小十郎

 食にかける想いも熱いぜ。」


「もったいなきお言葉。」

「つーわけで 俺ら食通は

 この餅にめんくらってんのさ。

 世話になっといて悪いが

 甲斐の料理は野暮でいけねえ。

 奥州の料理は もっとクールだぜ。」


クールww

でもこの餅はおやかたさまの男の料理
おやかたさまの魂そのもの
一口だけでもという幸村に
ノーサンキューをおしとおす筆頭。

「なら 力づくでも

 食べていただくまで!!」


屋敷の中で剣をかまえるふたりを
とめる佐助と小十郎。

「なあ このままじゃ

 武田と旦那はものわかれだ。」


餅が原因でw

外で剣をふるっている筆頭のところにいき
手合わせを頼む幸村。
一刻も早くおやかたさまを助けたいけど
今の自分では魔王には勝てない。
ふたりの意見が一致して
闘おうとしたところに待ったをかける
仮面の男。

「私は 天狐仮面!

 信玄公の命により

 これより 武田漢祭を行う!」


武田漢祭

過酷な試練をのりこえたものだけが
真の漢として認められる。
己を鍛えたいと願うふたりにはぴったり。

天狗の面をつけて協力している
小十郎に気づく筆頭。

「てめえ・・!」

「今は・・何も言ってくださりますな。」

「いいや 言わしてもらうぜ。

 そんなふざけた面かぶりやがって

 どういうつもりだ 小十郎」


「自分は・・

 小十郎などというものではありません。

 天狐仮面の相方

 天狗仮面です。」


wwww

筆頭も己を鍛え漢の中の漢に
なることを望んでいるはず・・と
いわれ筆頭もやる気になりました。


武田漢祭 炎の試練

 炊事すること 火のごとし


ようするに料理で漢をあげろ。

「はあ?俺に飯炊きしろってのか?」

「やりましょうぞ 正宗殿。

 漢と漢の熱き飯炊き

 きっと おやかたさまのこと

 料理を通じ 戦とは何かを

 伝えようとしとるのでござるよ。

 この幸村 甲斐の料理こそ

 日の本一ということを

 証明してござるよ〜!」


「今のは聞き捨てならねえな。

 日の本一の料理は 奥州のものだ。

 なあ?天狗仮面。」


「御意。」

甲斐VS奥州 料理対決スタート

味見役は天狐仮面。

「この勝負 両者失格!!」

失格ときき武器をつきつけるふたりに
自分のつくったものを味見してみるように
いう天狐仮面。

「普通にうめえじゃねえかよ!」

だけど幸村は違う。

「これは ほうとうにあって

 ほうとうにあらず。」


なぜこの料理をまずいと感じたか
虎の巻にかいてあるという天狐仮面。

幸村はおやかたさまのつくったほうとうの
味を思い出したと回想で

「おやかたさま」

「幸村」

・・をやりだした。


おやかたさまの料理は胸をほっこり
あたたかくしたのに自分の料理にはそれがない。

筆頭に焼きおにぎりをつくってもってきてくれる
部下たち。

「俺としたことが

 大事なことをみうしなってたぜ。」



昔、自分にもしものことがあれば
漢祭で幸村を鍛えてやってくれと
おやかたさまに頼まれたという佐助。

それにはおやかたさまと謙信のような
好敵手の存在がかかせず
幸村にとっての好敵手は筆頭。

ほうとうをつくって幸村にたべさせる筆頭。

「うまい!正宗殿

 いったい どうやってこれを?」


「簡単なこった。

 馳走ってのは 

 旬の品をさりげなく使い

 主人みずから腕をふるい

 もてなすことだ。

 俺たちにたりなかったのは

 食べる相手をおもんばかる

 もてなしの心だったってことだ。」


「もてなしの心・・・。」

さっきのふたりは勝負のためだけに
料理をつくっていた。

「ちなみに このほうとうには

 奥州からもってきた味噌をつかった。

 まさに武田と伊達

 両者一体の味だ。」


笑顔になってほうとうを食べる幸村。

「うまい。ほんとうにうまいでござるよ。」


そこにとんできた手裏剣。
あらわれた織田の手のものたち。

名前も名乗らず剣を抜く相手に
むかっていく幸村と筆頭。

また蒼い火花と紅い火花がでてる。

小十郎たちと幸村もやってきましたが
この場はふたりにおまかせ。

「いいんじゃねえの?

 漢祭。」


敵を倒した後また腹がすいたと
もう一度ほうとうをつくり
部下たちにふるまいました。

今朝の餅にはもてなしの心が
たりなかったと反省する幸村。

「おやかさま!」と近づくと

巻き物が宙にうかび

漢という文字になってきえた。


「なんと!」

「どうやら

 武田のおっさんも

 みとめてくれたみたいだな。」


もてなしの心だけでいいのかww

かすがから話をきいた謙信様。

「はばたきなさい。大きく。

 そしていつの日か

 戦場で あいまみえましょうぞ。」


捕らわれのおやかたさま。

「月にむらくもかかれど振り払い

 苦難を乗り越え

 真の漢となるのだ

 幸村。」


そのそばで不気味に笑う光秀。



漢祭www

あれで漢としてステップアップに
なったのか・・w
いや料理できる男は
ポイント高いですけど。

佐助も小十郎もご苦労さまでござるよ。
 

次回は8月16日



林遣都(伊達政宗役)、武田航平(真田幸村役)
徳山秀典(片倉小十郎役)、井澤勇貴(猿飛佐助役)
有末麻祐子(上杉謙信役)、落合恭子(かすが役)
長澤奈央(濃姫役)、樋口夢祈(明智光秀役)
椎名鯛造(森蘭丸役)、岩永洋昭(武田信玄役)
GACKT(織田信長役)


2012.07.27 Friday 16:52 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 貧乏神が!第4話「縮んど〜るやな〜いか!」 | main | 月刊 flowers (フラワーズ) 2012年 09月号 >>
ミチコ (2012/09/19 3:45 PM)
honeyさん こんにちは、武田漢祭り 面白かったです。特に天狐仮面(佐助)と天狗仮面(小十郎)が面白かったです。アニメ版も面白かったので次回も楽しみです。
honey (2012/09/20 1:04 PM)
ミチコさん、こんにちは。

なんかいいこといってるけど
ギャグ回でしたねえww