<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビューティフルレイン 第9話「娘の未来のために…今、伝えるべき真実」

 第9話「娘の未来のために…今、伝えるべき真実」



 木下美雨(芦田愛菜)は、沼津に住む祖父母のもとへと
旅立った。父・圭介(豊川悦司)は、美雨がいない寂しさを
かみしめながら、いつも通りの生活を続けた。
中村産業の社長・中村富美夫(蟹江敬三)や
妻の千恵子(丘みつ子)はもちろん、同僚の勝田秋生
(三浦翔平)や宗田清(でんでん)も、そんな圭介の心情を察し、
気遣っていた。圭介と美雨のことを家族同然に思っている千恵子は、
このままふたりが離れてしまっていいのかと心配する。
それを知ったアカネ(中谷美紀)や富美夫は、
圭介が決めたことなのだから余計なことは言うな、と釘をさした。
 数日後、主治医の古賀豊(安田顕)のもとを訪れて
診察を受けた圭介は、病状が悪化していることを知る。
このまま病気が進行すれば、5年ほどで家族の顔や
名前もわからなくなってしまう可能性があるらしい。
古賀は、美雨の将来のためにも、いまのうちから
いろいろと準備をしておいた方がいい、と圭介に助言する。
 そんなある日、千恵子は、事務所で昼食をとっていた秋生に、
圭介親子は本当にこのままでいいと思うか、と話しかける。
千恵子は、どんな理由があるにせよ親子が別々に暮らすのは
間違っている、というと、もう一度美雨の顔を見れば
圭介も考え直すのではないか、と続けた。
 千恵子の言葉を考えていた秋生は、ある決意を固め、
圭介をドライブに誘うが…。



簡単感想


美雨はおばあちゃんちへいって
ほんとに大事にされてるのがよくわかる。
パン食でちょっととまどうけど
最初は遠慮していわなかった美雨も
父ちゃんに言われたように
「納豆食べると粘り強くなって根性つくんだよ」
と言えるようになって。

圭介は美雨のことを思って預けたものの
本当は夢にみるくらいさびしい。
さらに病気も進行しているようで・・・。
本当に美雨と離れて平気なのか
親子はいっしょにいるべきだという
社長の奥さんや秋生の気持ちはわかるけど
アカネのいうように気持ちだけじゃ
どうもできないことがあるのも真実。

「ちみたいな小さな町工場はな

 「一人は みんなのためにみんなは 一人のために」だ。」

「俺は 圭さんがよく決心したと思ってるよ。

 とんでもねえ病気にかかっちまった 圭さんの苦しみは

  想像もできねえけど…。

 娘と別れなきゃならない父親の苦しみは俺にも 少しは分かる。

 思い出すなアカネを嫁に出したとき。」

「まあ どの親子も一生 一緒に いられるわけじゃねえけどな。

 特に 女の子はいつかは 花嫁として送り出してやらなきゃ

  いけないわけだし。

 その「いつか」が 少々 早まったと思えば 圭さんも なっ。」

社長も本当にいい人で・・
こんないい社長のいる会社もっと繁盛させてとか
よけいなことまで考えてしまった。

秋生が圭介を強引に沼津につれていって
美雨にあわせたことを余計なことだと叱る社長。
本音をえいば社長だって親子いっしょにくらしたほうが
いいと思ってる。でも家族ではないので責任は持てない。
そういうと、圭介が面倒みきれなくなったときは
責任もってがんばるという奥さん。

「私も同じこと言った。

 3年前私もお母さんと同じこと言ったの。

 病気のお母さんを施設に預けようかって話になったとき

 『私が頑張るから』って。

 だけど その結果私自身も ぼろぼろになって…。

 お母さんを事故に遭わせてしまったの。」

「大丈夫だよ 私は。

 どんなことがあったって 絶対美雨ちゃんを守ってみせるから。」

「私だって圭さんと美雨ちゃんには

 一緒に暮らしてもらいたい!

 だけど何度も言ってるでしょ?

 気持ちだけじゃどうにもならないことがあるって。」

「アカネさんの姑さんと圭さんは病気の名前は

 同じかもしんないけど 全然違うかもしんないじゃないすか。

 だって 美雨ちゃんは圭さんの実の娘だし。

 そんなの 人それぞれでいろんな親子がいるんじゃないすか?

 俺 バカだから難しい話 よく分かんねえけど…。

 大切な人と一緒にいたいと思うのは

 そんなの当たり前じゃないっすか!

 俺らが支えてあげることで圭さんと美雨ちゃんが

 離れ離れにならなくて済むなら…。

 俺 頑張りますから!」

ここまで親身になってくれる人たちに囲まれて
幸せだ・・。

でも沼津で幸せそうにしている美雨をみた
圭介はますます決意をかためたような。

「美雨へ。

  久しぶりにでんわで元気な美雨の声をきいて

 父ちゃんはとても あんしんしました。

 初めて美雨と はなれて くらしてみて

 あらためて おもったんだけど

 やっぱり 美雨は父ちゃんのたからものです。

 世界で いちばん だいじなたからものです。

 だからたとえはなれて くらしていても

 父ちゃんは いつも美雨のことをおもってます。

 夏休みのさいごの日 ぬまづに むかえに行きます。

 その時に美雨にだいじな お話が あります。

 きいてくださいね。

 大好きな美雨へ。

 父ちゃんより」


現実には無理な話だろうけど
このお話ファンタジーみたいなもんなんだから
圭介と美雨は最後までいっしょに・・いてほしい・・・。
ただ美雨に自分を忘れていく父をみさせるのは
残酷なのかな。









2012.08.27 Monday 15:28 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< ジャンプ39号感想 | main | リッチマン、プアウーマン 第8話「すべてを捨てて君と…明日への旅立ち」 >>









ビューティフルレイン #09
『娘の未来のために…今、伝えるべき真実』
| ぐ〜たらにっき | 2012/08/27 7:50 PM |
【ビューティフルレイン】第9話
まあ…どの親子も一生一緒にいられるわけじゃねえけどな。 特に女の子はいつかは花嫁として送り出してやらなきゃいけないわけだし。 その「いつか」が少々早まったと思えば…圭さんも…。 「ビューティ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/08/27 10:09 PM |
ドラマ「ビューティフル・レイン」 第9話...
ふたりのために------------!!ついに美雨と離れる決意を固めた圭介。親だからこそ、自分を忘れていく姿を見せたくない気持ちもあるのだろう。断腸の想いでそれを受け入れた圭介の想い...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/08/28 12:13 AM |
無口な人は夏の日のはかなさをうまく言えずに・・・(豊川悦司)
「ひみつの嵐ちゃん」の元ネタが「ひみつのアッコちゃん」だと認識している人はどのくらいいるのか・・・と思いつつ。 「ひみつの菜子ちゃん」である。 菜子(吉田里琴)が大人になったら綾瀬はるかになるラインは「ホタルノヒカリ」で確立したわけだが、実写版「ひみつの
| キッドのブログinココログ | 2012/08/28 5:24 AM |
【サマーレスキュー】第6話&【ビューティフ...
28日(火)の午後、また楽天、数時間、アクセスができず、記事を書く事もできませんでした(汗)私の地方だけだったのでしょうか?困ったものです。 『サマーレスキュー』第6話の視...
| ショコラの日記帳 | 2012/08/29 12:44 PM |