<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA MOONLIGHT PARTY 第8話「I never break your heart」

第8話「I never break your heart」



光秀(樋口夢祈)の策略により窮地に追い込まれた
政宗(林遣都)と幸村(武田航平)だったが、
身を挺して政宗を守った幸村は炎に包まれてしまう。
政宗は赤く染まった月を見上げ、幸村の紅き槍を握り、
決然と織田信長(GACKT)のいる本能寺への道を
再び踏み出すのだが、そこに濃姫(長澤奈央)が現れ・・・。




政宗をかばって散った(ようにみえる)幸村。

「まさか そんな・・・
 
 ぬあーーーーーーー!!」


赤い月をみあげる筆頭。

「もののふどもの血を吸い

 赤く染まりやがったか。

 よくもこの俺のライバルを奪いやがったな。

 礼は高くつくぜ。」


「そのころ 伊達・武田の連合軍は

 織田軍と相対していた。

 織田軍を前に 多勢に無勢。

 まさに 窮地においこまれていた。」


陣の前にいる小十郎と佐助。

「そろそろ 本能寺へたどりついたかね?

 真田の旦那たち。」

「言ったはずだ。政宗さまたちは。」

「わかってるって。

 魔王の首をとるまでは

 帰ってくるまい・・でしょ。」

「ああ 必ずや。」

「でも どうも きになるね。

 戦場に 魔王の嫁と明智の姿がない。

 右目の旦那も 気づいてたんじゃないの?」

剣をぬきまたおさめる小十郎。

本能寺

ひとりやってきた筆頭。

「どこだ?魔王。

 織田信長!

 相当 クレイジーな野郎だぜ。」

そのとき、手にしていた幸村の槍から炎が・・・。


「どういうことだ?

 てめえの主人に反応してやがるのか?

 OK!赤は流れる血の色じゃねえ。

 てめえの魂の色だったな

 真田幸村。

 滾るおとこの色だ!

 そこか。待ってな 魔王。

 地獄の果てまでおいつめてやるぜ」


ふらふらの足取りで歩いている
当然無事だった幸村。

そこへあらわれた濃姫。

「おぬしは」

「あのときの坊やね。

 傷は癒えたのかしら。」

「魔王の手下に心配をかけられる

 いわれはござらぬ。」

「そう。でも かわいそうね。

 ひとりで地獄へおちてくるなんて。
 
 仲間にみかぎられてしまったの?」

「男と男の誓いに

 みかぎるなどという言葉はござらぬ。」

「であれば 私がおしえてあげる。

 上総介さまにさからった罪として

 仲間をみかぎりたくなるほどの 苦痛をね。」

いきなり銃弾を発射。

「あら?むかってこないの?

 そんなにこの飛び道具がおそろしい?」

「男にはおなごはうてぬ。

 それだけでござるよ。」

「あまちゃんね。その言葉 後悔させてあげるわ。」

また発射。

「これでやる気になったでしょ。

 さあ むかってらっしゃい。」

「それがしには おなごはうてぬ。」

「バカにして。」

「そうではござらぬ。

 おなごには おなごの幸せが。」

「おだまり!!」

そこへやってきた筆頭!

「政宗どの!」

「独眼竜 覚悟!」

「どけ!」

濃姫に目もくれず幸村のところにいく筆頭。

「てめえは天下一の大馬鹿野郎だ。

 忘れたのか?

 俺とかわした誓いを。」


「忘れるはずはござらん。」

「じゃあ 言ってみやがれ。」

「いつの日か おとことおとこの決着をつける。」

「そうだ。俺たちはそう誓いあった。

 おとことおとことしてな。

 なのに てめえはそれを忘れ

 自分の命を犠牲にし

 武田のおっさんの救出を

 俺にたくしやがった。

 あれはおとこの決意なんかじゃねえ。

 生きることをあきらめ

 男と男の誓いを忘れた

 くずの所業だ!」


「政宗どの・・ 政宗どのの言う通りでござる。

 それがしは 大馬鹿野郎でござる!」

槍を返す筆頭。

「こいつはかえしておくぜ。」

「かたじけのうござる。」

黙ってみていた濃姫。

「末期のちぎりはすんだのかしら。

 せめてもの情けよ。

 二人仲良く あの世へおくってあげる。」

「魔王の奥方よ。

 そなたは 魔王の悪行を なにゆえ許される?

 それがし そなたには

 人の心がやどっていると感じまする。

 それなのに なにゆえ。

 夫が道をふみはずしたら

 それをいさめるのが

 愛の姿ではござらんか?」

「あなたも同じことを言うのね。

 坊やにはわからないでしょうね。

 これが 上総介さまへの 私の愛の形。」

「そこをどけ。

 俺たちが用があるのは 織田信長だけだ。」

「上総介さまをやらせはしない。」

しかしそのとき後ろで光る赤い目。

「我が前に立つ者 すべて塵と化そう。」

一瞬、光ったかとおもうと
濃姫が倒れた・・・。
筆頭たちは伏せて無事。

「かず・・さのすけ・・さま・・」

え、これでおわり??

「非道!あまりにも非道な!!

 その奥方はっ そなたの妻であろうが!」

「無駄だ。みてのとおり あそこにいるのは 人じゃねえ!」

「いかにも。

 我は 第六天よりきたりし魔王なり。

 我が望むは 天下布武のみぞ。

 ひれ伏せ。

 骸となりて 我が道をつくれぃ。」


「なんという まがまがしき瘴気。

 黒き魂の咆哮か だが
 
 おそれてはならぬ!」

「やっとたどりついたぜ!

 あんたの最期は 俺がかざってやるぜ!」

信長にむかっていくふたり。

赤い月。

とらわれのおやかたさまのもとへ佐助が
助けにきました。

しかしその鎖は切れない。

そこへかすがも登場。

「嬉しいね。俺様のことを

 心配してきてくれたんだ。」

「勘違いするな。

 私は 謙信様の命により きたまでだ。」

くさりをはずすことができましたが
そこへ見張りが。

「ここは私にまかせて

 お前は甲斐の虎をつれて逃げろ。」

「あ〜れあれ?それも謙信様のご命令?」

「うるさい男だ。」

「嬉しいね。男と認めてくれるなんて。」

「いいからはやくいけ。」

「はいはい。

 かすが 死ぬなよ。」

「お前もな。」

おやかたさまをつれて佐助は脱出し
さらに兵がやってきました。

「謙信様の美しき剣の切れ味

 たっぷりと味わうがよい!」
 

赤い月をみあげている謙信様。

「この赤き月が 吉とでるか

 凶と出るか

 みなに 毘沙門天のご加護を。」


織田信長と筆頭と幸村。
二人相手に信長強い!強い!!

筆頭も幸村も歯が立たず。

「我が骸の山になるのは

 竜からか。」

筆頭を狙う信長からかばったのは小十郎。

「背中ががらあきでしたぞ 政宗さま。」

「預けた野郎が留守だったんでな。」

「今 戻りました。」

「OK。パーリィの仕切り直しだ。」

幸村もたちあがって今度は
3人がかりで魔王に向かう!

銃弾を剣でかわしつつ戦う3人。

またふっとばされた筆頭と幸村。
後ろからねらう小十郎は気付かれ
腹に刀が・・!!!

「政宗さまっ

 幸村どの

 おもいかえすのです。

 ここまでの道のりを

 互いをみがき 心を震わせ

 想いをなじる(?)かなしみをを

 ひとつの刃でなく

 ふたつの牙であれば

 必ずや 魔王を・・!」

「こざかしき 蠅め。」

「天かける 竜と虎の

 想いの牙を

 魔王に・・・」


「小十郎ーーーーーー」

「片倉どの・・!」

「行くぞ 真田幸村。」

「政宗殿

 想いは同じく この心のままに!」

「その程度の力では

 余の薄皮一枚 傷つけることすら かなわぬ。」

そこへあらわれた光秀。

「ふふふふふふ・・・」

「光秀か。」

「はい。さすがは信長さま

 天下人にふさわしい 無双振り。」

「貴様 何をした?」

「能登攻めのため

 あなたさまから預かった兵たちに

 こう命令したのですよ。

 敵は本能寺にあり!とね。」




さっすが強いな、織田信長!
GACKTさまも雰囲気たっぷり。

でも小十郎が、小十郎が・・。

でもその怒りのパワーでむかっていっても
あのままだと勝ち目なく結局3人ともやられて
おしまいになりそうなところ
狂気の人 光秀がきてくれたので
なんとかなりそうです。




林遣都(伊達政宗役)、武田航平(真田幸村役)
徳山秀典(片倉小十郎役)、井澤勇貴(猿飛佐助役)
有末麻祐子(上杉謙信役)、落合恭子(かすが役)
長澤奈央(濃姫役)、樋口夢祈(明智光秀役)
椎名鯛造(森蘭丸役)、岩永洋昭(武田信玄役)
GACKT(織田信長役)





2012.09.14 Friday 11:20 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< ONE PIECE ワンピース 総集編 THE 17TH LOG (ONE PIECE 総集編) | main | 貧乏神が!第11話「・・・誰!?」 >>
ミチコ (2012/10/24 1:37 PM)
honeyさん こんにちは、先程 戦国BASARA MOONLIGHT PARTYを見ました。幸村 生きていて良かったですがでも小十郎が・・・小十郎が・・・、遂に次回はいよいよ 最終回です。最終回は見逃さず見ます!!
honey (2012/10/24 7:17 PM)
ミチコさん、こんばんは。

小十郎も主要人物なので・・。
最終回お楽しみに。









ドラマ「戦国BASARA-MoonlightParty-」 第8話 あ...
幸村の想い--------------!!政宗に託された信玄奪還の使命。そして、残された片方だけの幸村の槍------。それを握り締め、政宗は本能寺を目指すのだった・・・。空には禍々しい赤い月が...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/09/14 7:14 PM |