<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

レジデント〜5人の研修医 第5話「奇跡の逆転勝利

第5話「奇跡の逆転勝利



病院内で不審者騒動が起こる。しずく(仲里依紗)たちが
不審な男を捕まえると、男は病院を寿退社する看護師、
水野あおい(原田夏希)の父親、佐久間(本田博太郎)であった。
佐久間はかつてあおいを捨て、家を出て行ったが、
あおいの花嫁姿を見るために現れた。しかし、
結婚式を前に、佐久間から危険な病気が発見される。
どうしても、結婚式に出たいという
佐久間を止められないしずくは、
指導医、宮島(小澤征悦)と衝突する。




夜中の病棟に幽霊があらわれるという噂をきかされる
研修医たち。

前田先生が言っても嘘っぽいのに香澄先生がいうと
信憑性がある。

今日の当直は真中と陽菜子。
ちょうどその幽霊が出るという11月11日・・。

救急で運ばれてきた小学生男児2人。
そのうち一人 翼くんが入院。
遊んでて怪我したといっているけど
いじめられてるんじゃないかというしずく。
でもそんなのいちいちかかわっていられないと
クールな陽菜子。

「香澄のいうとおり 完璧な医者なんて

 無理なんだからね。」

患者さん 田村さんの部屋をのぞく田淵先生。
田村さんは余命3カ月。
田村さんには小学生の息子あり。
野球の試合を絶対みにいくと約束。

病院内に不審者が出るとのこと。
医療マニアというものもいるらしい・・。

陽菜子はイヤリング紛失。

ナース服3着もぬすまれたそうで
廊下であやしい男をみかけた
真中たちがおっていきました。

不審者は逃げようとしてストレッチャーの上に
とびのった・・・。
それは寿退職した看護師あおいの父 佐久間でした。

土下座する佐久間。

あおいの中で佐久間はもう死んだ人間だと
きつい言い方をして帰ってしまうあおい。

佐久間はどうしても娘の花嫁姿をみたくて
やってきたらしい。
女をつくてでていって妻子を捨てたらしい。

田村さんの外出許可を担当医にお願いする田淵先生。

佐久間さんは胸部大動脈りゅうがあり
いつ破裂してもおかしくない状態で
すぐ手術が必要な状態。

一日、待ってもらえないかという佐久間。
一目、娘の花嫁姿がみたい。

でもその一日が命にかかわるという宮島先生。

「大切なのは 生きているっていうことなんです。」

どうしても待ってほしいという佐久間。
娘が幼い時、いっしょにバージンロードを歩くと
約束したそうで・・。
だからあと一日どうしても待ってほしいと
しずくに頭をさげますが・・。

宮島先生に佐久間さんのことを頼みにいく
しずくですが、当然その間に姿を消していました。

しずく、患者に肩入れしすぎるなと宮島先生に
しかられました。

「お前は みずから 救える命を手放したんだ。

 医者として 最低の行為だ。」

娘さんがここで働いてたのなら
なんとか連絡とれないのかなと紗知がいうと
真中がすでにしらべてくれたそう。

でももうほっとけという矢沢と
この間の高村さんの話を出して険悪なムードに。

「助からないものは助からない

 医者が夢見てどうすんだよ。」

「じゃあ…じゃああれは何だったんだよはッ?

 高村さんのこと助けようとして必死になってたじゃん

 助からないの分かってて

 心マずっとやってたのどこのどいつだ

 高村さんを思う気持ちがあったから…」

「気持ち気持ちってうざいんだよ!

 安っぽい ヒューマニズム振りかざして

 ほんと甘々なお坊ちゃんだな

 俺は お前みたいな医者には絶対ならない」

矢沢を追いかける紗知。

「あんな言い方ない ちゃんと真中君に謝って」

「俺は間違ってない」

「間違ってる!」

「ほんとのこと言われてカッとなったんでしょ?」

「だったら何だよ」

「逃げないで

  自分の気持ちから逃げないで」

田淵先生は田村さんの外出許可を
もらったらしい。
中学時代からの親友で
その田淵先生にも
友達だから特別扱い・・そういうの
うざいという矢沢に
怒らずに明日つきあえという田淵先生。
紗知もいっしょにいくことに。

しずくと香澄。

宮島先生は過去にミスをおかしていて
怪我をした子ども2人の処置の順番を間違え
結果二人とも死なせてしまったそう。
自分の子とその友達。
助かる見込みのない自分の息子を
優先してしまったそうで・・。

「別に 彼を擁護してるわけじゃない

  今の話をどう受け止めようと

 それはあなたの自由だから」

翌日、天気は晴れ。
田村さんをつれて野球の試合の応援。
息子のハルが手をふりました。

翼くんは陽菜子のピアスをつけているのを
陽菜子にみつかりました。

路上で倒れていたと運ばれてきたのは佐久間さん。

翼くんはかわいいかっこうが好きで
リボンとかカチューシャとか
つけるとわくわくするし
大きくなったら先生みたいにおしゃれしたいらしい。
学校でもいじめられるそうで
みんなと違うといわれるけど
どう違うのかわからない・・
性同一性障害か?

そういうことは学校の先生や親に相談しなさい、
私は医者なの、という陽菜子。

佐久間さんのオペは成功。
麻酔はきれても意識は戻らず。

もしこのまま意識が戻らなかったら
自分の責任だという宮島先生。
無理やりにでもオペすべきだったのに
説得できなかった自分の責任。

野球をみながら苦しそうな田村さん。
モルヒネを用意するのをやめろととめました。
薬をうつと意識がとおのくから・・。

「薬を打つと意識が遠のく

 まだ我慢できる

 あいつの活躍

 見届けたいんだ」

余命3カ月の人にはみえない。
余命2〜3日の間違いなんじゃ・・。

おちこむしずくをはげます真中。

「私 間違ってた

 宮島先生のこと

 患者の気持ちを考えない

 ひどい医者だと思ってたけど…

  ひどいのは 私だった

 私のせいで

 佐久間さん

 もう あおいさんに会えないまま…」

ハルを応援する田村さん。

真中としずく。

「奇跡って信じる?

 じいちゃんから聞いた話なんだけどさ

  一度 死にかけたのに

 息を吹き返した患者さんがいたんだって

 その患者さん

 息子さんの大学受験の結果を

 ずっと気にしてて

 だけど 息子さんが合格通知を手に

 駆けつけたときにはもう…

 そしたらさ その息子さん

 患者さんに一生懸命呼びかけたんだ

 「親父 合格したよ俺やったよ」って

 聞こえてるはずなんかないのに

 何度も何度も

 そしたらさ

 一度止まってた心臓がまた動き出したんだって

 嘘みたいでしょ?

 でも ほんとの話」

「生き返ったの?」

一瞬ね

 目を開けて 息子さんに「よくやった」って言って

 それで今度は本当に息を引き取ったって

 それ聞いて思ったんだよね

 どんなに医学が進んでも

 新しい治療法が見つかっても

 人の気持ちにはかなわないんじゃないかって

 人がこうしたいって強く願う気持ち

 絶対に諦めない気持ち

 そういう気持ちが奇跡を起こすんだって

 医者として 何が正しくて

 何が間違ってるのか分かんないけど…

 僕は 人の力を信じる医者になりたい」

それをきいて出て行こうとするしずく。

「ちょっと どこ行くのよ?」

「教会」

野球の試合は8対8で
ハルくんの打席。

田村さん、もう目がかすんできてる。

「おーい 生きてっか?」

と声をかける田淵先生。
試合の解説をわかりやすくしてくれました。

『私たちは 不完全な世界に生きている。』

田村さんはせき込み苦しそう。

『この世に 完全なものなんてない』

苦しそうな田村さん。
でもモルヒネは拒否。

『頑張れば頑張るほど

完璧とは程遠いところに来てしまう』

佐久間さんのところにやってきたあおい。

「起きなさいよ

 私はまだあなたのこと許してない

  このまま逝くなんて

 そんな卑怯なこと 絶対に許さない

 ねえ 起きてよ

 お父さん お父さん…

 お父さん 起きて

 一度ぐらい約束守りなさいよ

  起きてよ お父さん」

『だけど』

ホームめざして走るハル。

『だけど』

ハル、すべりこみセーフ。

『信じていれば』

佐久間さんの手をにぎるあおい。

「おねがい お父さん おきて。」

『強い気持ちがあれば』

佐久間さんが目をあけました。

『私達はまた 歩き出せる』

お父さんのところにやってきたハルを

「がんばった。ハル!

 ほんとにがんばった!」

と抱きしめる田村さん。

もらい泣きする紗知が矢沢の肩に顔を寄せ
その手をにぎってあげる矢沢。

目をあけた佐久間さん。
泣いている娘。

「やっぱりあるんだよ 奇跡って。」

という真中に

「麻酔の量が多かっただけでしょ?」

と冷めている陽菜子。

「佐久間さんを思う気持ちが

 佐久間さんを助けたんだ

 あおいさんや美山さんの必死な気持ちが

 奇跡を起こした」

真中に甘ちゃんねといいながら
翼くんのところにいく陽菜子。

「いい? 絶対誰にも言っちゃダメよ。」

と写真をみせました。

「誰?」

「私よ」

「えッ?」

「そうよ 小さいときは太ってたの

 おデブちゃんだったの悪い?

  だからね いじめられてたの あんたみたいに

 でもね 私は逃げなかったわよ

 絶対きれいになってやるって信じて頑張った

 そうすることで自分に自信がついた

 自信がついたら

  人と比べようなんて思わなくなった

 人の目が気にならなくなったら

 いつのまにかいじめられなくなってたの

 あんたはね 変わってなんかない

 かわいいのが好きだっていいじゃない

  どんな格好してたってあんたはあんた

 人の目なんか気にする必要ない」

「僕も 先生みたいにきれいになれる?」

「なれる 絶対 信じてればね」

「うんうん

 ねえ 僕も そのつけまつげつけてもらってもいい?」

「それはまだ早い 大人になってから

 でも…これなら」

マニキュアをとりだして
つけてあげました。

そのようすをほほえましくみまもる紗知。

矢沢に話しかける真中。

「試合どうだった?勝った? 負けた?」

「9回裏で逆転勝利」

「ほんとに? こっちも逆転勝利」

ウェディングドレス姿のあおいが
きているのをみる矢沢。

宮島先生としずく。

『この世界に

完璧なものなんてない』

「生きていれば会える

 佐久間さんと あおいさんのことを

 誰よりも考えていたのは

 先生じゃないですか

 2人に

 やり直してほしいって思ってたからこそ

 必死になって

  命を救ったんじゃないんですか

 私は 宮島先生のこと

 病気だけを診てる

 先生だとは思ってません

  人の命を救うことが

 医者の仕事です

 でも私は…」

『完璧じゃなくてもいい』

「私は…

 その先にある

 誰かの笑顔を守れる医者になりたい

 そういう医者に なりたいです」



しずくにかぎらずここのお医者さん
救命救急医で超忙しいのに
診療以外にいろんなことにかかわりすぎ。
それこそが心あるいい医者で
みてもらうならこんな先生がいいとは思うけど。

クールな陽菜子が翼くんをはげましてたのも
よかったけど、この子、ほんとにそういう性格なら
もっと本気で先生や親に相談するように
指導してあげるほうがいいんでは。
おでぶちゃんががんばって綺麗になるのと
性同一性障害っぽいのがまわりとなじむのとは違う。

田村さんは・・余命3カ月なら
むしろ医者が好きなことさせてあげるんでは。
息子の晴れ姿をみられずに少しばかり延命することが
幸せなものか。
しかもあれ、余命3カ月どころじゃないよね?

なかなかなじまない矢沢が
紗知もそばにいることで
ちょっとだけかわってきてる。

宮島先生の過去は重すぎて。
しかも息子もなくしたとなると
一生背負う十字架でしょうねえ。





美山しずく…仲里依紗
矢沢圭…林遣都
真中潤一…増田貴久(NEWS)
小岩井陽奈子…大政絢
新城紗知…石橋杏奈
香澄弥生…須藤理彩
前田一平…荒川良々
迫田恵子…光浦靖子(オアシズ)
(香澄研二…皆川猿時)
内海翔…波岡一喜
美山勝己…寺島進
田淵育男…古田新太
宮島一樹…小澤征悦
千葉洋子…山田真歩
長谷川誠…松島庄汰
相田遥…志保
馬場恵…青谷優衣
飯田浩輔…奥野瑛太
2012.11.16 Friday 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< REAL TRIAL 2012.06.16 at Zepp Tokyo"TRIAL TOUR" (Blu-ray Disc) | main | K 第7話「Key」 >>