<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

バクマン。3 第8話 「狙いと評価」

第8話 「狙いと評価」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


月例賞に投稿された『シンジツの教室』の面白さに
驚く最高と秋人。その作者は、かつて亜城木に
ファンレターを書いていた七峰透という青年だった!!
七峰の担当になった小杉は、よく喋る七峰に
圧倒されながらも、七峰の社交的な性格と頭の回転の速さに
期待をよせる。
『シンジツの教室』は高い評価を受けながらも、
「少年誌向きではない」という理由で賞から外れる。
しかし、それを知った七峰が起こした行動が、
大きな騒動を巻き起こす!?




「シンジツの教室」のマンガから。

「私の名前はカミ」というあたりが・・。

それを読んだシュージンが
自分がやりたかったのは
こういうのかもしれないといいました。

邪道マンガで少年漫画向きじゃないけど
今のジャックにはないおもしろさがあるという
シュージン。

その作者、七峰透という名前に
見覚えがあるサイコー。

亜城木夢叶にファンレターを
おくってきていた子。
この世は金と知恵のときに手紙をくれて
タントを描いた時にはギャグにいくのなら
将来のライバルがいなくなったと
ダメ出しをしてきたらしい。

シンジツの教室は会議にかけられ
そのおもしろさは認められるものの
ジャックに載せるなら少年誌むきに
するようにと担当の小杉さんに言われました。

結局、シンジツの教室はジャックに
あっていないと賞には入らなかったと
服部さんからきくふたり。

小杉さんにあいにきた七峰くん。
メアドも電話番号もはいっている名刺を
もらって喜ぶ七峰くん。

シンジツの教室をやわらかくするか
他の作品を描くかという話をすると
亜城木先生の大ファンで、その作品を
いい意味でパクらせてもらって
その集大成としての作品だと力説。

他誌には持っていっていないし
ジャックで連載して亜城木先生と
話をするのが夢、と明るく話す七峰くんに
好感を持つ小杉さん。

シンジツの教室 少年誌バージョンを描いて
もってっきます、といって帰ったのに
シンジツの教室をネットにあげてしまった七峰くん。

確信犯。
シンジツの教室は少年誌っぽくないから
だめだと言われたということまでかいたため
編集部には電話が殺到。

すぐに小杉さんが電話して
ネットからはさげさせましたが
すでに大騒ぎ。

サイコーとシュージンは影響されて
邪道な王道バトルをめざして
原稿を考えることに。

編集長が七峰くんにあってみたいといい
編集部へやってきてあやまる姿をみて
ほかの人たちも好感。

シンジツの教室を描き直すといっていたのに
シンジツの教室はもうアップしてしまったから
と今度こそ少年誌にあう自信作を描いたと
差し出す七峰くん。
編集長みずから原稿を読み
おもしろいと一言。

せっかくネットで宣伝もしたことだし
読み切りで掲載することに早くも決定。

そして亜城木夢叶にあわせてほしいと
たのみ、さっそく仕事場へ。

この世は金と知恵を読んで感動したと
興奮しながら話し、ふたりも好印象。

しかし小杉さんが帰ったとたん
態度が豹変。
足をくみしゃべりかたもがらりとかわりました。

最速でデビューするために
いろいろ考えたそうで
今までの行動もすべて計算。
編集部の人にはそういう態度を
とってないので誰も疑ってない。
亜城木先生もいろいろしかけてますよねといい
マンガの編集者を信用していないと
小杉さんのこともまったく信頼していない様子。
アドバイスはネットで知り合った仲間にみてもらい
シンジツの教室もネットで知り合った4人に
話を考えてもらったそう。
でもマンガとして作品にしあげたのは自分。

「このやり方で

 ジャックのトップにのぼりつめてみせます。」

七峰くんの黒い笑み・・・。



七峰くん、苦手・・・。
マンガさえおもしろければ
いいのかもしれないけど。

小杉さんをだますのは簡単でも
いまのところ編集長以下全員
だまされててさらなるトラブルをよびそう。





2012.11.24 Saturday 18:00 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< 大奥〜誕生有功・家光篇 第7話 | main | 特命戦隊ゴーバスターズ  〜Mission40 「カブるJとメサイアロイド」 >>









バクマン。3 第8話「狙いと評価」
『月例賞に投稿された『シンジツの教室』の面白さに驚く最高と秋人。その作者は、かつて亜城木にファンレターを書いていた七峰透という青年だった!!七峰の担当になった小杉は、よく喋る七峰に圧倒されながら...
| Spare Time | 2012/11/24 9:25 PM |
バクマン。3 第8話 「狙いと評価」
 七峰の態度の豹変振りに驚きました。
| つれづれ | 2012/11/24 10:14 PM |
バクマン。3 #8
いろいろな意味で驚異の新人、七峰が現れるお話でした。服部さんが持ってきたトレジャーの応募原稿の中に、七峰という作家の作品が入っていました。その作品は、最高たちと
| 日々の記録 | 2012/11/24 11:13 PM |
バクマン。3 第8話 狙いと評価
「シンジツの教室」は秋人に自分がやりたかったのはこういうのかもしれないと言わせる邪道バトルとシリアスな笑いが取り入れられた物。 クラス単位で人を閉じ込めて命を握られ、 ...
| ゲーム漬け | 2012/12/05 11:36 PM |
◎バクマン。3第8話「狙いと評価」
|授業中突然きた、地震|シンジツの教室へようこそ|私の名は神、ゲームをしてもらいます、この教室からでられるのは一人だけです|パニックから落ち着いたようですね先生:...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/03/30 6:21 PM |