<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

夜行観覧車 第1話「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」

第1話「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」



坂の上にある高級住宅街「ひばりが丘」に
念願のマイホームを建てた遠藤真弓(鈴木京香)だが、
娘の家庭内暴力や帰宅しない夫、自治会婦人部長・小島さと子
(夏木マリ)からのいじめなど悩みを抱える。
そんな中、住宅街で殺人事件が発生する。事件が起きたのは、
遠藤家ではなく、向かいの豪邸で幸せに暮らしていた
エリート医師の高橋家だった。被害者は主人・弘幸(田中哲司)。
弘幸の妻・淳子(石田ゆり子)が容疑者に浮上し、息子・慎司
(中川大志)は事件直後に失踪してしまう。「ひばりが丘」に住む
遠藤家、高橋家、小島家を中心にストーリーが展開し、
事件の真相が描かれる。





父が転勤族だったため一戸建てのマイホームが夢だった真弓。

「ここが 私の帰る場所
 
 ここが 私の家で

 ここが 私の街なんだって

 夢が叶って

 この街に住み始めてから」


『観覧車は 不思議な乗り物だ

 どこにも行けない

 グルッと回って元のところに戻ってくる

 でも一度 空に近づいたあの景色は

 いつまでも胸に残り

 下に おりてきても

 もう 忘れることはできない』

冒頭で高橋家の夫が何者かに殺され
ひびきわたる妻 淳子の叫び。
淳子を心配する真弓は殺人には無関係だろうけど
動揺をかくせない状態で家に戻った夫の啓介は
何をみたのか?

しかしその憧れの高級住宅街の

セレブ奥さまたちが怖すぎる・・!

夏木マリ演じる小島さんを筆頭に
こんなひどい世界があるのか・・?
と戦慄するばかりの光景。

引っ越しゴミって自治体によって違うだろうけど
大量にだすときはそれ専門のものがあるか
ダンボール類も別々な気がする。
引っ越しごみをまとめて捨てて
眉をひそめられるくらいはあるかもなと思ったけど
それをひきあげてあとから自宅前においておく
という行為がすごい・・。

あこがれのマイホームも小屋よばわり。
奥さまたちの会話。

「どんな方が引っ越してらしたんですか?」

「この辺りじゃ あまりお見かけしない感じのご一家よ」

「あの土地 元々 岩見さんの駐車場だったところでしょ

「うちにも買わないかって業者が来たの

 でも あんな中途半端な土地買ったって

  しょうがないじゃない」

「業者も業者よ ひばりヶ丘って名前がつくと

 高く売れると思って」

「そうよね 主人とも よく言ってるの

 私達みんな 何十年もかかって

 ひばりヶ丘をつくり上げてきたでしょ?

 最初は山を切り開いただけのところに

 一生懸命働いて 土地を買い足して

 大きなおうちを建てて

 何十年もかかって 積み上げてきたんじゃない

 なのに 新しい人達が昔からいるような顔して

 もう好き勝手に暮らすんだもの」

「もうちょっと遠慮してほしいわね」

「ほんと困るわ

  主人もね 

この街には ちっとも似合わない

 あんな小屋みたいな家って」


引っ越し挨拶も前日か当日にこなかったと
翌日いったらチャイムをおしても
でてきてさえくれない。

そんなとき、淳子だけが唯一味方になってくれて
小島さんのところに挨拶につれていってくれました。

「そういえば 遠藤さん

 言いにくいんだけど」

「今朝 ゴミ置き場にゴミがたくさん置かれてあったの」

「いいのよ 私はいいの

 でも ゴミを置けなくて困ってらっしゃる方もいたから

 頑張ったわね

 あれだけのゴミを出したら

おうちの中だけは

 とっても きれいになったでしょう」


ひぃぃ恐いーー。

「張り切ってらっしゃるのよね

 分かるわ その気持ち」

「いいのよ いいの

 でも もう少し周りのことも考えてちょうだいね」

「そのうち だんだんに

 この街のルールが分かってくると思うわ

 これからは あなたもひばりヶ丘の住人なんだから

 仲よくやっていきましょうね 遠藤さん」

といいながら仲良くする気なんてなし。

チャリティーバザーにだすものをもっていくと
そこにはブランド品の山。
会社の社名入りのタオルとかとても出せず
娘に持って帰らせ、淳子が自分のぶんを
わたしてくれました。
でも娘がそこのゴミ箱に捨てたものを
しっかりチェックする小島さん・・。

さらに意地悪なのが小島家で開かれる
ひばりヶ丘の子供達の音楽会。

みんなで音楽を聞く気軽な会かと思えば
そこはみんな正装で
ピアノやヴァイオリンを弾くセレブキッズの集まりでした。

「そうね 彩花さん

 あなたの演奏が まだだったわよね

  ごめんなさいうっかりしてしまって

 何か聴かせてくださる?」

彩花がピアノも弾けないのをしっていて

「恥ずかしがってるの?

 大丈夫

 音楽を愛そう楽しもうっていう会だから」

「何でもいいの

 あなたの得意な曲で

 自己紹介だと思って聴かせてちょうだい

 さあ 皆さん 拍手」

助け船を出してくれる子をさえぎって
さらにうながすいじわるぶり。
迎えにきた真弓も

「遠藤さん ほんとにごめんなさい
 
 私 彩花さんに悪いことしてしまって」

「彩花が 何か?」

「私ね 今の今まで 

どんなおうちも お子さんには

 ピアノやバイオリン習わせると思ってたの

 少なくともひばりヶ丘では そうなのよ


 彩花さんが何も弾けないっていうのも

 何かの冗談だと思ってたの

 ごめんなさいね 彩花さん」

ここまで言うなんてすごすぎる。

「塾には通ってるもんね」

「いや〜ね

 塾なんか誰だって行くじゃない

 何も お稽古事なさってないの?

 伸び伸び

お育てになってるおうちもあるのね」


「友達と遊ぶ時間も大切だと思って」

「やっぱり違うわね」

「何が違うんですか?」

「いえ 何でもないの」

「はっきり おっしゃってください

 何が違うんですか?」

お育ちが・・家柄が・・
だけどそこに淳子がやってきて
かばってくれました。

「私も 子供の頃

 何の習い事もしておりませんでした

 彩花ちゃんは 素直で正直で 素敵なお嬢さんです

 大事なことは全部

 母様から教わってるんじゃないでしょうか」

「そうよ 正直よ 彩花さんは

 正直に 「ねこふんじゃった」

弾いてくださったのよね

 おかげで いつもとひと味違う

音楽会になったわ

 おばさん あなたに感謝してる」


ねこふんじゃった・・・。

負けない淳子は小島家のピアノをかりて
彩花にもひける曲で連弾。
拍手する真弓。

でも小島さんにさからって大丈夫なの??

「 マー君? もう聞いてちょうだい

 ママ 悔しくて仕方がない

 何って 例の人よ

 坂の下から来た人

 もう完全に高橋さん 味方につけて

 ママにも歯向かってくるの

 大事な話よ

 大事な話だから

マー君に聞いてもらいたいんじゃないの

 ママ マー君のためにも

 ひばりヶ丘を守らなきゃならないんだから」


マーくんいい迷惑。

淳子は坂の下で育った庶民。
結婚してこの街にきて
セレブにみえるのは整形外科医の夫のおかげも
あるみいたいで、だから真弓にも親切に
してくれるようで。

「いいなあ うちは普通のサラリーマン

 ひばりヶ丘に住むなんて無理してるって分かってるけど

 でも 背伸びして手を伸ばさないと何も つかめないもんね

 ああ〜
 
 思い切ってよかった

 まあ いろいろあるけど

 こんな街に住めるなんて 幸せ」


あんなにいろいろな目にあってるのに

そう思えるなんてすごいよ・・。


「幸せ?」

「今までこんなふうに思ったことなかった

 何か いいことがあったとするでしょ

 私 今 幸せかもって思っても

 その気持ちは すぐに消えちゃう

 消えちゃって いつものつまんない毎日が戻ってくる

 でも この街に来てからは違うの

 私 毎朝 起きるのが楽しい

 何やろうかなって 楽しみだもの」

「私も幸せ」

淳子の家におよばれもして
家族ぐるみで仲良くおつきあい。

長男 良幸は京大医学部受験
次男 慎司はイケメンで彩花と同じ中学を受験
長女 比奈子はその中学にかよっててこちらもやさしい。
夫 弘幸は整形外科医で院長だけど
釣好きで気さくでいいかんじの人。

『<あのときには そこにあったのに

 今はもう ないもの

 何をどうしたら

 私達はあのままでいられたんだろうか』

でもいっしょに受けた入試
慎司はうかって彩花は不合格・・・。
気まずい・・。

『淳子さん
 
 私の大切な友達

 でも…

 もう笑い合えない

 前みたいには』

その数年後に起きた事件。

啓介はいつもと様子がおかしく
彩花は荒れてる娘になってる・・。

弘幸は死亡し
慎司は事件直後から行方不明。
倒れてしまう淳子。

窓から外をのぞく小島さん。

「 そうよね

 どんな家族にも秘密はある」




みおわったあと「さすが湊かなえ原作」
という感想がすべての作品に
浮かぶところが湊かなえ作品クオリティ。
人間のみにくい部分をかかせたら天下一品というか
ものすごいドロドロした人間関係。

そんな中、幸せそうにみえる家庭にも
実は何かがかくれていたということでしょうか。
犯人は誰・・というかそこに至るまでの話から
はやくも目がはなせない。

いつも後味は悪くても
続きが気になるのよね・・・。



遠藤真弓…鈴木京香
高橋淳子…石田ゆり子
遠藤啓介…宮迫博之(雨上がり決死隊)
高橋良幸…安田章大(関ジャニ∞)  
遠藤彩花…杉咲花
高橋比奈子…宮崎香蓮
高橋慎司…中川大志  ・
高橋弘幸…田中哲司  
小島さと子…夏木マリ
結城哲也…高橋克典



2013.01.19 Saturday 11:19 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< カラマーゾフの兄弟 第1話 | main | バクマン。3 第16話 「最終話とコメント」 >>









夜行観覧車 第1話
ひばりヶ丘に住む遠藤真弓(鈴木京香)は、買い物から帰宅すると、向かいに住む高橋淳子(石田ゆり子)の家に救急車が止まっていることに気付きます。 真弓の夫・啓介(宮迫博之)は、青ざめた顔でドアのの...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/01/19 12:23 PM |
夜行観覧車 #01
『衝撃殺人…家族崩壊』
| ぐ〜たらにっき | 2013/01/19 12:42 PM |
【夜行観覧車】 第1話 初回感想
観覧車は不思議な乗り物だ。 どこにも行けない。 グルッと回って元のところに戻ってくる。 でも、一度空に近づいたあの景色はいつまでも胸に残り、 下に降りてきても もう 忘れることはできない。 ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/01/19 1:03 PM |
夜行観覧車 - 鈴木京香 石田ゆり子
夜行観覧車 金曜 22:00 TBS 2013年1月18日〜 [キャスト] 鈴木京香 石田ゆり子 宮迫博之 安田章大 杉咲花 宮?香蓮 中川大志 田中哲司 夏木マリ 高橋克典 ほか [スタッフ]...
| 新ドラマQ | 2013/01/19 2:27 PM |
「夜行観覧車」第1話★TBSがつくると「意地悪婆さん」がメインになる
「夜行観覧車」第1話 角川映画の全盛期に「読んでから見るか、見てから読むか?」というコピーをよく耳にしましたが、『夜行観覧車 第1話』を見て思ったのは《読んだら観るな》ですわ。 期待していただけに、「ここまで原作の持ってる良い部分を破壊できるもの
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/01/19 4:44 PM |
ドラマ「夜行観覧車」 第1話 あらすじ感想...
夢が叶った。ここが私の帰る場所----------!!いやぁ、怖かった。そして、犯人が誰なのかめちゃ気になったし、いろいろと伏線がありすぎて続きが気になってしかたなかったよ(><)...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/01/19 8:48 PM |
夜行観覧車 第1話:高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊
背伸びし過ぎたね・・・扉】▽ ̄;)ノあうっ! 高級住宅地「ひばりヶ丘」に住むと言う事自体がブランドではあるけど そこに暮らすには、それ相当の教育や生活やお付き合いが必要らしい。 そんなハードルが高い場所に浮かれて引っ越してきたものの、最初にあいさつする
| あるがまま・・・ | 2013/01/19 9:40 PM |
夜行観覧車「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」
せっかく、憧れの高級住宅地に住むことができたのに… 身の丈に合ってなかった住まいと、ちょっとご挨拶が遅れて、地域のボスに睨まれてしまった悲劇、怖っ! 殺人事件はともかく… ドラマ的、小説的誇張はあったものの、ありそうなオハナシだけにぞわっ、だった
| のほほん便り | 2013/01/20 2:53 PM |