<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話

第2話



 篠川栞子(剛力彩芽)は、小山清の『落穂拾ひ』を盗まれ
気落ちする「せどり屋」の志田肇(高橋克実)を
五浦大輔(AKIRA)に紹介した。すると、志田はあいさつもせず
本を盗まれたときの状況を話し始めた。
 志田は古書堂へ来る前、ある寺に用があり自転車で向かった。
ところが着いたとたんに腹痛がし、荷物を残したまま
トイレへと駆けだした。そのとき、音がして振り返ると
女子高生らしい少女(水野絵梨奈)と自転車が倒れているのが
見えたので、戻って声をかけた。しかし、少女は見向きもせず
自分の紙袋の中身を確かめていた。志田は気になったが、
自転車を起こしておいてくれと頼むとその場を立ち去った。
トイレから戻ると、『落穂拾ひ』だけが紛失していた。
少女が盗ったのは間違いないと志田は言う。
 栞子は、少女が『落穂拾ひ』を盗った理由こそが
少女を探す鍵になると言い、自転車とほかの本は
どうなっていたのかと聞く。自転車も本もその場に
放置されていたが、本は仲間の笠井菊哉(田中圭)が
拾い集めてくれていたと志田は答えた。また笠井は、
寺からバス停へと走り去る少女を目撃していたという。
 栞子の提言で笠井と会った大輔は、あの日、
笠井が少女に頼まれハサミを貸していたと聞く。
さらに、バス停まで走った少女が、バスには
乗らなかったとの証言も得た。それを聞いた栞子は、
少女が盗むのは『落穂拾ひ』でなければならなかったのだと言う。




簡単感想


「『落穂拾ひ・聖アンデルセン』

 この短編集は比較的 手に入れやすく

 それほど 高価というわけではありません

 ところが なぜか何者かによって持ち去られてしまいました

 売って お金に換えることが目的だとは 思えません

 また どうしても欲しくて

 探していたということでもないようです

 本を 売るためでもなく読むためでもなく

 盗む理由が あるとしたらそれは…

 いったい何なのでしょうか?

少女が本を盗んだ理由を栞子が推理。

結論をいうと、少女が好きな男の子に
プレゼントするために手作りのお菓子を持っていたところ
自転車にぶつかって袋は落下。
中身は無事だったけどラッピングが崩れてしまい
たぶんリボンの結び目についていた造花かなにかがとれ
それを固定するためにひもが必要だったから。

新潮文庫にしかついていないひものしおり=スピンが
必要だったから本を盗んだらしい。

その場を通りかかった男性にかりたはさみを
かえしたときに水滴がついていたことから
保冷剤の必要な手作りのお菓子と推測。

スピンの色は紙袋と同じえんじ色。
長さも直せるものは限られている。

まるで見てきたかのような見事な推理で
それは正解だったらしい。

でもプレゼントは受け取ってもらえなかった。

じゃあ返してほしいと言っても断る少女。

志田さんにとってその本は特別な者。
何もかも どうでもよくなって。
全部捨てて家を出るときに
ふと『落穂拾ひ』を 手に取り

そのときは 別に強い思い入れがあったわけじゃないkど
それから何年も 時間がたって
何度も 何度も 繰り返し読んでるうち

に意味合いが 少しずつ変わっていったそうで。

「何ていうかいつしか その本が

 自分が生きてきたそれまでの人生の象徴っていうか。

 幸せな生活が 確かにそこに あったんだってことを

 確認できる唯一の証しみたいになってったんだ。

 まあ 俺にとっちゃ

 代わりの利かねえお守りだったってことよ。」

返せない理由は本を読んでいる途中だったから。
そして読み終わった後、ちゃんと謝罪して
本のエピソードと同じくつめきりと耳かきを
いっしょにプレゼントしてくれました。

『落穂拾ひ』の主人公は 貧乏小説家の男。
何するわけでもなく 淡々と毎日を過ごして
ある日 男は 古本屋を経営する若い娘と知り合い
彼女から誕生日プレゼントに爪切りと 耳かきを もらう
というだけのお話。

「まあ 若い娘が現れて優しくしてくれるなんて

 ただの願望だよな。あるわけねえって。

 でも そういうことが分かってて

 作者もあの話を書いたんだろうぜ。
 
 だから いいんだよ。」

がんばったのに彼氏にプレゼントも
うけとってもらえなかった少女を
かわいそうだという志田さん。

「どうでもいい。

 あんなこともう どうだっていい。」

「どうでもよくはねえよ。

 あんたは 気持ちを踏みにじられて 傷ついた。

 それは 間違いねえことだ。

 そんな 嘘をつくことはねえんだよ。」

「私は 嘘なんか。」

「そんな強がり 言わなくても

 普段のあんたと 関わりのある人間は

  ここにはいねえ。

 なあ? もし よかったら俺に話してみねえか?」

「あんなこと 話したって意味ない。

 何の役にも立たない。」

「まっ 大して役には立たねえかもな。

 でもよ 誰かに話すだけで気が 楽になるってこともあるぜ。

 ほら。『落穂拾ひ』にも あったろう。

 『何かの役に立つということを抜きにして

 僕たちが お互いに必要とし合う 間柄になれたら

 どんなにいいことだろう』ってな。

 甘ったるいけど胸に染みる 言葉じゃねえか。」



プレゼントをうけとりもせず
「おまえなんかに祝ってほしくないんだよ」という
ひどい言葉を平気ではき
見知らぬ男(大輔)に女子高生のアドレスを
あっさりみせる最低男といい
本を盗んだにもかかわらず
「もう ほっといてよ!何も分かってないくせに。
 あんたなんか何があったか何にも知らないくせに!」
と逆ギレする少女とどっちもどっちだな〜と思いました。
少女のほうは見る目がなかっただけで
ここで志田さんたちとかかわることで
もっと成長できるのかもしれないけど。

栞子さんの推理は、雰囲気も似てる鍵部屋の
大野くんなみに素晴らしい想像力で感心。

でも実際、くずれたラッピングを
文庫本のしおりでなおそうなんて発想
なかなかでてこない。



篠川栞子: 剛力彩芽  五浦大輔: AKIRA 
笠井菊哉: 田中圭  藤波明生: 鈴木浩介 
横田奈津実: 北川弘美  篠川文也: ジェシー(ジャニーズJr.) 
小菅奈緒: 水野絵梨奈  佐々木亜弥: トリンドル玲奈 
橋本さやか: 内藤理沙  篠川智恵子: 安田成美 
五浦恵理: 松坂慶子 

志田肇: 高橋克実 



2013.01.21 Monday 22:43 | comments(0) | trackbacks(10) | 
<< リトルバスターズ! 第15話「ムヒョッス、最高だぜ」 | main | まおゆう魔王勇者 第三章「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」 >>









ビブリア古書堂の事件手帖 第2話:なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか
爪切りと耳掻き・・・(; ̄ー ̄)...ン? 【落穂拾ひ】のお話の中で出てくるらしいから仕方ないけど、プレゼントとしては 微妙なチョイス… この作者がこれを書いた時代とは感覚が違うだろうから仕方ないとして、 本を持ち去った謝罪の意味で、あの女子高生が志田さんにプ
| あるがまま・・・ | 2013/01/21 11:02 PM |
【ビブリア古書堂の事件手帖】 第2話 感想
この短編集は比較的手に入れやすく、それほど高価というわけではありません。 ところが、なぜか何者かによって持ち去られてしまいました。 売ってお金に換えることが目的だとは思えません。 また、どうし...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/01/21 11:59 PM |
ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第2...
なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか---------!?小山清の『落穂拾ひ』が盗まれた。だが、それほどの高価な値がつく本ではない。なのに何故その本を女子高生は盗んだのか?「売るためで...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/01/22 1:25 AM |
ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第2話 あらすじ感想「小山清の落穂拾ひ」
なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか------------!? 小山清の『落穂拾ひ』が盗まれた。 だが、それほどの高価な値がつく本ではない。 なのに何故その本を女子高生は盗んだのか? 「売るためでもなく読むためでもなく、本を盗む理由なんて あるのかな?」 「そ
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2013/01/22 1:25 AM |
自分の生れつきをそんなに悲しんではいない(水野絵梨奈)
じゃ、悲しいことは悲しいんだな・・・。 小山清は明治四十四年(1911年)の生れである。 つまり、生きていると数えで103歳になる。しかし、享年53歳で亡くなっている。 亡くなる7年前に失語症になり、まもなく幼い娘と息子を残し夫人に先立たれている。 「落穂拾ひ」は失
| キッドのブログinココログ | 2013/01/22 3:16 AM |
ビブリア古書堂の事件手帖「落穂拾ひ・聖アンデルセン」
さすが月9。風情あるロケーションといい(鎌倉の美しさを再確認!)、ドラマ全体の空気やテンポといい、独特の世界をつくりだしてますね。 エンディングで、作中、登場した本の物語を紙芝居状態で再現してるのも、味があって、ユーモラス。(今回は、「小山清の落穂
| のほほん便り | 2013/01/22 8:20 AM |
ゴリ9「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話★サラリーマン風の男子高生(浅香航大)が悪い
「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話 なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか 光り取り窓などから”ビブリア古書堂”に日差しが差し込み、1秒ごとに「本」が日光で焼かれて行ってる・・・。 本が悲鳴を上げてるのが聞こえてきそう・・・。 可哀想な本たち・・・。
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/01/22 12:19 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第2話「落穂拾ひ」
本を売るためでもなく、読むためでもなく、盗む理由とは? 今回のポイントは本を構成するパーツそのもの。 実に面白い使い方です(笑) 栞子は本だけでなく、人というものもよく考 ...
| D☆エディション | 2013/01/22 12:50 PM |
『ビブリア古書堂の事件手帖』 第2話「落穂拾ひ・聖アンデルセン」
「想像してみてください」 「お誕生日、おめでとう」 「お前になんか言われたくねえよ、ば〜か」  傷つきますよね。  あ、冒頭のフレーズの使い方、違いました。 栞子の推理法のひとつだと思うが、何か、企業の新システムのプレゼンテーションに使わるような切り口
| 英の放電日記 | 2013/01/22 1:11 PM |
「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話
  第二話栞子は、小山清の『落穂拾ひ』を盗まれ気落ちする「せどり屋」の志田肇を大輔に紹介した。すると、志田はあいさつもせず、本を盗まれたときの状況を話し始めた。志田は古...
| 日々“是”精進! | 2013/01/22 3:24 PM |