<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ちはやふる2 第4話「ひとにはつげよ あまのつりぶね」

第4話「ひとにはつげよ あまのつりぶね」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


高校選手権準決勝。

瑞沢の対戦相手は、坪口さんが指導した
朋鳴高校。

実力はもうじゅうぶんA級なのに
ずっとB級にとどまっている太一が
とにかく運がないそうで・・
白波会の女性陣が心配してくれる。

実力もあるし努力も人一倍なのに
たしかに・・・。

でも運がないの一言で
片付けてしまうわけにはいかない。

試合前に原田先生からは

「まつげくん

 個人戦は団体戦

 団体戦は個人戦だよ」


というメッセージ。

ずっと昔から太一やちはやのことを
知りつくしている坪口さんの指導した生徒、
万年B級の自分のことも気になって
集中できない。
さらに太一のそばのエアコンだけ壊れて暑さも
おそってくる。

耐えかねて「誰かタオル!」と叫んだときに
たくさんの女性からタオルが差し出される中
ちはやもタオルをかしてくれました。

自分が一人じゃないことくらいわかってる

でも ひとりでも強くなりたいんだ

集中しはじめた太一には
もうチームメイトもみえてない。
団体戦は個人戦
仲間を信じてひとりになる。

そんな太一をみて
すみれちゃんも今できることをと
次の対戦チームの偵察に。

相手も粘り強いしし
太一にはやっぱり運がない札の配置・・
でも太一の集中はきれない。

ほかのみんなの勝敗もわからないくらい
集中して、勝利。

おわったあとも女性に大人気で
ねたむ男子達・・・。

ちはやが太一をみてる・・かどうかは謎だけど
太一のこともみてることはまちがない。

次は決勝。
須藤さんはいなくても強敵なのにかわりなし。

太一、あのルックスといい
成績優秀なところといい
もうじゅうぶん運がいい人生だと
思うんだけどなあ。










2013.02.12 Tuesday 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< まおゆう魔王勇者 第六章「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん・・ただいまだ!」 | main | サキ 第6話「弱者の逆襲―追い詰められた悪女」 >>