<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ガラスの仮面ですが Z 第11話「1000のアカウントを持つ少女」

第11話「1000のアカウントを持つ少女」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



真澄さん、亜弓さん、さやか、麗 桜小路君、
月影先生のいる場所にやってきて
たおれるマヤ。

「きゃ〜!マヤ!どうしたの?」

「スマホ・・スマホを はやく・・」

スマホちょうだい」

とスマホを与えるとすごい速さで操作し
また倒れてしまいました。ささえる桜小路くん。

「マヤちゃん!

 すごい熱だ!」

「立つのよ マヤ。

 あなたは 

千のアカウントをもっている!」


たちあがるマヤ。

「できる・・できる・・
 
 私は孫正○になれる」

「え?今一瞬 マヤちゃんが孫正○にみえた!」

「月影先生 これはいったい?」

「マヤにはスマホを与えました」

「スマホ?」

「それまで黒電話しかなかった

ガラスの仮面に

 突然携帯電話があらわれたのは

 単行本42巻。

 しかし 時はすすみ 今はSNSの時代。」


「月影先生は 

気づいてしまわれたのよ。

 第1巻で マヤに

 『あなたには千の仮面がある』と

言ってしまったのに

 千の役を演じないまま

 紅天女編になってしまったことに。」


「このままでは最終巻までに

 千の仮面を達成することは出来ない。

 だから先生はマヤに 

スマホをお与えになったのさ」

「そうか。ネット上なら 自宅にいながらにして

 他人を演じことが出来る。」

「実は アルファツイッタラーと言われる多くが

 みんな マヤなんです。」

「やれる・・私は有吉○がやれる!」

「やめろ!やめるんだ!マヤちゃん!

 それ以上は 自動投稿にして もう休むんだ!」

「目標をセンターに入れてスイッチ

 目標をセンターに入れてスイッチ」


「マヤ あなたは私が目標努力していた

 アルファツイッタラーの座を

何個ものアカウントを

 やすやすと運営していたというの?」

「マヤ・・俺は舞台の上の君を見るのが好きだった。

 思う存分演じてこい。

 ツィッターという虹の中で」

「そういえば亜弓さんも ツイッターやっていたんですよね?」

「ええ?!アカウントをおしえてください!」

『うう!言えない!言えないの!

 私がツイッター芸人

「はるかぜちゃん」の中の人を

 演じるだけで 

いっぱいいっぱいだなんてことを』

「にょほん」


「亜弓さん 

はるかぜちゃんの中の人を

 演じていたの?さすが亜弓さん」


「やめてよ マヤ。

 あなたみたいに アフィリエイトで

 稼ぎまくってる人に

 そんな気休め言われたくないわ!」

「亜弓さん・・!」

「ちょっとは 稽古しろよ」

黒沼先生。



なによりもこの脚本がはるかぜちゃんて・・
おそろしい子!!



北島マヤ 月影千草     中根久美子
姫川亜弓            白石晴香
速水真澄            高橋伸也
桜小路優            後藤ヒロキ
水無月さやか         春風風花
青木 麗            水原 薫
黒沼龍三            べんぴねこ






2013.07.09 Tuesday 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< SUMMER NUDE 第1話 | main | 宇宙戦艦ヤマト2199  第14話「魔女はささやく」 >>