<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

宇宙戦艦ヤマト2199 第18話「昏き光を越えて」 第19話「彼らは来た」

第18話「昏き光を越えて」 第19話「彼らは来た」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


第18話「昏き光を越えて」 


バランは大マゼランへのワープステーション。

百合亜にユリーシャが憑依しているのも
公けの事実となり
その協力によりシステムをつかえることに。
感謝は言葉ではなく行動でという百合亜。

偵察任務には航空隊から篠原がいくことに。

篠原は昔から偵察志望だったそうですが。

「偵察は戻ってくるのが任務。

 必ず戻ってくること。いいわね」


といって送り出す山本玲。

ゲールはゼーリックのもとへごますりにやってきました。
国家元帥になったゼーリックはこの未曽有の危機に
帝国をひとつにまとめあげるのが
使命だとのりのり。

偵察はたったの3時間。
ゲートが使いものにならなかったら
一刻も早くここを離れなければいけないため。
加藤に噛みつく山本玲。

篠原 ソードスリー発艦。

所要時間を超えた場合
ソードスリーの帰艦を待たず
現宙域を離れるという艦長。

篠原はさっそくガミラスの艦を発見。
レーダーは反応なし。

343航空団の4偵 ソードスリーは
憧れのコールサインで本人の希望。

「偵察は戻ってくるのが任務だって

 いつも言ってたのに・・兄さん・・」


篠原を心配する山本玲に

「あいつは戻ってくる 必ずな」

という加藤三郎。

篠原が出てきたゲートの先には
ガミラス艦隊が山ほど!!

「こ これ・・全部ガミラスかよ?!」

セレステラはギムレーにゼーリックの様子を
きいているところ。

ゼーリックはますます元気。

篠原はたくさんのガミラス艦に驚きながら
ガミラス側のゲートと
惑星中心部に建造物を発見。
敵にみつかってガミラス語で話しかけられますが
もちろん答えずに帰艦を急ぐ篠原。

タイムリミットが近づきヤマトは発進準備。
ガミラスからの追撃を避けつつ飛ぶ篠原。

「俺も あんなふうに

 強く! 気高く! 美しく!

 飛ぶ・・んだ・・」


目にうかぶのは山本玲の顔。

爆発!
不吉ーーーー!!

でも篠原、もしや?!と思ったけど
なんとか無事でした。
機体はボロボロだけど命に別条なし。
よかった。

持ち帰ったデータでは
バラン星の中心に人工物が。
ゲートも健在だけどそこにはガミラス艦隊が。
迂回ルートでいこうという提案に
敵中に活路を見出すという艦長。

ゼーリックはデスラー総統の死亡を発表。
総統の死を隠し続ける政府のものに鉄槌を下し・・
と演説しているところへヤマトが。

ヤマトは敵だらけの中を進む。
ヤマトをみつけたゼーリックはますますはりきる。

「なんという僥倖

 これこそ我にヤマトを討てとの啓示。

 成敗!!」


ヤマトをおとしデスラー様への
はなむけにするとゼーリックはやる気満々。

ガミラスの艦隊が密集しすぎで
思ったように攻撃ができず
友軍の被害が大きいというゲールに
このままというゼーリック。

「歴史とは

  犠牲の上に築かれるものである」


ガミラス艦隊を攻撃しつつ進むヤマトは
バランの重力につかまり落下。

「ふははは バラン ヤマトに死す。

 この程度の艦一隻沈められなかったとは

 狼の名も地に落ちたものであるな

 ドメルよ。」


笑うゼーリックにデスラー様から通信が!!

「ご機嫌のようだね ゼーリック君」

総統閣下生きてた!!

死んだのは影武者。
暗殺計画はセレステラがつかんでいて
ゼーリックの罪状も明白。

苦しい言い訳をするゼーリックを
後ろから撃つゲール。

「逆賊め」

小物のわりによくやる!

そこへヤマトが上昇し、驚くゲール。

ヤマト 波動砲を撃ち強行突破!!

無茶するなあ。

バラン星中央制御システム不能でガミラスも
現宙域を撤退。

ヤマトもゲートを抜け
目の前には大マゼランが。

「私たち ここまできたのね」

マゼランをみあげる百合亜。

「ただいま。

 母なる 星の海よ」




第19話「彼らは来た」


星をながめるデスラー様。

「この星にしがみついてなんになる」

間もなく大気圏に入るといわれました。

セレステラはデスラー様に報告。
ドメルも元通り復権。

バランを破壊されたため
旗艦艦隊がヤマトには追いつけず
総統にヤマトを沈めると申し出るドメル。

「エルク 君にはもうひとつ

 頼みがある」

篠原のところへきた山本玲。

「篠原。たしかあんた

 明生兄さんといっしょの部隊だったんだよね?」

ソードスリーは山本兄のコードネームだったそう。

「そっか。

 あいつ そういうの 話さないからな」

「そういうやつでした」

「そういうやつだった」

なんか二人すっかりいい雰囲気。

新見さんは島と会話。
ここまでこられたので島が正しかったと
おめでとうという新見さんに
事実はひとつだけと島も嬉しそう。

タランチュラ星雲の後ろにイスカンダルがあり
サーシャ姉様といっしょに帰りたかったというユリーシャ。

星名に抱きつく百合亜。

「百合亜は 早くあなたに

 ギュってしてほしいって言ってる。

 ギュって 何?」


百合亜の恋心も暴露されている・・。

ハイデルンとドメル。
ヤマトにイスカンダルの人がいることを
セレステラからきいたようで
デスラー様から頼まれたのはそれ?

ドメルたちが着艦。
中にバーレンという顔見知りが。

フラーケンも協力。

2等ガミラスの兵士たちをばかにし
信用できないというバーガーたち。

するとザルツ義勇兵たちがガミラスの歌を歌い始め
ドメルをはじめその場のみなが歌い始めました。

ガミラスもりあがってる!!

波動砲の部屋へ艦長がみにきていて
そこから出ると百合亜がいました。

「その奥にあるものは

 戦うためのもの。

 波動エネルギーは武器ではない。

 武器にしてはいけない。

 あれは星をわたるためのもの」


一年前渡した設計図は
イスカンダルへくるためのもの。

でもその長い旅にはガミラスから守るものが
必要だったという沖田艦長。

「そして つくってしまった・・

 真田が。

 それでは ガミラスと同じ。

 波動砲は 本当に身をまもるためのもの?」


「信じてほしい 我々を」

「なぜ 尋ねないのかな?

 どうして波動エンジンだけではなく

 コスモリバースを

 直接もってきてはくれなかったのだ・・と。」


「我々は 

 試されているのかもしれない。

 あなたに・・あなたたちに。」


「私はただ 観察するだけ。

 判断するのは

 スターシャお姉さまのつとめ」


「では その目で

 全てを見届けていただきたい。

 ヤマトが・・いや

 人類が 救うに足りうる存在なのかを。」


タランとドメルのために
最高機密の試作兵器を準備。

小惑星用の特殊削岩弾。

メルダはヘルダー中佐が親衛隊に
つれていかれるのをみて
でていこうとしてドルメンたちに
とめられました。

タランチュラ星雲は濃密な星間物質や
イオンの嵐が吹き荒れる空間で
七色星団を突破するのが一番はやいけど
とても危険な領域。

ワープでもとびこえられないので
迂回コースを想定したという島。

ガミラスもヤマトの進路を予想し
七色星団を迂回すると考えていました。

しかし七色星団を突破するという艦長。

でもドメルはそれもしっかり予測し
全艦発進し七色星団をいかせました。

本当にこの難所にくるのかというハイデルンに

「彼らはくる。

 ヤマトの艦長が私の思った通りの男なら

 必ず七色星団を突き進んでくる」


と信じるドメル。

七色星団の中を苦労しながらすすむヤマト。
大昔の洋上艦のよう。

一方、沖田艦長も

『もし敵が 

 あのときの指揮官だったら・・』


と警戒はしている様子。

ガミラスはヤマトを発見し作戦行動へ。

ヴォック艦長にあとを頼むといってでていくディック少佐。

ヤマト航空隊も待機中。

「この状況下でしかけられたら
 
 ヤマトを守れるのは俺たちだけだ」


でも山本玲は切り札だからおいていく。

保安部の伊東は
宇宙人なんか信じるな・・
とかなり危ない精神状態。

敵艦をみつけ総員配置に。

「彼らはきた

 戦いとともに」


加藤以下 航空隊 全機発艦。




デスラー様は死んでるわけないと思ってるから
お元気そうで何より。ゼーリックの野望はここでおわり
ゲールけっこうやるじゃんと感心しましたw

ようやく大マゼランまで到達し
感慨にふけるまもなく
待ちうけるはドメル。
波動砲を武器としてつかってイスカンダルにいっても
お姉さまは喜ばないってことか〜。
かといって波動砲なしじゃとっくにやられてたし
難しいところです。

ガミラスの人間臭さは地球人類と同じなんだけど
デスラー様の次々植民地を増やし配下にし
人種差別するのはスターシャにそっぽむかれるのも
しょうがない。

ドメルと艦長、離れてるのに
戦う男同士通じ合ってるなー。






沖田十三     菅生隆之
古代進       小野大輔
島大介       鈴村健一
森雪         桑島法子
真田志郎      大塚芳忠
徳川彦左衛門   麦人
南部康雄      赤羽根健治
相原義一      國分和人
太田健二郎     千葉優輝
佐渡酒造      千葉繁
榎本勇       藤原啓治
新見薫       久川綾
山本玲       田中理恵
加藤三郎      細谷佳正
原田真琴      佐藤利奈
岬百合亜      内田彩
篠原弘樹      平川大輔
山崎奨        土田大
薮助治          チョー
平田一        伊勢文秀
伊東真也       関俊彦
星名透         高城元気
岩田新平       はらさわ晃綺
遠山清         遊佐浩二
西条未来       森谷里美
北野哲也        木島隆一
AU09  アナライザ   チョー
古代守         宮本充
土方竜         石塚運昇[注
藤堂平九郎       小川真司
芹沢虎鉄        玄田哲章
山南修          江原正士
スターシャ・イスカンダル  井上喜久子
ユリーシャ・イスカンダル   桑島法子
アベルト・デスラー    山寺宏一




2013.08.05 Monday 16:01 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< ジャンプ36号感想 | main | SUMMER NUDE 第5話 >>









宇宙戦艦ヤマト2199 #18&#19「...
もしもあの時の指揮官なら・・・。ヤマトとドメル艦隊が七色星団で激突する!!!「昏き光を越えて」亜空間ゲートを超えてバラン星へたどり着いたヤマト。そこには一万隻に及ぶガミ...
| おぼろ二次元日記 | 2013/08/06 11:43 PM |
宇宙戦艦ヤマト2199 第18話、第19話感想
ラストにマギの予告も流れましたねぇ!(小野大輔さん、引き続きお疲れさまです、よね!^0^;;)ヤマトの放送もあと来週を入れて7回ですか〜〜、そりゃもう急いで大マゼランまで来な...
| みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2013/08/07 4:31 PM |
宇宙戦艦ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 第19話 「彼らは来た」
宇宙戦艦ヤマト2199 300ピース YAMATO GIRLS 300-761(2013/07/20)エンスカイ商品詳細を見る 1時間スペシャルなので2話分放映。 だから来週は、休みなのですね。 岬百合亜にユリーシアが憑依...
| 北十字星 | 2013/08/09 9:08 PM |
◎宇宙戦艦ヤマト2199第18話「昏き光を越えて」
|地球はガミラスの攻撃をうけ・・・時間はあと1年|イスカンダルから救いの手が差し伸べられた、コスモリバースシステムがある|銀河系を離れ大マゼランを目指していた、亜空...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/05/16 4:06 PM |