<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

スターマン・この星の恋 第9話

第9話



星男(福士蒼汰)は佐和子(広末涼子)に「働きたい」と打ち明け、
幸平(KENCHI)や平岡(本田大輔)たちから誘われていた、
林業の仕事を始めることにする。 出勤初日の朝、
ウキウキと星男の弁当を用意する佐和子だが、息子たちを
起こすのを忘れ、大(大西流星)をムッとさせる。まもなく、
重田(國村隼)が現れ、星男に「何があっても我々の能力を
使ってはダメだ」と強く言い聞かせる。森にやって来た星男は、
幸平らに倣って順調に作業をこなしていた。同じ頃、大は、
佐和子が間違えて学校に持たせてしまった星男のタオルを
見つけ、さらにいら立つ。そして家に戻ると、ついに荷物をまとめて
家を出て行ってしまう。
一方、森の作業場では、幸平が星男にいいところを見せようと
張り切るあまり無理をし、大ケガを負う。星男は重田の忠告も忘れ、
とっさに超人的な身体能力を発揮しようとするが…。
一方、節(小池栄子)の店にいた佐和子のもとに、美代(吉行和子)
から「大がいなくなった」と知らせが入る。動揺する宇野家に、
クライマックスを予感させる更なる大事件が勃発する…



佐和に働きたいという星男。

さっそくお弁当をつくる佐和。
浮かれてて子どもを起こすのをわすれていました。
大は不機嫌。
ご飯のときもずっと仏頂面。

仕事の前にあいにきた重田さん。
目と目で会話。
佐和にはやっぱり伝わってない気が。

星男の仕事は林業。
説明をうけてさっそくお仕事。
汗をふいたら大のタオルで
大は星男のタオルをもっていました。
またまた気に入らない大。

佐和の職場では祥子の様子がおかしい。
頭をかかえてうなっていました。
安藤君もいじけてる。
店長もひがんでる。

重田さんが自分が宇宙人だというのが秘密だ
といいますが、店長まったく信じない!

安藤君、かなり病んでる・・!

星男は仕事中、木から落ちそうになった幸平を
その能力をつかってたすけました。

重田さんは店長が信じないので
首をぐるんとまわしてみせました。

大は荷物をまとめて家出。

スナックスターで星男のことが話題に。
幸平は星男に助けてもらったお礼を言いますが
正直、星男が自分よりすごかったので
いいところみせようとしたのに
自分がかっこわるいと正直に告白し
星男との仲も深まったよう。

そこへ佐和もやってきて
星男の話をききました。

子どもたちの部屋をのぞく美代。
俊は自分も節のお店にいきたかったのに
とおかんむり。かわいい。

力をつかったことを佐和にあやまる星男。
みんな何も気付いてないようだし
今回だけは許してあげるといわれました。

「かっこいいですね、この星の男たち。

 なんか素敵だ」

職場では重田さんと祥子のことを誤解している
安藤くんに、それは誤解だという重田さん。
共通の趣味があるだけだとごまかしました。

その祥子は自分も首をまわそうとがんばったけど
できない・・!
思い切り気合いを入れたらできました!!
祥子にっこり。

でも首が戻らないww

スナックにいる佐和に大がいないと連絡。
お気に入りのリュックもなく家出?
とお店から飛び出しました。

祥子は首を隠してぎこちない動作で外へ。
重田さんをみかけてSOS!

祥子は一度死んで生き返ったという
エピソードをはなしますが
重田さん、いまいち信じてない?

とりあえず首を戻す方法をおしえてもらいました。
力を首に集中させて戻すのを手伝ってあげました。

そのあと目と目で会話。
重田さんの言葉は伝わらず
祥子にもやってみるようにいいますが
何も感じない。
言葉の疎通ができず・・
というところを安藤君にみられていて
またしても誤解されてしまいました。
さらに古女房にも!!

大のことを心配する家族。
でもそこに大が戻ってきて
大を探しに行った星男をみて不機嫌そう。

大は家出してみたけど
駅にもいけないし電車にも乗れないし
このへんを歩いてみても危ないし
危険な目にあったら助けてくれるのは星男。
特殊能力をつかって危険なのを平気で助けて
町じゅうのヒーローになる。

「ちゃんとしようってことだよ」

間違って入っていた星男のタオルを出しました。

「間違ってたよ。 雑なんだよ。

 いちいち そういうの嫌なんだよ。」

「あっ…。ごめん…。

 悪かったけどさそんなに怒んなくたって…。」

「なるほどね。」「なるほどね。」

「えっ? あぁ… そっか。

 大 ごめんね。」

「違うから。 俺が星男さんに やきもちやいてるとか

 思ったんだろうけどそうじゃないし。」

「えっ? じゃあ 何なの?」

「だから ちゃんと考えようって言ってんじゃん。

 何もかも 大ざっぱすぎなの。考えなさすぎなの。

 もっと ちゃんと考えてよ。

 お母さんだけじゃないよ。」

「ごめんなさい。」

「星男さんはさ違う星の人なんだよ。

 地球の人じゃないんだよわかってんの?

 ちゃんと考えたことあんの?大変なことでしょ?

 それなのに何なの? この家は。

 星男さんも星男さんで朝から のんきに納豆なんか混ぜて

 ご機嫌な顔してるし。」

「ごめん。」

「とにかくさもっと ちゃんと考えてよ。

 お母さんが星男さんのこと好きなの わかるけどさ

 好きなだけじゃだめじゃん。どうすんの? これから。

 例えば 保険証とか住民票とか年金とか

 税金だって払わなきゃこの星で暮らしていけないんだよ。

 星男さんって名前の人現実には存在しないんだからね。」

「そうね。」

「後 もう1つだけ言わせてもらう。

 舞い上がり過ぎ。」

「星男さんがさすごい速さで走るとかって

 当たり前のことだと思うんだよね。」

「ちゃんと考えてみればわかることだと思うんだけど

 足が速いとかジャンプがすごいとかって

 俺たちから見たら すごいけどさ

 星男さんにしたらべつに普通のことだし

 そういう星の人なんだから。」

「そうだね。」

「そうか そうよね。

 アメリカ人が英語しゃべれんのと同じよね。

 私たちは 英語できないから

 英語しゃべれるアメリカ人がすご〜いなんて

 思ってしまうけど当たり前よね。

 アメリカ人が英語しゃべれんの

 べつに偉くも何ともないもん ねぇ。」

「なるほど 確かに そうだね。」

「そのとおりです。」

すごく理屈っぽくしゃべってるけど
結局はただのやきもちっぽい。

「言い過ぎました ごめんなさい。」

とあやまる大をひきとめ

「大。

言い過ぎなんかじゃないよ ありがとう。」

とお礼をいう星男。
佐和もちゃんとあやまりました。

息子に叱られるのもいいもんだねと
佐和は幸せそう。
大の言ってることは正しいから
反省すべきとは美代に言われました。」

「でも 落ち込む必要はないわ。

 あの子は あなたのことがだ〜い好きだから

 あんなふうに言ってんだから。」

佐和と話す星男。
星男はここでは全然だめな男で
何もできない男だと後ろ向き・・。

「僕は 佐和を幸せになんてできないんじゃないかな。」

「幸せにしてもらおうなんて思ってないよ。

 幸せって してもらうもんじゃないし自分でなるもんだし。

 だって 私はさ 星男が宇宙の人だって

 わかる前から星男のこと 好きだったんだよ。

 まあ そりゃいろいろ 変化はあったけどさ。

 だから 星男の能力に期待なんかしてないし求めてない。

 てか 使わないでって言ってるし。

 大にはさ 好きなだけじゃだめだ

 もっと ちゃんと考えろって叱られちゃったけどさ。

 私は 星男といると楽しいし 

 幸せな気持ちになれるから一緒にいたいんだよ。

 僕は 君のことを幸せにできないなんてさ

  男の思い上がりだよ。

 宇宙共通なんだね 男って。

 基本 後ろ向きだし 打たれ弱い。」

「そんな言い方しなくたって。」

「私のためにとか考えなくていいの。

 そんなの長く続かないんだから。

 自分が どうしたいかを考えて。」

佐和を怒らせてしまいました。

重田さんは古女房に必死でいいわけ。
祥子も宇宙人だといっても
信じてもらえない。

そこにお迎え?!

外が明るくなっているのに気付く重田さんと
佐和の子どもたち。

祥子も窓の外の光をみて
窓をあけました。

「あ きた!」

星男も空をみあげる。
子どもたちと美代も。

心配そうに星男をみつめる佐和。



もう来週最終回!?
宇宙にいきたくてしょうがない祥子ちゃんはいいけど
重田さんはこの星にいたいし
星男は・・佐和と子どもたちのことも好きだけど
今の様子だけどやっぱり帰りたいのかなあ。
ずっとここにいて重田さんと古女房みたいに
なるまで暮らせばいいのに。





宇野佐和子 広末涼子 
星男     福士蒼汰 
宇野 大   大西流星(関西ジャニーズJr.) 
宇野 秀   黒田博之 
宇野 俊   五十嵐陽向 
宇野美代   吉行和子
須多 節   小池栄子 
臼井祥子  有村架純 
前川浩介  石井正則 
佐竹幸平  KENCHI(EXILE) 
安藤くん   山田裕貴   
重田信三  國村隼 








2013.09.04 Wednesday 08:26 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< ローソンの進撃の巨人フェア 第2段 | main | ジャンプ SQ. (スクエア) 2013年 10月号 新テニスの王子様の感想 >>









スターマン・この星の恋 (第9話・9/3) 感想
フジ・『スターマン・この星の恋』(公式) 第9話『宇野家に大事件!お迎え襲来』の感想。 今回も面白かった! 今回は演出が堤幸彦氏でなく白石達也氏だっから、良い意味で堤テイストが強く...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2013/09/04 9:27 AM |
【スターマン・この星の恋】 第9話 感想
私は星男といると楽しいし、幸せな気持ちになれるから一緒にいたいんだよ。 「僕は君のことを幸せにできない」なんてさ、男の思い上がりだよ。 宇宙共通なんだね。男って。 基本、後ろ向きだし打たれ弱い...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/09/04 11:19 AM |
スターマン・この星の恋 第9話
星男(福士蒼汰)は、佐和子(広末涼子)に働きたいと告げて、幸平(KENCHI)や平岡(本田大輔)たちから誘われていた林業の仕事を始めます。 出勤初日の朝、佐和子はウキウキとお弁当を作っていました。 ...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/09/04 11:51 AM |
スターマン・この星の恋 #09
『宇野家に大事件!お迎え襲来』
| ぐ〜たらにっき | 2013/09/04 12:25 PM |
スターマン・この星の恋 第9話:宇野家に大事件!お迎え襲来
お迎え来た?Ψ(Θ)_(Θ)Ψ;フォッフォッフォッ だけど、誰を迎えに来たんだろ?そしてもう次回が最終回だなんて・・・ 前回、星男が佐和子に言ってた考えてる事というのは、働きたいという事だったとは! 何か嫌なお知らせかと思ってたので、この前向きな星男の発言
| あるがまま・・・ | 2013/09/04 2:58 PM |