<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

サムライフラメンコ 第3話「フラメンコVSニセフラメンコ」

第3話「フラメンコVSニセフラメンコ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


「正義くん あなた

 サムライフラメンコでしょ」


マネージャーにきかれて正義は否定。

「うそだったら 殺すけど」

それでも否定して
かえっていきました。

後藤さんとヒーローショーにいった正義。

「いや〜 ばれたかと思いました」

「ばれてるんじゃないか」

でもばれてないとおもってる正義。
ヒーローショーの次の動きもわかるくらいなのに
実際の戦闘では弱い。
やっぱり武器は必要なのかなと
後藤さんに銃があまってないかと
たずねますがもちろん怒られた。

武器用のバットをみていると
ファンの女の子たちに話しかけられました。
いっしょに写真をとったあと

「サムライフラメンコって

 羽佐間さんですか?」

ときかれました。

「ち ちがいます」

背も似てるし、正義が何度もみたと
テレビで言ってたから。

サムライフラメンコの正体を
つきとめたひとには賞金100万円!

後藤さん、ちょっと心がうごく。

正体を探られるのはヒーローの宿命だけど
なぜこんなかたちで・・と思う正義。

今野さんがおもしろそうだからと興味をもったそうで

「サムライフラメンコはこいつに違いないアンケート」で
正義がベスト5に入っているのでインタビューを
もうしこまれますがマネージャーはきっぱりお断り。
そのあと食事に誘われますがそれも拒否。

そのあと別のテレビ局からもオファーが。
逆にいえばいい機会なので
サムライフラメンコかときかれたら
はっきり違うと答えるようにいうマネージャー。

「とにかく 彼の正体が誰だろうと

 羽佐間正義は今日

 正義ヒーローとか

 そういう世界に決別するの!」


控室に今野がたずねてきて
サムライフラメンコのことに興味津津。

番組がはじまりサムライフラメンコの正体を
探ることに。

「正義の味方 サムライフラメンコは誰だ」

企画したのは今野さん。
すでに500件の情報がはいり
候補はしぼられてきたとのこと。

ところがこの番組がサムライフラメンコの正体を
つきとめたといいあせる正義とマネージャー。

悪の組織のショッカーみたいな下っ端があらわれ
それをとめにでてきたのはニセフラメンコ。

「悪を憎んで人を憎まず!

 人呼んで サムライフラメンコ!」


体格も全く違うサムライフラメンコは
司会者にも乱暴。
戦いがはじまると見境なく熱くなってしまうそうで
その声に聞き覚えがある正義。

「その声は・・

 武装超人 レッドアックスの

 要 丈治・・さん!」


「上出来だ」

正義、ぽ〜っと赤くなって感激。

アックスときいてすぐあの斧を思い出す
マネージャー。


要丈治。
17年前 武装超人レッドアックスでデビューし
今もなおスタントなしで危険なアクションに挑む
その姿はまさに生きる伝説、アクションの神!

その要丈治が今サムライフラメンコとして戻ってきた
と紹介されました。

今の時代あまりにモラルが低下している
そう思ったらみすごせなくなって
子どもたちに武士道をたたきこまねばと
新しいヒーローをつくったという要さん。

本当は名乗り出るつもりはなかったけど
あまりにも大きく広まっているので
番組スタッフにコンタクトをとったそうで
賞金のことをきかれた今野さんは
ももちろん100万円を進呈するといい
要さんがお金の使い道は青少年に寄付するというと
拍手喝さい。

「ところで どうしたんです?羽佐間さん

 死にそうな顔してますよ」

憧れの人にあえた緊張で・・と
正義がサムライフラメンコのファンだときいた要さんは
正義のことをだきしめてくれて
ますます感激する正義。

その番組をみながら
「もう偽物登場かよ」とあきれる後藤さんのそばで
脱力して床にころがっている正義。

「どうしてうそをついているんでしょう」

正義のもっているレッドアックスのDVDを
ふたりでみることに。
正義、要さんからサインももらってました。

「で どうする?」

「僕は 僕自身は 要さんに恥をかかせたくない。

 かっこいいままでいてほしい。

 このまま サムライフラメンコの座をゆずるのも

 一つの選択でしょうか?」

「おまえがそれでいいんなら

 それでいいさ。 それでいいんなら・・な」

要さんには何年ぶりかにたくさんのファンレター。

その中にレッドアックスのDVDといっしょに
果たし状が。
レッドアックスのニセモノ回の話。

サムライフラメンコの前にニセフラメンコが。

「出たな!ニセモノ!」

「ニ、ニセモノはそっちでしょ!」

「それを決めるのは君じゃない!

 正義だ!」


「本当のサムライフラメンコは僕です。

 その名を名乗るのは・・

 嘘をつくのはやめてください」


「断る!」

「え〜〜」

「君より私のほうが強いし 知名度がある。

 私がサムライフラメンコになった方が

 世の中のためだ!」

「そもそも どうして君は

 正体をあらわせないんだ?

 ひきょうではないか!

 自分に負い目がないのなら 見せたまえ!

 さらしたまえ!君の素顔を!本心を!」


「わかりました」

「お、おい」ととめる後藤さん。

「いいんです。

 サムライフラメンコの正体は・・僕です!」


と素顔をさらす正義。

でも要さん、覚えてなかった・・・。

「羽佐間正義ですよ!サインもらった!」

「あ〜あの」

とやっと思い出してくれました。でも

「私は芸能界でもヒーローでも先輩だ。

 サムライフラメンコを譲りたまえ」


と言いだす要さん。

「いやです」

「こんなにたのんでもか?」

「たのんでないじゃないですか!」

「ふっ。わかった。もう言うまい。

 誰が見ても
 
 私がサムライフラメンコになった方がいい。

 それを阻もうとする君は・・

 つまり 悪だな。

 どちらが本物のフラメンコか

 決着をつけようじゃないか。」


「だから本物は 僕なんですってば」

生番組の収録があるのに
サムライフラメンコに連絡がつかない現場。

ニセモノと戦う羽目になる正義。

「こういってはなんだが

 君 ものすごく弱いな」


「ほっといてください」

「こんなことでは やはり
 
 サムライフラメンコを譲るわけにはいかないな」


「もともと僕のですよ」

「力なき正義では

 誰も救うことはできないよ。」


「そんなことは ない!

 あなたはレッドアックスで

 僕はサムライフラメンコだ。

 あなたの嘘を見逃せば

 僕は レッドアックスも

 サムライフラメンコも傷つけることになる。

 だから 僕は言う!

 あなたを偽物だと言い続ける。

 レッドアックスと 

 サムライフラメンコを救うために!!」


偽物の仮面をはぐ正義。

「だって僕は・・

 本物のサムライフラメンコは 今

 それしかできないんだから。

 目を覚ませ レッドアックス!
 
 ニセフラメンコになんてなるな!

 さもないと僕が たたきのめす!!」


すると要さんがボロボロ涙を流しはじめました。

「好きだ!」

とガシっと正義を抱きしめる要さん。

「よくぞその域に達したな!

 鍛えたかいがあった!」


「ええっ?!」

「男にとって一番難しいのは

 誤った仲間の目をさまさせることだ。

 私はそれを君に伝えたかった。」


「えっ!?」

「いや 絶対 嘘だろ!」

「これで私の役目は終わった。

 君の成長がみられて嬉しい。」


「えっ・・いや そんな・・。」

「だまされるなよ おまえも!」

「今こそ君を

 二代目フラメンコとして認めよう!」


「はい!」

なんかすごく丸めこまれた・・・。

その番組の最中に渋谷と中継がつながり
要さんが普通のかっこうで登場。

「みなさん。

 実は私はサムライフラメンコではなかったんです!」

「私はレッドアックスで

 サムライフラメンコは私の弟子です」

 
そのサムライフラメンコは今どこに・・

「あそこです!!」

ビルの上でポーズをきめるサムライフラメンコ!!

その映像をみているマネージャーのところに
正義が戻ってきました。
マネージャーの疑惑も払拭?!

ポーズをきめていたのは後藤さん。

『やべえ・・
 
 これ すげえ 気持ちいい!』


www

でもテレビをみているまりは

「違う」

と見抜いていました。


ED



「なあ 今の戦隊モノって

 カレーくわないんだろ?」


「まあ こういうのは伝統ですから」

「実はみんなが思ってるほど

 イエローはカレーをくわないんだがな」


要さんもいっしょに食べてたw

「よし 15分休んだら

 スパーリングの続きだ!」


「はい!」

「鍛えるぞ 二代目!」

「はい!いやいや 初代ですから!」



レッドアックスいい人だった(^O^)

これがきっかけでレッドアックスも再注目されて
サムライフラメンコとともにレッドアックスブームも
再び!で要さん大人気になればいいのに。


羽佐間正義: 増田俊樹 
後藤英徳: 杉田智和 
真野まり: 戸松遥 
三澤瑞希: M・A・O 
森田萌: 山崎エリイ 
要丈治: 小杉十郎太 
原塚淳: 大川透 
石原澄: 中村千絵 
今野明: 三上哲 




2013.10.30 Wednesday 17:11 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< ガリレイドンナ 第3話「キンギョライフ」 | main | リーガルハイ 第4話 >>
MAGI☆ (2013/10/30 9:20 PM)
間違ってTB送ってしまいました。
申し訳ないです。
honey (2013/10/30 9:25 PM)
MAGI☆さん こんばんは。

消しておきました〜。お気になさらず。
(2つとも同じでした)









サムライフラメンコ #03
『フラメンコvsニセフラメンコ』
| ぐ〜たらにっき | 2013/10/30 8:28 PM |