<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」

第5話「ボディ・アンド・ソウル」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


高校の時リンダ先輩とつきあっていたらしい万里。

「なんで なんで

 俺は 何も覚えてないんだ?

 リンダ先輩は 俺の何だったんだ?」


そこへ光央から電話。

「あのさ 今からおまえんちいっていい?」

「俺 いないんだ。

 俺・・いないんだ」


すわりこんで泣きだす万里。


実家からまた東京へ。

『18歳までは 俺が 多田万里だった。

 卒業式の翌日 橋から転落して
 
 肉体から中身だけが抜けおちて

 俺は命を持たない魂として

 放り出された。

 一方 魂を失って 肉体だけになった

 からっぽの万里は

 記憶喪失男として それなりに時間をすごし

 なんとか大学生になった。

 その間 幽霊になった俺は

 新しく生まれ変わった多田万里を

 ずっと そばでみまもってきた。

 でも 俺の声は万里にはとどかない。』



香子は、いっしょに宗教団体施設から
逃げたときに持ち出した鏡を
友情や絆の象徴の記念品のようだと
同じものを買って万里にプレゼントしてくれました。

「いいお友達・・か」

翌日、光央といっしょに大学にいくと
香子は万里を親友扱い。

運命に定められた前世からの大親友に
なってるし前世の妄想がすごい。

修道院の見習いシスターと羊飼い。

「ありがとう!

 命のすべてに ありがとう!」


思い込み激しい。

光央は荒野をいく孤独な狩人なので
シスターの香子と出会う運命はなし。

「あの 俺 どうすればいいの?」

「ほっとけ。

 俺もそうしてた」


たしかにほっとくしかないw

そこへリンダ先輩が。
香子の履修登録の世話をしてくれるそう。

リンダに光央も紹介。
光央の履修登録をきくと
たいへんな講義だそうで
青ざめて他の講義の履修ができるか
ききにいきました。

バーカバーカといいあう香子と光央
どっちもどっち・・。

リンダ先輩にさそわれふたりともおま研に
はいることになった香子と万里。

『リンダ先輩 俺のこと 絶対 

 知ってますよね?

 黙ってるのは

 なんか 事情があるんですか』


香子はいろんなことがあったから
気分を切り替えていろんなことに
超前向きな気持ちでいるそうで
おま研の踊りもやる気満々。

万里にも前向きを強調。
そういえばふられたんだっけ?
告白して友情を強調してるってことはそうか。

はりきったものの阿波踊りで
まったく踊れなかった香子は
泣きだしてしまうほど落ち込んでました。

その後カフェにいったふたり。

「最近の私は ほんと 

 なんか どうしようもない」


前向きといいながら
やっぱり立ち直れてない。

光央への気持ちをきっぱり整理したかったけど
まだひきずっているよう。

友情のおそろいミラーをかしてくれる
やさしい万里。

「多田君は こんなダメダメな私のことを

 わかってくれる。

 ダメダメでも 許してくれる。

 それに甘えて 泣いちゃった。」


そんな香子は、さっぱりして
前向きに人生を楽しんでるかんじがする
リンダ先輩にあこがれているそう。

リンダ先輩に彼氏がいるのかもと
いう言葉を複雑な気持ちできく万里。

写真をみながら過去を思い出しました。

入院中、夜中に向こうの山から
チラチラ光がみえる万里。
ある夜、病院を抜け出して
そこへいってみました。

そこにいたのはリンダ先輩。

万里はあの光が自分への合図じゃないか、
脱出の合図みたいなもんじゃないかと
思ってでてきたと説明。

リンダ先輩は病院に友達が入院していて
事情があってあいにいけないから
せめて近くまでと病院をみにきたそう。
東京の大学生でGWで帰省中。

東京で大学生になったら
この檻からにげられる気がするという万里。

病院もふくめて自分をしばる人間関係や
しがらみ、そういうの全部。

「おいでよ 東京に。

 楽しいよ。

 おいでよ こっちに」


「そうだな。

 いけばいいんだな 東京に」



「ありがとう。

 合図をくれて ありがとう。

 俺への合図じゃないのはわかってるよ。

 でも 俺にとっては 

君の光が とび出す合図だった。

 俺は東京にいくぞ!!」


回想おわり

『やっぱり あれはリンダ先輩だった。

 でも どうしてずっと黙ってるんだ。

 高校の同級生だったことも

 入院してるときに あったことも』


万里のそばにいる魂だけの万里。

「お前には 肉体はあっても

 18歳までの記憶がない。

 俺には記憶があっても

 肉体がない。

 おしえてやりたい
 
 俺にとって 

リンダがどういう存在だったか。」





記憶をなくす前の人格が
別に存在してるなんてややこしい。
だからサブタイが「ボディ・アンド・ソウル」。
その記憶と一体になることはないのでしょうか。

過去の人間関係やしがらみが檻のようで
そこから飛び立ちたいといっている万里には
過去に恋人同士だったことなんか言えないよね。
お見舞いにいけずに合図をおくってみたり
せっかく再会したのに初めてあったふりを
しなくちゃならないリンダ先輩、切ない・・。
 
 


(加賀香子)堀江由衣
(多田万里)古川慎
(林田奈々)茅野愛衣
(柳澤光央)石川界人
(岡千波)木戸衣吹
(二次元くん)比上孝浩
(NANA先輩)佐藤聡美




2013.11.01 Friday 18:36 | comments(0) | trackbacks(13) | 
<< 凪のあすから 第5話「あのね ウミウシ」 | main | ジャンプ SQ. (スクエア) 2013年 12月号 新テニスの王子様の感想 >>









ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
ゴールデンタイムの第5話を見ました。 第5話 ボディ・アンド・ソウル 香子からのメールで実家に帰った万里は卒業アルバムに挟まれていたのリンダ先輩とのツーショット写真を見つけ、記憶をなくした蓬莱橋を訪れる。 「何で、何で俺は何も覚えてないんだ…!?
| MAGI☆の日記 | 2013/11/01 6:47 PM |
(((;゚Д゚)))まさかの幽霊視点?! 〜ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」〜
「(教えてやりたい…俺にとってリンダがどういう存在だったか)」
| 悠遊自適 | 2013/11/01 7:58 PM |
ゴールデンタイム #05
『ボディ・アンド・ソウル』
| ぐ〜たらにっき | 2013/11/01 7:59 PM |
アニメ感想 13/11/01(金) ストライク・ザ・ブラッド #5、ゴールデンタイム #5
ストライク・ザ・ブラッド 第5話『戦王の使者篇I』今回から新しい物語になるのですが・・・相変わらず雪菜が可愛いです。着替えを覗かれたのも自分の責任だって。いや、100%古城が ...
| ニコパクブログ7号館 | 2013/11/02 3:24 AM |
ゴールデンタイム 第05話 感想
 ゴールデンタイム  第05話 『ボディ・アンド・ソウル』 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2013/11/02 3:32 AM |
ゴールデンタイム第5話『ボディ・アンド・ソウル』の感想レビュー
折角告白したけれど、とりあえず友達止まりでおあずけ状態とは生殺しにも程がある(´;ω;`)ブワッ回でした。 ここでなびいたらなびいたで尻軽女とか言われてしまいそうなシチュエーションでもあるわけですが、愛情より友情優先という絶対防壁を築かれてしまっては
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2013/11/02 2:06 PM |
ゴールデンタイム TokyoMX(11/02)#05
第5話 ボディ・アンド・ソウル 公式サイトから実家から戻ってきた万里を待っていたのは香子からの告白の返事だった。 翌日、いつになくハイテンションで接してくる香子に戸惑う万里だったが、 柳澤はいつものことだと取り合わない。 そこに現れたリンダ先輩へ前のめり
| ぬる〜くまったりと | 2013/11/03 1:19 PM |
ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
万里から分離した幽霊が登場。 過去の万里とリンダとどういう関係だったのか気になりますね。 実家から戻ってきた万里を待っていたのは香子からの告白の返事だった。 翌日、いつになくハイテンションで接してくる香子に戸惑う万里だったが、 柳澤はいつものこ
| 空 と 夏 の 間 ... | 2013/11/03 3:35 PM |
ゴールデンタイム 第5話 『ボディ・アンド・ソウル』 勝手に親友認定されるのって...そして万里はスタンド使いだったのか。
振りの常套句として「良いお友達でいましょう」というのがありますが。無理だろ。これは互いに「友達」と見ている場合に成立するお話。告白した相手は友達と見ていない訳で、仲良くして、でも一線は超えちゃダメ。なんて生殺しもいい所。告白された側の一方的な押し付
| こいさんの放送中アニメの感想 | 2013/11/04 3:51 PM |
ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)『こっちにおいでよ!』 原作:竹宮ゆゆこ 原作イラスト:駒都えーじ 監督:今 千秋 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:J.C.STAFF 加賀香子:堀江由衣   多田万里:古川慎   林田奈々:茅野愛衣
| 明善的な見方 | 2013/11/04 8:46 PM |
ゴールデンタイム 第5話 「ボディ・アンド・ソウル」 感想
なんだろう… この作品ただの主人公の回りに女の子いっぱいな萌えアニメかと思っていたらいきなりの超展開。 主人公は幽霊だったのです。 ( ゚Д゚)ポカーン ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)(2013/10/10)竹宮ゆゆこ商品詳細を見る
| キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 | 2013/11/06 11:40 PM |
ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
記憶を失くしたリアルの万里の傍らに立つ幽霊の多田万里・・・ ・・・これはまたヘヴィーなのが来ましたね。 なんとなくキャラの顔立ちが似てるような気がして『俺たちに翼はない』の主人公をふと思い出したのですが、その『おれつば』の羽田鷹志は多重人格でも互いの記
| ボヘミアンな京都住まい | 2013/11/07 7:05 PM |
◎ゴールデンタイム第5話ボディ・アンド・ソ...
=橋バン:なんでなにも覚えてないんだ、リンダ先輩はなんだったんだ*ヤナ:おまえんちいっていい俺、いないんだ=電車|橋から転落して、ほりだされた、記憶喪失男として大学生に...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/11/05 12:05 AM |