<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

進撃の巨人 12巻 と マガジン1月号のドラマCDの感想

[ マンガ ]
進撃の巨人 12巻
マガジン1月号のドラマCDの感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


少しずつ情報も提供されるけど
読めば読むほど深まる謎。

ライナーとベルトルトがエレンをつれていこうと
していた故郷とは?

座標って何?!

エレンの強い意志さえあれば巨人を
操ることができるようですが
その力のこと??
しかもなぜこの世で一番それをもっちゃ
いけないのがエレン??

と?マークのオンパレード。

それをみたユミルがそれがあれば
壁の中にも未来があるかもとふんで
ここはいったんヒストリアをおいていったのも
最後の3人のシーンでお土産とか
借りを返すとかいってましたが
エレンが座標をもってなかったら
とらなかった行動にみえる。

エレン奪還作戦ではいつものごとく犠牲者が
多数でしたが・・・
エルヴィン団長の手が・・手が・・!!
エレンみたいに巨人化するからだになったら
再生してくるとかないの?
ユミルが巨人の力を盗んだと言ってたし
前にエレンが注射されてた記憶とかから
そういうのが可能なら。
片腕でもエルヴィン団長の頭脳は兵団には
必要だとは思いますが。

ずっとよき導き手だったハンネスさんも・・
どんどん登場人物が減っていく・・涙

ミカサがエレンを思う強い気持ちは
いつも同じ。
アルミンがどうにかしてエレンを取り戻そうと
とった行動も見事にあたり
アルミンは充分兵団のブレーンになれると思いました。







コミックスのとなりに12巻の続きが読めるという
別冊少年マガジンがあり(しかも2話掲載)
ドラマCDつきだったので
買ってみました。

塀の中の偉い人たちは
いったい何を隠しているのか。
人類を守りたいのか守りたくないのか
調査兵団には情報をわたされない状況で
人類存続のためにここまで力を尽くしている
兵士たちが気の毒になってくる。

新リヴァイ班のメンバーに重なる
旧リヴァイ班のメンバーの姿は胸が痛くなりました。

でもみんないっしょのここでの生活が
「つかのまの休日」にもみえて
少し楽しそうにみえました。




ふろくのドラマCD


 人類最強の掃除兵 リヴァイ兵長
 
 ミカサが力を尽くしてお掃除対決!!

 布団の裏にキノコとかやばいでしょ。

 立体起動掃除とか
 壁を破壊して部屋が広くなるとか
 もうなんでもありでしたが
 年末のこの時期にこのCD・・・

 これをききながら大掃除に励め!という
 
 メッセージですかねww







2013.12.09 Monday 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜 第9話 | main | 海の上の診療所 第9話 >>