<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

銀の匙 Silver spoon 第2期 第2話「八軒、副ぶちょーを拾う」

第2話「八軒、副ぶちょーを拾う」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


校内のゴミ拾い。

ゴミがいっぱい。
不法投棄の産業廃棄物に
大きな家具まで。

ゴミ拾いの最中に仔犬を拾ってしまった八軒。

洗ってきれいにしてもらってかわいいけど
寮生活だから飼える人がいない。
八軒くんは里親探さなきゃなと
さらっと面倒事をしょいこみました。

厩舎にはあちこちに犬がいたことを思い出す八軒。
番犬として飼ってるところはいっぱいあるそうで。

「こいつ ここで飼えないかな?」

でもこの学校は生き物に関してはシビアだから
難しいかもと話しているところへ桜木先生がやってきて
飼っていいかときいたらあっさりOK。

そのへんにいる猫もひろってきたやつだし
そもそも場内 獣だらけだから1匹や2匹増えたところで
なんとも・・と笑い飛ばす先生。

とりあえず狂犬病持ってないか検査して
予防接種が必要という相川くん。
現実的だけど大事なこと。

予防接種代は軽く万はとんでいくそうで
しょうがないから自分が出すという八軒。
まだバイト代がつかっているからそれを使う。

「俺が拾っちゃったから 

 俺がなんとかします」


『困ってる人どころか

 犬ですら放っておけないんだね』


餌代はどうするんだときかれ

「こうすりゃいいんだよ」

と常盤くんがその場で簡単工作。

竹筒で貯金箱をつくり「おやつ代」と書いたものを
首からぶらさげて校内を走りまわらせる。

「自分のエサ代は自分で稼ぐのか

 偉いな」

「かわいい」

などと次々お金が・・。

「この募金箱を常に装着しとけ」

常盤くんなかなかやる。

「お前 こういう脳みそを

 勉強のほうにまわせよ」


常盤くん、勉強できなくても
人生はうまいこと
わたっていけそう。

馬術部の様子をみにきた大川先輩。
かたすみにわんこがいるのをみた先輩は
廃材をとりにいかせあっというまに
立派な犬小屋をつくってくれました。

「設計図なしで作ったぞ あの人」

「やだ 大川先輩かっこいい」

ちゃんと小屋で寝るようにしつけろよ
という大川先輩に「はい」とこたえたものの
犬を飼ったことのない八軒はしつけ方もわからない。
父親がペットNGだったらしい。

「八軒くんが なんでお人よしなのか

 わかった気がするよ。

 ペットのこともそうだけど

 お父さんからも 自分からも

 いろんなことを

 おさえつけてきたからじゃないかな。

 自分がそうだったのが嫌だから

 我慢してる人とか 困ってる人を

 放置できないし

 自分にできることならって

 一生懸命になるんだと思う」


といってくれるアキ。
自分の進路の話をきいてくれたのも
すごくうれしかったといってくれました。

思わず校長先生の言葉を
思い出す八軒。
 
「見えてきたその先は・・

 君を否定するものでは・・」


『俺の灰色の人生は

 ムダじゃなかったっす 校長先生!』


わんこは食堂のごはんの残りも
もらったりして大人気。

馬術部の様子をみてかっこいいと声をあげた
吉野さんと北町さんも馬に乗ってみることに。

「すっごい楽しい」

また乗りたいと言われてアキも嬉しそう。

わんこの名前はとりあえず「副部長の犬」。

副部長の犬なのに翌朝には

「副ぶちょー」

になってたww

馬術部のみんなにかわいがられる副ぶちょーをみて
名前のっとられた上にみんなにちやほやされて・・と
気を悪くする八軒。でもなんか自分がほめられてるようで
顔がゆるむ・・でもやっぱりダメだったw

馬の前で道をゆずろうとしない副ぶちょーを
八軒が注意しても言うこときかない。
おまけに馬に足をふまれてさんざん。

番犬なんだからちゃんとしつけないと・・
とアキがおすわりをやってみました。
副ぶちょーにダメだしするアキの言葉で
八軒のダメージがキツイ・・。

犬はコミュニティで格付けをするので
このままだと八軒は格下扱い・・。

でも競争社会にさらされてきた八軒は
本をよみあさり副ぶちょーと再び対峙。

パンをつかって餌による順位付けに
リーダーウォーク。

副ぶちょーのしつけ完了!!

みんなが感心する中、涙する八軒。

「こいつ・・常盤より物覚えがいい!!」

みんなももらい泣きww


授業は鶏の解剖。
相川くんの顔色が悪い。

解剖といいながら後ろには焼き鳥の準備が・・。

そろそろエゾノー祭が近づいてきたので
やりたいものを考えておけといわれると
焼き鳥希望者がいっぱい・・。

獣医さんに牛の直腸検査をみせてもらうことに。
長い手袋を装着し肛門に手をいれ
ふんをかきだしてから・・の時点で
八軒気分悪そう・・。

何人か体験することになりますが
本物じゃなくてよかった・・。
牛のほうもいやでしょう。

生の牛でやって暴れだして怪我でもしたら
たいへんだし
大会をひかえてる駒場君も
特に気をつけないとという会話のあと
牛がフンをふみつけて滑り
駒場君が危ない!と思った八軒がかばう!!

駒場くんは簡単に避けたのに
八軒がよけた拍子にぶつかって負傷。

みんな牛のほうを心配。

「尻をみせなさい」

とこの流れだと怖いww

獣医さんは八軒が副ぶちょーの飼い主だと知り
捨て犬を見捨てないなんて偉いぞとほめてくれますが
治療費はしっかり請求。

牛がフンですべって転んだので
対策はばっちり。
みんな人より牛の心配で冷たいと
すねる八軒。

「家畜は 怪我したら

 即 生きるか死ぬかの

 選択をせまられるのよ」


さっきの牛ももし股関節脱臼なんてしていたら
夕方には処理場いき。

「家畜に生まれなくてよかったです」

「でしょ」

アキに保健室いこうと言われただけで
そのやさしさに感動。

あのとき自分に声をかけないで
逃げてればこんなことにはならなかったのに
という駒場くん。

「だって 駒場は

 チームの期待 背負ってるしよ
 
 甲子園めざしてるんだから

 怪我したくないだろうし」

「ああ そんなこと考えてたんか」

「あの一瞬で?」

「お前 頭の回転はやいけど

 体がついていかないんだな」

でもいいやつ。

「気持ちはありがたくもらっとくわ。

 ありがとな」


駒場くんと八軒のかけあいも楽しい。

お人よしもいいけどほどほどにしとかないと
巻き添えで怪我させたらこっちもつらいから
という駒場くん。

「八軒は人にばっかかまってないで

 自分のことやれよ」

校内はエゾノー祭でもりあがり中
なんかノリがわからない八軒。

「自分のやりたいこと

 どんどん出してかないと

 なりゆきでめんどくさいこと

 おしつけられるぞ」


『自分のやりたいこと・・か』

部活でも出し物の話題。

新人戦を前にアキは絶好調。
八軒もはりきったけど腰?が痛かった。
お手をする副ぶちょーがかわいい(^^)



八軒がひとつひとつ何かに出会うたび
順調に成長していってる。
勉強ばっかりで厳しい父親さえも糧にして
まっすぐな姿に、まわりもどんどん
影響されていっているようにみえます。

エゾノー祭もおいしいものいっぱいでてきそう。












2014.01.22 Wednesday 11:10 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮 第3話 | main | 明日、ママがいない 第2話 >>









銀の匙 Silver Spoon 第2期 #02
『八軒、副ぶちょーを拾う』
| ぐ〜たらにっき | 2014/01/22 7:49 PM |
銀の匙 第2期 第2話「八軒、副ぶちょーを拾う」
銀の匙 第2期の第2話を見ました。 第2話 八軒、副ぶちょーを拾う 一郎の前で流したアキの涙が心に引っかかりつつも、期末考査が終わって恒例の校内ゴミ拾いをする勇吾は石窯に引き続き、捨て犬を拾ってしまう。 「誰か飼える人いないかな?」 寮生活のため
| MAGI☆の日記 | 2014/01/23 10:54 AM |