<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 第49Q「もういいや」

第49Q「もういいや」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


最後の1分でいいから動けるようにしてくれと頼む木吉。

「わかったわ」

土田くんと小金井くんに3分だけちょうだいと
指揮をまかせ、髪を結び準備するリコ。

誠凛の陣形に驚くも
紫原くんへの信頼が強い陽泉。
火神くんをものともせずアリウープをきめる紫原くん。

「まさか本気で

 ひとりでとめらえると思ってんの?

 のぼせるのもたいがいにしなよ!火神!」

「やらなきゃ勝てねえってんなら

 やってやるさ!

 絶ってぇとめる!」

誠凛はステルスオールコートマンツーマンディフェンス。

氷室くんが火神くんと1on1。

「いかすかよ!」

「やってみな。

 やれるもんならな。」

火神くんの横をなんなく抜いていく氷室くん。
しかしその先には黒子くんが。

一人で中を守ろうとする火神くんに
怒る氷室くんから赤いオーラが!!

『気に入らねえよ

 誰をマークしようと勝手だが

 ひとりでみんなとめようなんて
 
 虫のいい考えは 心底気に入らねえ』

「きやがれぇえ!!」

氷室くんがシュートにいき
ミラージュシュートの正体に気付いた火神くんが
二度目のときにとめようとかまえていたら
氷室くんもそれに気づいていて
一度目にそのままシュート。

「ミラージュシュートは誰にも触れられない」

このままじゃ勝てない、でも青峰くんと
戦った時みたいにゾーンにさえ入れれば・・
と考える火神くんを上からみている青峰くん。

黄瀬くんも火神くんの違和感に気付いたよう。

点差がひらいてきてますますあせる火神くん。
無策ではないけどでもこのままでは
ダメな気がするという黒子くん。

ゾーンに入ればと火神くんが考えているうちは
入れないという青峰くん。
ゾーンは二回目に入るほうが難しい。
もう一度あの状態にと考えるのは雑念で
集中状態に入らなければならないゾーンに
一番あってはならないもの。

「ゾーンに入るためには
 
 ゾーンに入ろうとしたらダメなのさ」

コートの外にでたボールをひろってくれた
黄瀬くん。


「なんっすか?そのていたらく。

「黄瀬」


「あれ?知り合いかと思ったら 違ったっすね。

 あんた誰?」


「ああ?何・・」


「知らねえよ!

 んな 何かにすがって バスケやるような

 ヘタレは!

 どうやら 準決は 

 紫原っちとやることになりそうっすね。

 よろしくっす。」


「そうだね。てか 今 試合中なんだから
 
 あんま話しかけないでよ。」

「なんだ こんなんだったら 

 練習試合のときの誰かさんのほうが

 よっぽど怖かったっす」


『すがってるだ?

 俺がいつ なんにすがって

 バスケしたっつんだよ?

 あんときは ただ 

 ガムシャラに戦うことしかできなかった。

 体力も 今よりはるかにたりなかったし

 ゾーンに入るなんてとても無理だった。

 むしろそれが当たり前で

 それでもなんとか・・」

そのときにようやく気付く火神くん。

黒子くんにゾーンにはいったことがあるかときくと
そんなにホイホイ入れるなら苦労しないという答え。

「だよな」

顔を両手でぴしゃりとたたいて気合いをいれる火神くん。

「どんなに苦しくても

 今できることをやるしかねえよな」



医務室からひびく木吉くんの悲鳴。
足を動けるようにしてくれたリコ。
戻ろうとするリコに

「もう少しだけ そばにいてくんね?

とひきとめる木吉くん!!!

「1分だけでいい。

 なんか リコみてると 元気でんだよね。」

「今は 気休めでも回復がほしいんだ。

 日向たちなら大丈夫だ。

 俺が戻るまで 絶対あきらめずにもちこたえてくれる。

 それに 誠凛には チームをささえる

 光と影がいるからな。」

誠凛タイムアウトでリコからの伝言が
伝えら得ました。
氷室くんにトリプルチーム。
中には火神くんと水戸部くん。

やっぱり紫原君と同じことをするのは無理があったと
とにかく今はゴール下だけに集中するという火神くん。

「どうしたんだ?急に 火神は」

「僕はむしろいいと思います。

 なんとなく 今の火神くんは あの人に似ています。」

紫原くんのシュートにくいつく火神くん。
さっきまでと動きが違う。
押してるのは陽泉なのにひやひやさせられる。

『あ〜 もう うざくてしょうがねえ!!』

イラつく紫原くん。

似てると言った黒子くん。

「一番のってるときの青峰くんに」

紫原くんのシュートをついにブロック!!

『まさか!』

「火神ぃ!!」

 「つくづく思います。

 火神くんは 誠凛の光だと」
 


「やりゃあできんじゃねえか」

リコも戻り、火神くんがゾーンに入ったと
知らされました。

今度はシュートに向かう氷室くんをブロック。
一度目のタイミングでとんでそのまま空中に。

『もはやこれは跳躍じゃない!

 まるで 鳥だ!!』

黒子くんからのパスで火神くんが3P。

『決まる前にもう戻り始めてやがった。

 このやろう 緑間かよ!』

怒りの紫原くんがトールハンマーをたたきこもうと
するのもとめる火神くん。

『これは ゾーンによる

 リミッターが解除されただけじゃない。

 前方に飛んでその力も上乗せしてる。

 けど それにしても・・』

「さすがに 驚いたぜ」

紫原くんがおされてコートに手をつきました。

「悪いな。ちょっと力はいりすぎちまった。」

「すごい。あのむっくんをとめるなんて。
 
 今の火神をとめられんのは

 同じゾーンに入ったもんだけだろ」

むっくんとか氷室さんならその可能性もあるんじゃ
ないかという桃井さんにそれはないという青峰くんと
同じくその話をしている黄瀬くん。

「ゾーンに入るための最低条件は

 その競技に全てをかけていること

 平たく言えば 

 バスケを何よりも好きであることっす。

 けど それは紫原っちに 

 唯一 欠落しているものでもある。

 資質でいえば もしかしたら

 俺たち5人の中で最強かもしれない。

 それでも 紫原っちは ゾーンには入れない。」


じゃあ氷室くんは・・?

「彼はまあ 

 それ以前の問題じゃないすか?

 悪いけど。」



氷室くん 紫原くんふたりをかわして
ダンクを決める火神くん。
あとにとんだ紫原くんより長い滞空時間。

エアウォーク!

火神くんのプレイに目をみはるみんな。

神がかった火神くんのプレイに望みを持つ誠凛ベンチ。

陽泉では紫原くんが投げやりに。

「もういいや。
 
 俺や〜めた 交代してよ」

今紫原くんが抜けたら勝てるものも勝てなくなる
負けてもいいのかと言われても

「うん。だってもう

 誰も火神止められないじゃん」

とやる気のない返事。

紫原くんを殴る氷室くん。

「いいかげんにしろ 敦。

 まだ勝負は終わってない!」


「いってえな。

 そういう熱血っぽいのが 

 一番うざいんだけど。

 そもそも室ちんなんて

 俺より 火神に歯が立たないじゃん。

 才能が違うって わかんないの?」


青峰くんと桃井さん。

ゾーンに入れるのは選ばれた人間だけ。
でも氷室くんの実力はキセキの世代に
限りなく近いと認めるけどそれでも秀才どまり。

「どれだけ近づこうが

 けっしてこっち側にくることはねえ。」


天才と凡人の壁。

「わかってるよ・・

 わかってるよ そんなことは。

 ずっと あいつの才能に 

 嫉妬してきたんだからな。

 なのに!

 俺が喉から出が出るほど

 欲してるものを持ってるお前が

 あっさり勝負を投げようとしている。


紫原くんの顔に氷室くんの涙がおちました。


「怒りで 気が変になるぜ

 いいかげん。」


「うわ〜 ひくわ。

 そういうの 心底うざい

 ってかありえないわ 泣くとか。

 なんとなく気づいてはいたけど

 ここまでとは思ってなかったよ。

 つーか初めてだよ。

 うざすぎて 逆にすげえと思うのは。

 しょうがないから

 最後までコートにいてやるよ。

 雅子ちん。

 ヘアゴム 一個くんない?」


本気になった紫原くんに気付く火神くんと黒子くん。

「今まで一番 やばそうです。」

髪をたばねてでてきた紫原くん。




どこを一番メインにもってきてもおかしくないくらい
あっちこっちに見どころが。
ゾーンに入ることを意識するあまり入れなかった
火神くんが無心に戻ってゾーン入り!
医務室での木吉くんの言葉と表情!
投げやりになった紫原くんに
心情を吐露する氷室くんの涙!
それにこたえて本気を出す気になった紫原くん。

残り3分弱。
見逃せない!!

でもどんなに努力してもバスケが好きでも
天才にはならべないっていうのが残酷。





黒子テツヤ    小野憲章
火神大我     小野友樹
黄瀬涼太     木村良平
緑間真太郎    小野大輔
相田リコ      斉藤千和
小金井慎二    江口拓也
伊月俊       野島裕史
日向順平      細谷佳正
笠松幸男      保志総一朗
高尾和成      鈴木達央
青峰大輝      諏訪部順一
紫原敦        鈴村健一
赤司征十郎     神谷浩史
桃井さつき      折笠富美子
氷室辰也      谷山紀章
アレックス     甲斐田ゆき
荒木雅子  嶋村 侑
岡村健一  武田幸史
福井健介  石川界人
劉 偉    須嵜成幸 









2014.03.23 Sunday 12:06 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 仮面ライダー鎧武 ガイム 第23話「いざ出陣!カチドキアームズ!」 | main | 宇宙兄弟 第99話「人生可変、約束不変」 >>









黒子のバスケ 第49話「もういいや」
黄瀬のおかげでゾーンに入れたっすね。 いよいよ氷室が可哀想になってきた。 「陽炎のシュート(ミラージュシュート)」は、キセキの世代にも通用する技だと思うんだけどねぇ。 黒子のバスケ 26 (ジャンプコミックス)(2014/03/04)藤巻 忠俊商品詳細を見る
| こう観やがってます | 2014/03/23 12:48 PM |
黒子のバスケ 第49Q「もういいや」
黒子のバスケの第49話を見ました。 第49Q もういいや 窮地に立たされた誠凛は黒子のスティールを最大限に活かす新フォーメーション、ステルス・オールコート・マンツーマンディフェンスによって陽泉に食らいつき、ベンチに下がった木吉も再出場に望みを賭け
| MAGI☆の日記 | 2014/03/23 1:00 PM |
アニメ「黒子のバスケ」第49話(2期24話)あ...
氷室の涙-------------!!第4Q開始。嫌でも盛り上がる場面。いい演出と音楽で引っ張ってくれるわ。最終回へ向かって本当いい形で見せてくれてるよなぁ。やっぱ試合は面白いわ。木吉の願...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2014/03/23 7:41 PM |
黒子のバスケ TokyoMX(3/25)#49
第49Q もういいや 公式サイトから窮地に立たされた誠凛は、黒子のスティールを最大限に活かす新フォーメーション、ステルス・オールコート・マンツーマンディフェンスによって陽泉に食らい つき、ベンチに下がった木吉も再出場に望みを賭け、リコと共に無茶な手段での
| ぬる〜くまったりと | 2014/03/26 10:06 AM |
黒子のバスケ第49話「もういいや」
黒子のバスケ第49話「もういいや」人の努力を否定してしまう君には負けたくないしかし、紫原1人でも厄介だというのに、陽泉は氷室を入れたWエースを控えたチーム。それでも、木吉...
| SOLILOQUY | 2014/03/27 1:23 AM |
黒子のバスケ 第49話「もういいや」
黒子のバスケ 第49話「もういいや」 「知らねぇよ!何かに縋ってバスケやるようなヘタレは」 縋る気持ちが消えた時・・・! 公式HPより 窮地に立たされた誠凛は、黒子のスティールを最大限に活かす新フォーメーション、ステルス・オールコート・
| SOLILOQUY 2 | 2014/03/27 1:26 AM |
黒子のバスケ 第49話「もういいや」
黒子のバスケ 第49話「もういいや」
| SOLILOQUY別館 | 2014/03/27 1:26 AM |
黒子のバスケ #49「もういいや」 、感想
木吉を欠いた誠凛は全員一丸となって陽泉を追いかける!火神は紫原を止めることができるのか!?「もういいや」あらすじは公式からです。窮地に立たされた誠凛は、黒子のスティール...
| おぼろ二次元日記 | 2014/03/27 5:27 PM |