<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

極悪がんぼ 第6話

第6話



 相変わらず金策に頭を痛める神崎薫(尾野真千子)の前に、
冬月啓(椎名桔平)が「投遣警備保障」という会社の株券60株を
置いた。それは2000万円の借金の担保として社長の投遣
(今井雅之)が冬月に渡したもので、総株数の30%に相当した。
冬月は薫にこれで投遣警備保障を乗っ取れと言う。合法的に
乗っ取るには、51%以上の株券が必要なので残りは自分が
集めるから、まずは投遣の会社に乗り込んで株主総会の
開催を要求しろと命じた。
 金子千秋(三浦友和)や夏目大作(竹内力)には無理だと
バカにされたが、薫は投遣を訪ねると、株券を提示し株主総会を
開いてくれと頼んだ。ところが、投遣はそれを受け入れるどころか
薫の胸ぐらを掴んでどう喝する。そんなところへ冬月から
電話が入り、この件から今すぐに撤退しろと命じられる。
 何が起きたのかわからないまま投遣警備保障を後にした薫は、
冬月と伊集院保(オダギリジョー)が話しているところに遭遇する。
伊集院は、投遣のバックには金暮県警の犬神(國村隼)が
ついていると明かしていた。
 別の日、スナック「まやかし」に顔を出した薫に、茸本和磨
(三浦翔平)が会社は乗っ取れたかと声をかける。会社のバックに
警察がいて中止になったと話す薫に真矢樫キリコ(仲里依紗)は、
公務員の副職は違法だからそこを突けばいいと教える。





今回は冬月の因縁の相手。

不正を暴いて告発しようとしたのに
反対にはめられ警察をやめさせられてしまった冬月。
そのときの恨みもはらずべく、薫も協力。
毎回、キリコはいい仕事するなあ。

でも相手をいよいよ追い詰めたけど
警察に言うでもなしマスコミに売るでもなし
その会社を自分に譲って定年まで
儲けは自分にまわせという冬月。
生かさず殺さず、これが裏社会のやり方か・・。

結局その会社も所長にとられてしまったけど。

しっかしこの金暮市、伊集院みたいな警官が
普通にいると思ったら上層部から腐ってましたか。

薫、なんだかんだとお金は稼いでる。




神崎 薫    尾野真千子 
冬月 啓     椎名桔平 
茸本和磨    三浦翔平 
真矢樫キリコ  仲里依紗 
夏目大作    竹内力 
抜道琢己    板尾創路  
小清水元    小林薫  
豊臣嫌太郎  宮藤官九郎 
伊集院蒲    オダギリ ジョー  
金子千秋    三浦友和






2014.05.20 Tuesday 08:47 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< ジャンプ25号感想 | main | 一週間フレンズ 第7話「「ほっ」の友達。「ふぅ」の友達。」 >>









極悪がんぼ #06
『喧嘩上等 警察とガチンコ勝負』
| ぐ〜たらにっき | 2014/05/20 12:53 PM |
ホワイト・ラボ六話&極悪がんぼ六話感想
■ホワイト・ラボ六話 科学の力で、被害者が押された状況とかまでわかっちゃうのね。。犯人の身長とかも想定できちゃう。恐ろしい(苦笑)骨髄移植されると血液のDNAが移植した人に変わるとか、でも唾液とかは本人のままとか。へえ〜という部分おもしろいね。
| NelsonTouchBlog | 2014/05/20 3:25 PM |
極悪がんぼ 第6話★冬月(椎名桔平)が犬神(國村隼)を家畜に?
極悪がんぼ 第6話 しばらく感想を書いてないけど、一応は観てます。 相変わらず時間が長く感じちゃう・・・・。 終盤かと思って時計を観たら9:25。 −◆− 本気で観ていないので簡潔に・・・。 「投遣警備保障」社長の投遣(今井雅之)をぎゃふんと言わせ
| 世事熟視〜コソダチP | 2014/05/20 5:41 PM |