<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

極悪がんぼ 第9話

第9話



 小清水元(小林薫)による監査結果が発表され、
神崎薫(尾野真千子)は、薫にしかできない仕事を
見つけるようにと通達される。一方、金子千秋(三浦友和)は、
東京に進出した際には事務所を任せると言われる。
冬月啓(椎名桔平)や夏目大作(竹内力)は、
それが左遷を意味するのではと気にするが、金子
は意に介さない。
 そんな時、薫は借金返済ができずに困っている
天枝太郎(六角慎司)と出会う。天枝は、200年ほど続く
寺の一人息子だが、住職の父親・史郎(片岡鶴太郎)とは
絶縁状態のため借金の相談はできないと明かす。薫は、
史郎から金を引き出せたら寺の経営に参画することを条件に、
太郎の支援を約束する。薫は早速、太郎を連れて
寺を訪ねるが、史郎は10年ぶりの再会を懐かしがるどころか、
ほうきで息子をめった打ちにする。寺の金に手を付け
事業に失敗した息子が許せない史郎は、薫にまで
罵詈(ばり)雑言を浴びせる。
 史郎の態度に怒った薫は、寺が所有するという
重要文化財を奪う計画を立てる。茸本和磨(三浦翔平)に頼み、
バールを用意した薫は、太郎とともに寺の蔵に忍び込む。
そこには情報通り、重要文化財の指定書が付いた
骨董品が置かれていた。
 別の日、薫が寺の経営について夏目らに聞いていると、
抜道琢己(板尾創路)が自分にも手伝わせてほしいという。
薫の初仕事の邪魔はしない、手間賃だけもらえればいいと
いう抜道に、薫は応援を頼み…。






天枝(あまえだ)という名前のとおり甘ったれたまま
大人になったみたいな寺のバカ息子をカタにはめようと
したものの抜け道に横取りされ、自分が考えていたのより
もっと悲惨な結末に。借金のかたに天枝は妻とともに
タコ部屋へ、両親から引き離された子どもが二人・・
父親に捨てられて泣いていた自分と同じ境遇の子を
つくりだしてしまった。
あの寺も結局のっとられるの?
茶柱みたいな人ばかりじゃなくて他の檀家はまともそうなのに
あんなインチキくさい坊さんで納得するんだろうか。
(納得しなくてもしょうがないんだけど)
しかしすべては自業自得。
親の責任がどこまであるのかは難しいですが
あんな息子になるまでに住職もなんとかすべきだったかも・・。

自分の身の上と重ねて子どもを捨てたと住職を
せめていたときの薫は醜かったな。
いつもは悪事をはたらいててもカラッとしてるんだけど。

薫、やっぱりこの仕事むいてない。

金子は前回の件で小清水を怒らせたのか
東京へいくようにいわれて従うしかない?
この町にいては小清水にはさからえないのか。



神崎 薫    尾野真千子 
冬月 啓     椎名桔平 
茸本和磨    三浦翔平 
真矢樫キリコ  仲里依紗 
夏目大作    竹内力 
抜道琢己    板尾創路  
小清水元    小林薫  
豊臣嫌太郎  宮藤官九郎 
伊集院蒲    オダギリ ジョー  
金子千秋    三浦友和






2014.06.10 Tuesday 08:36 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ジャンプ28号感想 | main | 一週間フレンズ 第10話「友達とトモダチ。」 >>









極悪がんぼ九話&ビター・ブラッド九話感想
■極悪がんぼ九話 今回は実は、人情話だったのだろうか。。なんだかんだで人助けの心を忘れない?事件屋・神埼薫(尾野真千子)。その薫が、自ら見つけてきたしのぎで、最後にとった選択は・・。 そろそろ自分で仕事を見つけてくださいと小清水署所長(小林薫)に言わ
| NelsonTouchBlog | 2014/06/11 2:43 AM |
極悪がんぼ 第9話
小清水所長(小林薫)による監査結果が発表されます。 前回下手を打った夏目(竹内力)にはウォーターフロントのビル1棟がほしいと言い、冬月(椎名桔平)には億単位の仕事をした方が良いと言い、薫(尾野真千子)にはそろそろ薫にしか出来ない仕事をした方が良いと
| ぷち丸くんの日常日記 | 2014/06/11 2:08 PM |