<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 28巻

[ マンガ ]
黒子のバスケ 28巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


第246Q  まだだよ

 大差がつき帝王・洛山の前に
 心が折れようとしている誠凛。

 前半終了後のロッカールームでも
 リコはかける言葉もなく空気も重い。
 そんな中「諦めるな・・!!」と声をかけるのは
 やはりキャプテン日向君。

 日向君だっていっぱいいっぱいで半分強がりでも
 半分は本気。

 後半、1年にかわって小金井くんが入って
 レオ姉にスクリーンをかけてもらって
 自分が3Pを決めるという日向君。
 でももし落ちたら頼むぜと木吉くんにもはっぱをかける。

 ここでようやくリコも作戦を。 
 赤司くんのマークをしてくれるよう火神くんに
 たのみました。

 すごい気合いで後半にのぞむ誠凛。
 火神くんに「お願いします」と送り出す黒子くん。

 開始後すぐに日向君が言った通り3P。

 ここから誠凛がおいつく可能性はほぼなくても
 まだ心が折れていない誠凛にとどめをさすため
 赤司くんはじわじわとせめる。
 火神くんには自分がつき、日向くんには
 レオ姉をつかってファウルをもらわせる作戦。

 まんまとファウルをとられた日向くんはこれで3つ目。
 この先思い切ったプレイをするのが難しい状況に。

 「まだだよ・・誠凛

  僕が手をゆるめるとしたら

  それはキミ達が完全に絶命した時だけだ」


 赤司くんは容赦なし。

 
 必殺技もきかなくなってベンチにいる黒子くんも
 打開策がみつからないままですが
 まだ決勝戦になってから火神くんが
 そこまで目立ってない気がする。
 赤司くん相手にこのまま終わるとも
 思えないのでやはり1年生コンビに期待したい。



第247Q いやだ

 ファウルをとられた日向くんが
 絶対勝たなきゃいけないのにという想いが
 強すぎて冷静さを失って審判に抗議した結果
 テクニカルファウルをとられてしまいました。
 ファウル4つ目。

 キャプテン失格だと言われてもしょうがない場面ですが
 それを責めるものはいない。
 「それほど勝ちたかったのだろう」と他校の緑間くんですら
 わかってくれてる。
 ということで久々に秀徳と海常もようやく
 顔をみせてくれました。

 黄瀬くんに言わせるとまだ最後の希望 火神くんが
 残ってるけどそれも望み薄い。

 火神くんがゾーンにさえ入ればとチームメイトが
 思っても思っている時点でダメなことはみんなも
 知っていること。

 「希望の光はすべて消えた

  誠凛はもう立ち上がれない」

 タイムアウトをとてもうつむくだけの選手たち。
 一度はやめたバスケを誠凛のみんなと
 もう一度はじめたことや萩原くんのことを
 思いだす黒子くんの目から涙が。

 「―いやだ 勝ちたい・・

  ボクは・・!勝ちたい!

  ムリでも・・!不可能でもっ・・・

  みんなと日本一になりたい!!」


 どうやってかそれはわからないけど
 それでもと黒子くんが再びコートへ。

 大差がついたときにバスケットほどつまらない
 スポーツはない、だがそれはここで終わればの話・・
 ということでこのあと大逆転劇ですか。 
 どうやって、の部分がみどころ。


第248Q まだゆずる気はありません

 黒子くんがでてきて驚く観客たち。
 元祖トリックススターという呼び名が・・。

 とまどのは洛山の選手たちも同じ。
 赤司くんも勝算があるつもりなら楽観的にも
 ほどがあると冷たい言葉ですが

 「勝ちたいから戦う それだけです

  結果がどうだろうと

  最後の最後まで ボクは逃げません・・!」


 と黒子くんは強い決意。

 黒子くんが黛くんにつき
 黛くんが黒子くんを簡単に抜き去り
 一度目は火神くんがとめたものの
 その後は連続シュート。
 どうせシュートを打たれるなら一番外れそうな奴に・・
 ということではなさそうだけど・・。

 「あえて言わせてもらうぜ

  旧型のシックスマンくん

  旧型(おまえ)じゃ新型(オレ)に勝てねぇよ」

 新型と旧型・・。

 高尾くんの同族嫌悪という言葉を思い出す黒子くん。

 「幻のシックスマンという呼び名

  悪いんですが 

  まだゆずる気はありません」


 そして次の瞬間消えた黒子くん。

 『お前・・いったい 何をした―!?』


 ギャラリーのみなさんの解説求む・・!

 黒子くんと誠凛の反撃楽しみ〜。


第249Q  こっからだぜ

 再び消えた黒子くんの技のからくりは
 キセキのメンバーが解説してくれました。

 黛くんを目立つようにしむけ大きな光とし
 自分が再び見失いやすくなるようにわざと
 抜かれ続け上書きした黒子くん。
 旧型より高性能だからこそ掘らされた
 新型の墓穴だという緑間くん。

 さらにミスディレクションの誘導のパターンを
 かえたと説明する黄瀬くん。

 でもそれだけじゃ勝てないという紫原くん。

 黒子くんのがんばりのほかに
 リコが頼るのは火神くん。
 赤司くんに対抗しうるのは火神くんだけ。

 立ち上がった黒子くんから力をもらった
 火神くんも期待にこたえる気満々。

 「勝負だ!!赤司ぃ!!」

 赤司くんはそう簡単にはやられないと思うけど
 本気になった火神くんはその上をいくか。



第250Q 覚悟の重さ

 
 再びゾーンに入った火神くんに
 誠凛みんなの思いが託される!

 前半は赤司くんにきかなかったゾーンが
 今度は違う。すごく遠い離れた場所からでも
 赤司くんが動けない。
 青峰くんによるとゾーンが深くなってるそうで
 アレックスも武者震いするくらい。

 でもまだ上書き完了してない黛くんに
 小金井くんの地味な大活躍?w

 黒子くんにつかれた黛くんは
 抜かないつもりだったのにうまく誘導されてしまい
 影に徹することができず。
  
 性能では勝ってもシックスマンとしてのキャリアと
 シックスマンとしてチームのために戦う意志 
 影である覚悟の重さが黒子くんには絶対勝てない。
 
 影に徹する黒子くん復活。
 やっぱり光と影で活躍するんだね〜。


第251Q まだ必要だ

 黒子くん復活と火神くんの活躍。
 光と影の力で誠凛の追い上げがはじまり19点差。

 ここで洛山がタイムアウト。

 罠にはまってまんまと黒子くんの上書きを成功させた
 黛くんにチームメイトが冷たく厳しい。
 本人も手のひら返しに反論する気もなく交代に不満も
 ないけど赤司くんは違う考えのよう。

 誠凛ベンチではみんなが他の人のセリフパクり祭りで
 仲間をせめるような人は誰もいない。

 そのままでてきた黛くんをみてみな驚きますが
 黛くんの力が必要だといってくれた赤司くんは
 黛くんをパスを通す道具として利用しただけ。

 非情な赤司くん。
 黛くんの精神状態が大丈夫なのか
 不安になってしまう。


第252Q ラクダが言いました

 復活した黒子くんをきっかけに息をふきかえした誠凛。
 でもとったらむこうもまた点をとりかえし差は縮まらない。

 赤司くんの黛くんの使い方はみているものにも
 非情と感じさせるものでコートに立つ黛くんの目は
 うつろにみえる。

 縮まらない差をつめていくには2年生が五将をとめるしかない 
 と必死に声援をおくる土田君。
 黛くんへの洛山の扱いをみて負けたくないという伊月くんは
 葉山くんのライトニングドリブルをとめるのに成功。 
 試合中に化けるという現象が伊月くんにおきたようで
 ダジャレも繰り出す。
 サブタイトル、なんでラクダなのか不思議だったけど納得。
 
 このダジャレにわらってくれる葉山くん、いい人?

 でも伊月くんを認めた葉山君がさらに力をだして
 4本の上をいく5本で抜きにきました。
 簡単に抜かれるか伊月くんがさらなる成長をみせられるか。
 木吉くんも根武谷くんにやられっぱなしってことはないよね。


第253Q 任せてくれ

 本気の葉山くん相手に落ち着きをみせる伊月くん。
 5本で抜かれてもあきらめないどころか
 火神くんでも苦戦するような相手に本気を出させたことが
 うれしくてこんなときでもワクワクしてると
 葉山くんを止める気満々。

 再び抜かれるものの弐度目は葉山くんをしっかり
 観察して対処法を考える伊月くん。

 そして三度目の正直?

 試合の間にどんどん進化する選手たち。



第254Q 敵わない

 葉山君をとめようとする伊月くん。
 抜かれたあとには黒子くんがいて
 そのあとさらにイーグルスピアも仕掛けますが
 それもダメ。
 でも葉山君の勝ちにみえたけどそれは罠。

 猛獣危険の立入禁止区域内(ヒドイw)に誘導され
 猛獣・火神くんがブロック!
 そのあと素早くパスをつなぎレオ姉も葉山君もかわして
 火神くんのアリウープが決まり館内にどよめきが。

 DFもOFもイーグルアイで状況把握して
 何手も先をよんでいた伊月君。
 実力は葉山君の方が上でも勝てないわけじゃない。

 「お前がオレより賢くなくて助かったよ」

 さらっとdisってるww

 むきになった葉山君が勢いで黛くんにパスし
 そこを黒子くんがボールを奪ってまたまた得点。
 誠凛がのってきました。

 第3Qのあと2分半ほどで点差は16点。
 洛山がこのままやられっぱなしってことはないだろうし。

(ジャンプH26年9号〜17号)



NG

 3位決定戦スルーされたことに言及してるw
 
 黒子くんより目立つ黛くん
 
 目の光の線てビームなの?

 レオ姉は鼻がたれても美人さん

 絶対ラクダにうけたと思ったよね?伊月くん!!
 キタコレだったよね!w

 火神菌だの火神タイガーだの・・


人気投票結果も掲載

 桜井くんの作ったキャラ弁


番外編

 胸 大事・・


2014.07.04 Friday 08:43 | comments(5) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ SQ. (スクエア) 2014年 08月号 新テニスの王子様の感想 | main | ペルソナ4 ザ・ゴールデン 放送直前SP【True End Episode】 >>
ミチコ (2014/07/07 12:57 PM)
コメント内容honeyさん 黒バス 第3期の放送が来年に放送することが決まりました!!ますます 楽しみですね。

今日は緑間真太郎の誕生日です!!ネットでも真ちゃんの誕生日 盛り上がってますね。私も2年前に緑間くんと高尾くんが好きになっちゃて、もちろん チャリアコンビも大好きですよ!!第3期では二人の活躍が見られるのが楽しみです。真ちゃん お誕生日おめでとうなのだよ!
ミチコ (2014/07/07 11:34 PM)
honeyさん まだですか?
honey (2014/07/08 8:27 AM)
ミチコさん、こんにちは。
おくれてすいません。

緑間くんの誕生日盛大にお祝いされてましたね。
おめでとうございます。
ミチコ (2014/08/25 6:06 PM)
honeyさん こんばんは、今日発売したジャンプで黒バス 凄かった見たいですね、そして 黒子のバスケ 第2期の再放送が決まりました。

TOKYO MX 10/7(火)23時
BS11 10/2(木)24時30分と10/7(火)毎週火曜24時

今回の放送は第37Q〜第50Qまでを再放送予定です。まさかの第37Qからの放送ですが私は26Qから再放送すると思っていました・・・、もしかして 来年の1月にするのかな?まあ 今後の情報を待ちます。
honey (2014/08/25 8:00 PM)
ミチコさん、こんばんは。

連載おわりそうな雰囲気ですが
どうなるでしょうね。

再放送どうせなら全部すればいいのに。