<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! 第18話「背中の護り」

第18話「背中の護り」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


このままいくとたぶん1セット目はとれるけど
突き放すには・・。

日向くんの速攻にはブロックが2枚。

烏野が伊達工相手にいい勝負をしていることに
驚きをかくせない道宮さん。



トスを呼ぶ日向くん。
でも決めたのは旭さん。
1セット目を烏野がとり
険しい顔をしている青根くん。

青根くんたちの速攻に青根くんたちが
おいついてきているため2セット目は
ローテーションをまわして青根くんとずらして
マークをなるべく減らすことに。
でもそのぶん他の人のマークがふえるというコーチに

「日向にばかりも頼っていられないです。

 日向が生きてこそ 俺たちも生きる。

 ちゃんと エースらしい働き 

 してみせます。」


という旭さん。

ノヤさんと田中君は大感激。

「旭さん カッケーッす!」

大地さんは親戚のおじさんみたいなコメントw

日向君も前にいる間にたくさん点をとって
最強の囮をやるとやる気十分。

2セット目も飄々とした態度の月島君。
派手に暴れるのは日向くんの役目で
日向くんが後衛にさがってる間、無難にしのぐのが
僕の役目とあいかわらずのクールさ。

「それにどう考えても

 向こうのブロックは東峰さんをロックオンですよ」

二口くんと青根くんは普段は問題児だぁら
試合でくらいいい後輩いなくちゃと
いっそう気合いのはいったブロック。

日向くんの囮につられながら旭さんにおいつき
最初から旭さんに3人ついたときはブロック。

日向君が前衛にあがりトスをよび
速攻になるとやはりとめられない。
田中くん、旭さんと続けて得点するとタイム。

烏野の速攻に目が慣れてきて3セット目にいくと
烏野は不利。10番がいない間どうせめるかと
みている城西の監督。

タイムがおわりコートに戻った後
さっきのツッキーの発言をまた持ち出す旭さん。

伊達工相手に無難にしのぐことができるっていうのも
そうとうすごいこと。
攻撃の要の日向・影山が使えない間を凌ぐのも大事。

「今 俺達がここを凌ぐことが

 勝ちにつながっているんだ」

『苦しい場面でボールが集まるのがエース。

 たとえ鉄壁だろうが ぶち抜く!!』


でも青根くんたちにブロックされてしまいました。

『ここを凌げるか 烏野のエース』

ブロックされても心は折れない旭さん。
さらに旭さんとツッキーでむこうをブロック!

青根くんが後衛にさがり
日向君が前衛にあがってきてまたまた速攻。
会場の視線も集まる。
でも伊達工も負けじとやりかえす。

日向くん囮で旭さんがスパイク。
あと1本でマッチポイント、

鎌先くんの鉄壁でブロックされ
青根くんがまた前に。

日向くんのスパイクが手にあたったものの
そのまま下におちてマッチポイント。

青根くんをはげます茂庭くん。

日向くんは後衛で伊達工はブロックの一番強いパターン。

サーブミスであやまる日向くん。
伊達工があと2点とったらデュース。
10番がいない状態でデュースになったら
烏野がやばいんじゃないかという声がありますが
日向くんは前衛に旭さんがいるからと信頼。
スガさんと道宮さんも旭さんに希望をたくす。

「エースがいるから 大丈夫!!」



『ラスト1本さえきめられずに

 何がエースだ!』


「一回倒したスパイカーひとりとめらんなくて

 鉄壁なんて名乗れねえ!」

旭さんがブロックされたボールを
ノヤさんがナイスプレーでひろい
もう一度旭さんが跳んだのをまたブロック。

『間に合わない・・』とおもったときに

とっさに足を出すノヤさん!!

かっこいい!!!!


観客も大歓声!!

「もう1回!!!」

「西谷 ナイスフォロー!!」

『戻れ すぐ戻れ!

 十分な助走距離の確保を 

 全力のジャンプを

 何回でも 何回でも 何回でも!!

 思考を止めるな!

 足を止めるな!

 気持ちをきらせば ボールは落ちるぞ!』


「影山カバー!」

「はい!」

「もう一回!もう一回!」

と叫ぶスガさんの声!

「きまるまでだ!!」 

と旭さんの声!
それをきいて、スガさんからきいた
旭さんの得意なコースを思い出す影山くん。

「旭が得意なのは ネットから少し離した・・」

『少し高めのトス』

旭さんにトスをあげる影山くん。

「あれ?影山くん また・・」

と驚く先生に

「いいんだ」

というコーチ。

「これが今のベストだ。先生。」

「行け!旭!」

「ぶちぬけ!」

「行け!」

「行け〜〜!!」

扉をひらいた!!
ブロックにあたったものの
むこうのコートにインで烏野勝利。

吠える旭さん!!

後輩ふたりの肩をたたく茂庭くん。

最後に日向君に握手を求める青根くん。
ふたりしっかりと握手!!

旭さんに感激を伝える日向君。
日本語になってないw

「俺はエースだけど

 おまえらはヒーローだな」


と言ってもらえて日向くん感激。
ノヤさんもいい笑顔!!

春高予選でリベンジしましょうという二口くんたちに
三年は引退だという茂庭くん。

「お前たちは強い。」

うちはいちおう強豪だといわれてるけど
今の三年の代はハズレだといわれていて
でも青根くんたちのおかげで鉄壁の名に恥じない
チームでいられた。

「だから お前たちが3年のときは

 春高まで残れ。

 今から新しいチームで体制ととのえて

 今年の予選で勝てなくても 来年

 青葉城西も 白鳥沢も 烏野も

 全部押さえつけて 全国行け!」


いい先輩・・!!

道宮さんも旭さんスガさん大地さんに
おめでとうの声。

「リベンジ できたね」

「おう!まだまだ勝つぞ!」

3人はこぶしをかかげて宣言。

さっきの「今のベスト」という発言の意味を
コーチにたずねる先生。

「レシーブが乱されて 思うような攻撃ができないとき

 どうしたってボールは

 エースのポジションのレフトに集まってくる。

 その いわば 攻撃の最後の砦には

 自分の手で あの壁から点をもぎ取ったと

 実感してじょしかった。」

「なるほど。

 次のプレーの自信につながるわけですね。」

「特に東峰は 前にも伊達工にも

 こっぴどくやられたみたいだしなぁ。

 でも もう大丈夫だろ。

 囮なしでも 鉄壁相手に 怯まず戦えた。

 それに 自分にトスがあがるっていうのは

 スパイカーにとって それだけで誇りだ。

 自分はまだセッターの信頼を勝ち得ているという
 
 何よりの証拠だから。

 ふたりのセッターにトスを託されたんだから

 自信をもてないわけないよな。」

日向くんと影山くんの速攻のつかいわけのサインは
スガさんにおしえてもらったもの。
ツッキーに脳みそ筋肉と言われても言い返せないw

でも自分のトスで勝てたらよかったと思うと
大地さんにだけ本音をもらすスガさん。

「よかった。

 お前がまだ戦うつもりでいてくれて

 よかった。

 明日も試合だ。勝ち残るぞ。」


「おお。」

そこにきこえてきた女子の黄色い声。
及川さんの応援。

「王者も ダークホースも

 全部くって全国にいくのは

 俺たちだよ。」




最後にでてきてがっつりもっていく大王さま。
次はいよいよ城西と!

伊達工の試合もみごたえありました。
青根くんたちが次にあうときはさらなる強敵に。

自信をとりもどしたエース旭さんが素晴らしかったのは
もちろんですがエースのトスのかげに背中の護りあり!!
ノヤさんの驚異的な運動神経!!
スローになってからのとっさに出た足でのレシーブ!!
鳥肌たちました。

あんな頼もしい人が背中にいるなんて
本当に心強い。まさに烏野の守護神。
 
 
日向翔陽   村瀬歩
影山飛雄   石川界人
澤村大地   日野聡
菅原孝支   入野自由
田中龍之介  林勇
東峰 旭   細谷佳正
西谷 夕   岡本信彦
月島 蛍   内山昴輝
山口 忠   斎藤壮馬
縁下 力   増田俊樹
清水潔子  名塚佳織
武田一鉄  神谷浩史
鳥養繁心  田中一成
嶋田 誠   前野智昭














2014.08.04 Monday 15:02 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ジャンプ36号感想 | main | 新テニスの王子様 13巻 >>









ハイキュー!! 第18話「背中の護り」
ハイキュー!!の第18話を見ました。 第18話 背中の護り 日向と影山の『変人速攻』を軸に1セット目を決めて伊達工をリードする烏野だが、伊達工のブロックも変人速攻に慣れてきた青根を中心に烏野の攻撃に対応し始める。 「日向に頼ってばかりもいられないで
| MAGI☆の日記 | 2014/08/06 9:18 PM |