<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アオハライド 第6話

第6話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


『悠里が 洸のことを・・・』

翌日、学校にいく途中で悠里にばったり。
昨日のメールをすぐに返せなくてごめんねと
あやまると、悠里もちょっと気にしていたらしい。

「それか もしかしたら

 双葉ちゃんも

 馬渕君のこと 好きなのかと・・」


「まさか!ありえないし!!」

と反射的にいってしまう双葉。

『あぁ・・また 

こんなこといっちゃって・・』


ここでちゃんと言っておかないとなのに
悠里が安心した顔をしててもう撤回できない。

『だ・・大丈夫。

 洸のこと 好きにならなきゃいいんだよ。

 洸のことが 好きかもって思ったのとか

 ただの気の迷いかもしんないし。

 ふだんそっけないやつが ちょっとやさしいと

 めっちゃいいやつに思えちゃう あの法則だよ。

 あのくらいのやさしいやつなら

 世の中 けっこういるつーの。

 洸なんか 別に特別じゃ・・・

 ないからな!』


昇降口で洸にあって動揺して指差ししてしまう双葉と
洸をみて赤くなるバレバレな悠里。

『恋をした悠里は すごくかわい。』

お昼を食べながら修子にも報告。

中学の頃の洸はどんなかんじだった?と
目をきらきらさせてたずねる悠里。

中学のときはさわやかでかっこよかったと
ほめたあとに今の洸はすかしてると言ったのを
洸がきいてて双葉にからむw

洸は悠里は女の子扱いだけど
双葉には違う。

小湊くんは修子が気になってるけど
まったく相手にされてない・・。

体育の時間。
はばとびのとびかたもぶりっこといったら
ぶりっこ・・でもこれが地なのか、悠里。

洸にみとれながら双葉に洸のことを
あれこれ質問攻め。

修子は校舎にいる先生が気になる。

悠里は少し前から洸のことはいいなと思ってたけど
あの森で川を渡らせてもらったときに
好きになったらしい。
そんな話をする悠里をかわいいと思う双葉。

放課後、帰ろうとしていたら
学級委員はリーダーズ研修のレポートを書いて
提出しておくようにと言われ、うらやましがる悠里。
自分がやっておくからいいと双葉がいっても
洸も双葉ひとりにおしつけるようなことはせず
用事のある悠里が帰って、洸と双葉ふたりきり。


『なんか 緊張する。

 昨日までは こんなことなかったのになあ。

 洸の わりときれいな字とか

 骨ばった手とか 肩とか

 前髪の隙間から 少しだけみえる目とか・・

 いちいち・・・いちいち緊張する。

 これは まずい。

 悠里の 好きな人なんだってば。』


自分のほうが先に好きになってたのに・・・。


洸と目があった双葉。
でも色っぽい展開にはならず
ちゃんとやれよときびしい洸・・。

田中先生が顔を出して、最後に一言。

「洸は別に むっつりじゃないよな」

背中に「ムッツリ」と書いたバンソーコーが
はってありました。
小湊くんの逆襲w

バンソーコーをとってと顔を頭にふせる洸。

『ちぇっ やっぱ ずるいよなあ。

 超かわいい このえりあし。』


「嗅ぐなよ。

 おまえってちょいちょい嗅いでるよな。

 なんなのそれ?」

オリエンテーリングのときとか
おぶったときとか、宿のロビーとか。

うろたえて否定する双葉。

「あと・・」

「もうないよ!他はない!!」

「ドロケーのときな」

洸、やっぱずるい!!!!
双葉、気持ちもっていかれまくり。

『バレてた』

と動揺しまくり。

『どうしよう やばい
 
 洸にドキッとするたびに

 悠里の顔が浮かぶ。』


修子と帰った悠里は
洸と双葉のことが気になってるようで
修子に意見をきいてみますが
修子はそっけない。

「誰かを好きになると うきうきするけど

 つらいこともあるよね。」

洸と双葉も仕事がおわって帰ることに。

『これ以上 

洸とふたりっきりでいたら・・』


プリントは自分が出しておくからと
洸とわかれました。

『絶対にやばい。

 ひきかえせなくなっちゃう』


職員室に届けてから帰ろうとすると
昇降口で洸が待ってた!!

『なんで・・・』

「洸 どうしたの?」

「どうしてって 待ってたんだけど」

先に帰ってていいよという意味が
待っててと伝わったようで。

「つか 同じ駅なのに それ 不自然じゃね?」

「そっか。」

「ま いいじゃん。

 帰るぞ。」

この顔はやばい。惚れる。

『こんなの 

絶対好きになっちゃう。』


二人で帰る洸と双葉。

『でも 悠里・・・

 友達と

 同じ人を好きになっちゃったら

 どうすればいいの?

 こんな気持ちになるなら

 洸のこと 好きになりたくない。

 でも 好きでいたい。

 でも・・でも・・でも!』


駅につきました。

『もういっそ 

誰かにどっちにするか

 決めてもらいたいくらいだよ。』


電車に乗り込む前に忘れ物をしたという双葉。

『もし このまま 

洸がおりなかったら

 好きをやめる。

 もし降りたら 好きでいる。

 降りなかったら やめる。

 降りたら やめない。

 降りなかったら やめる。

 降りたら やめない。

 降りなかったら やめる。

 降りたら やめない。

 降りなかったら・・

 降りて!!』


電車は出発。

そして洸は行ってしまったと思ったら・・・

目の前にいた!!!!

学校に戻るかといって歩きだす洸。

『私は うそつきだな。

 どうすればいいだろうなんて』


「吉岡?」

「ごめん。忘れ物してなかった。」

『悩んでるふりして

 本当は どうしたいか決まってたんじゃん。』


「吉岡?

 どうした?具合悪い?」

『それに こういうとき

 洸なら降りるって思ってた。

 悠里 ごめん。

 私も・・私も・・

 洸が好き。』




障害があればあるほど燃えるらしいので
悠里が好きといったことでいっそう自分の気持ちを
再確認することになってしまったのでは。
双葉は中一のときも、再会してからも
ずっと洸のこと好きだったんだし。

でもメンドクサイ女子同士!!
こういうのははやいうちに言ってしまわないと
ますますこじれる。




吉岡双葉  内田真礼
馬渕 洸  梶 裕貴
横田悠里  茅野愛衣
村尾修子  小松未可子
小湊亜耶  KENN
田中陽一  平川大輔




アオハライド(11) (マーガレットコミックス)

2014.08.12 Tuesday 13:38 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< HERO 第5話 | main | LADY COOL 2巻 >>









アオハライド #06
アオハライド PAGE.6
| ぐ〜たらにっき | 2014/08/12 8:20 PM |
アニメ「アオハライド」第6話あらすじ感想「...
悠里が洸の事を好きに----------!?ようやく信頼できる友人が出来たと思った。だが、その悠里が洸を?友情か、恋か---------少女マンガ設定になってきたね♪翌朝、悠里に会う事がちょっ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2014/08/12 8:49 PM |
アオハライド 第6話「PAGE.6」 キャプ付感想
友情と恋心に揺れる双葉ちゃん。  苦しいことがあるのも、青春ですね(^^;     悠里は双葉に「洸を好きになった」と打ち明ける。 ようやく手に入れた友情と芽生え始めた恋心の間で、双葉は途方に暮れる。 友達を失いたくない一心で自分の気持ちを抑えよ
| 空 と 夏 の 間 ... | 2014/08/12 9:54 PM |
アオハライド TokyoMX(8/11)#06
PAGE. 6 公式サイトから悠里は双葉に「洸を好きになった」と打ち明ける。 ようやく手に入れた友情と芽生え始めた恋心の間で、双葉は途方に暮れる。 友達を失いたくない一心で自分の気持ちを抑えようとする双葉だったが、 学級委員の仕事で洸と二人っきりになり……。 悠
| ぬる〜くまったりと | 2014/08/12 11:25 PM |