<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ #07

#07



SSS ロックフェス建設予定地の看板をみる蘭丸。
そこにかかってきた電話はバンド仲間から?

蘭丸がロックを封印したと春歌からきき驚くみんな。

アイドルの蘭丸らしい曲にしてくれと春歌に依頼し
ロックを封印して今はカルテットに集中すると
言っていた蘭丸。

バンド時代はベーシストだったそうで
今もときどき部屋で弾いているのに
なぜいきなりロックを封印するのか謎。

好きなことってそんなに簡単に
やめられるものでしょうかと疑問を口にするセシル。
それって翔が男気を封印するようなもの。
みんなに無理だと断言されましたw

蘭丸はロック大大大好きなはず。

ロックじゃない曲を考えながら歩いていた春歌は
蘭丸が電話しているところに通りかかりました。
昔のバンド仲間からの電話で
公園にある野外ステージがSSSのために取り壊される前に
ひと晩かぎりのロックフェスをやりそうで
いっしょにやらないかと誘われているらしい。

でもその日は仕事だからと断ったそうで
カルテットに集中するために
好きな事をあきらめる必要があるのかという春歌。

同時にふたつのことをやれるほど器用じゃないと
言っていってしまう蘭丸。

レンと真斗が部屋に戻ると蘭丸がいて
蘭丸のベースがなくなっていて驚くふたり。

そしていつもよりはりきってレッスンする蘭丸。
ロックを封印したときき嶺二もびっくり。

ロックを封印してレッスンにうちこむ蘭丸を
無理しているんじゃないかと心配するみんな。

朝方にかえってきた林檎と龍也はトレーニング中の
蘭丸とばったり。
蘭丸の様子をみて、
疲れがたまっているんじゃないかと忠告しますが
そのまま走っていってしまいました。

野外ステージの場所まで走っていき
そこにいた野良猫に用意していた煮干しをあたえる蘭丸。
猫がいってしまうとじっとステージをみつめました。

うたたねしながら昔のバンド時代の夢をみて
うなされる蘭丸。
いつかこの場所でライブして観客でいっぱいにしてやろう
といっていたのに、いつまにかメンバーがいない。
うなされていたところに春歌が通りかかってよびかけ
その手を掴んで目をさます春歌。
心配する春歌にも強がる蘭丸。
ロックフェスにも出る気はない。
出なくても急いでいけば少しはみられるかも
ほんとは出たいんじゃないかという春歌。

でも自分で自分が許せないという蘭丸。
もう一度いっしょにやらないかと誘ってくれた仲間。
最後に一度いっしょに演奏したいと言われ
そのときいっしょにステージに立ちたいと思った。
でもそれではダメ。
SSSへのエントリーがきまって
今まで以上にカルテットナイトとしての仕事が増え
これが自分の今立つべきステージ。

バンドが解散したとき、なんでいつもこうなるのか
わからず、無性に悔しいだけだった。
でも誘われて事務所に入り、カルテットナイトになり
みんなと出会い、何がダメだったのかわかった。
だからこそ今度は間違わない。
今いる場所を失わないために。

「俺はアイドルでいるために ロックを

 過去を封印する」

蘭丸の言葉を思い出しながら曲をつくる春歌。
見守っていたレンと真斗も一安心。

出来あがった曲を蘭丸に渡す春歌。

ロックが好きな蘭丸もアイドルの蘭丸もすべて蘭丸。
ロックが好きだからこそ今があるという春歌。
曲をうけとって撮影に入る4人。

それぞれに楽器が用意されていて
蘭丸に用意された楽器はベース・・!

蘭丸の表情がいきいきとしました。

おわったあと嶺二も封筒を手渡ししてくれて
蘭丸は春歌の腕をつかんで
野外ステージへ。

でもステージは終わったあと。
「そんな・・」とショックをうける春歌の頭に
ポンと手をおいて

「黙って・・きいてろ」

とステージに立つ蘭丸。

蘭丸の歌声に観客も戻ってきて
春歌のそばにはレンと真斗も。

湧く観客。猫もいる!

「待ってろ!

 こんどは もっとすげえもんみせてやるぜ!」

『みせてやる。

 そうだ

 これが今の黒崎蘭丸だ!』





ロックを封印して今にうちこむ蘭丸の覚悟。
封印せずともロックを生かしていくのでも
いいような気がしますがどっちもかっこいいからいいか。
まわりの人が心配しながらも信じて見守ってくれてるのが
いいね。





(七海春歌)沢城みゆき
(一十木音也)寺島拓篤
(聖川真斗)鈴村健一
(四ノ宮那月)谷山紀章
(一ノ瀬トキヤ)宮野真守
(神宮寺レン)諏訪部順一
(来栖翔)下野紘
(愛島セシル)鳥海浩輔
(寿嶺二)森久保祥太郎
(黒崎蘭丸)鈴木達央
(美風藍)蒼井翔太
(カミュ)前野智昭
(月宮林檎)中村悠一
(日向龍也)遊佐浩二
(渋谷友千香)今井由香
(シャイニング早乙女)若本規夫





2015.05.18 Monday 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ25号感想 | main | ようこそ、わが家へ 第6話 >>