<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

医師たちの恋愛事情 第8話

第8話



 守田春樹(斎藤工)は、整形外科から転科してきた
岩瀬重雄(岩松了)の担当になり、手術の日程を相談しにいく。
だが岩瀬は、死んでも構わないと言ってなぜか手術を拒む。
同じころ、近藤千鶴(石田ゆり子)も、仕事中毒の
キャリアウーマン・朝倉貴子(MEGUMI)から手術を拒否される。
さらに高橋宗太郎(平山浩行)も、幼い3人の子どもを抱える
シングルマザーでキャバクラ嬢の前川留美(岩佐真悠子)から、
金がないという理由で手術を断られていた。
 別の日、春樹の元恋人・由梨絵(小松彩夏)が退院する。
駅まで春樹に送ってもらうことになった由梨絵は、いまでも
好きだと告白する。一方、河合奈々(相武紗季)は、宗太郎の
息子・悠馬(矢村央希)が骨髄移植を受けなければならないことを
知る。しかし、悠馬と母親の菜穂(上野なつひ)とは
HLA=ヒト白血球抗原が適応せず、いま宗太郎と適合するか
どうかを調べているのだという。泣いている菜穂の姿を
目の当たりにした奈々は、千鶴や市川友子(板谷由夏)に
その複雑な胸の内を告白する。その際、奈々から
春樹との関係を問われた千鶴は、もう止めたと答えるが…。
 岩瀬は、壊死(えし)した右足を切断しなければ命にかかわる
状態だった。改めて岩瀬の説得を試みた春樹は、家族にも
相談してはどうかと話す。しかし岩瀬は、家族なんかいないと
いって背を向けてしまう。そんな中、留美、そして貴子の
容体が相次いで急変し…。




3人が3人とも患者の手術拒否とは。
みんな患者さんのことを思って
自分の仕事を一生懸命やる先生たちなので
その気持ちも通じすべてうまくいきました。

高橋先生はお金まで出してあげてたのは
驚いたけど自分の息子と被ったからなのかな。
経済的な援助措置の書類でも渡すのかと思ったのに。

春樹の母はどうしても息子が家族をもって
子どもをつくってほしいようだけど
春樹のほうは良きパートナー(千鶴先生)といっしょなら
子どもがいなくてもという考えだろうし
そこはお母さんにあきらめてもらうしか。
(もしくは高齢出産?)
自分の命がつながっていく感覚という気持ちはわかるけど
自分の価値観を子どもにおしつけては。

ドロドロな仁志先生と友子先生の話はあいかわらず。
知ってて食事に招く仁志先生の奥さんも
知っててのこのこやってくる友子先生の夫も変!
産んでも渡す気はないんだし、まわりじゅうから
非難されようが病院やめさせられようが
別れるしかないでしょ・・。





2015.05.29 Friday 08:44 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< アイムホーム 第7話 | main | アルジャーノンに花束を 第8話 >>









医師たちの恋愛事情 #08
『3つの運命』
| ぐ〜たらにっき | 2015/05/29 12:39 PM |