<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦う!書店ガール 第9話

第9話



吉祥寺店の存続・閉店が決まる運命の日まで残り一週間。
ラストスパートに向け企画を考えていた亜紀(渡辺麻友)は、
ネットの書き込みからヒントを得て、閉店後も店を開け、
お客さんに泊まってもらったらどうかと提案。宿泊客は
店内の本をいくら読んでもOK、その代わり、最低3冊は
購入してもらおうというのだ。
一方、田代(田辺誠一)に別れを告げた理子(稲森いずみ)は、
万が一の事態になった場合、誰を辞めさせるか頭を悩ませていた。
しかし、そんな理子の様子に気付いた三田(千葉雄大)や
志保(濱田マリ)たちから、閉店が決まったら全員で辞める
覚悟だと告げられ、理子はみんなの想いに胸が熱くなる。
イベントが始まると、訪れた客たちはたっぷり時間があるなかで、
普段は立ち寄らないコーナーまで、店内をじっくり見て回ったり、
思い思いの本を手に取って楽しみ、売上も予想を上回る結果に。
最終日には社長の二郎(山中崇)も店を訪れ、亜紀の案内で
活気づく店内を見て回る。さらに、本社には吉祥寺店を
潰さないでほしいという電話が次々とかかってくる。
そして迎えた運命の日、理子は二郎に呼び出され本社へ向かい、
亜紀や三田たちも、結果が気になって帰れない。やがて
戻ってきた理子の口から告げられたのは…。
結論が出たその夜、わらゆんに集まった書店メンバーたちの
前に田代が現れて…。




リアルな書店の存在意義。
ネット書店にないリアルな本屋さんの楽しさが
充分に伝わってきました。
こんな本屋がいっぱいある都会はいいなあ。

社長の気持ちも動かしたかと思ったのに
目標には届かず吉祥寺店は閉店。
理子をのぞく全員がそのままユニコーン堂へという
後味のよい結果になりました。
こんなにやる気にあふれた本が大好きな書店員たちを
全部クビにしてみすみすとライバル書店に
もっていかれるなんて、ペガサス書房の未来は
やっぱり暗いね。

理子だけはユニコーン堂への誘いもことわり
けじめをつけて退職したあとは
やりたかったこと・・小さな本屋さんを開き
そこで本にかかわる仕事を存分に。
結婚した亜紀もユニコーン堂をやめて
尊敬する理子のもとへ・・。

三田くんの恋の行方にも明るいきざしが
みえてきたようだし、ペガサス書房の上司以外
気持ちのいいラストでした。

どんどん減ってるリアル書店が生き残ろうと思ったら
本当にたいへんなことなのでしょうが
こんな書店員さんたちがいたらきっと大丈夫。






北村亜紀   渡辺麻友(AKB48) 
西岡理子    稲森いずみ    
三田孝彦   千葉雄大 
小幡伸光    大東駿介 
田代敏之   田辺誠一
萩原まみ   鈴木ちなみ 
日下圭一郎  伊野尾慧(Hey! Say! JUMP) 
尾崎志保   濱田マリ
野島孝則   木下ほうか
屋良部守   マキタスポーツ
遠野由香役  木ゆりあ(AKB48)
西岡達人   井上順










2015.06.10 Wednesday 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ #10 | main | Dr.倫太郎 第9話 >>