<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

天皇の料理番 第8話

第8話



パリで3年が経過した頃、篤蔵はフランス料理の
最高峰、オテル・リッツで働いていた。そんな中、
明治天皇崩御の知らせが舞い込む。そして『天皇陛下の料理番』
の要請が来ていることを告げる粟野。
兄・周太郎との約束を想いながら葛藤する篤蔵であるが…
一方日本では、周太郎の容態がますます悪化していた。
死期を悟ったかのような周太郎は… そして俊子もまた
別の道を歩んでいた。吉原の門の奥に消えていく俊子は…





パリ編早い!!
ホテル・リッツにまで勤めるようになった篤蔵に
天皇の料理番の話が!
それも宇佐美さんの強い推薦により・・って
宇佐美さん・・・!!

断る余地もないのかと思えばやはりいろいろあって
迷う篤蔵。パリでもっと自由にやりたいという思いも
あるし、フランソワーズもいるし、
なかなか芽が出ず居候状態の新太郎は
あれこれ言ってひきとめようとするし。

でも自分を信じて、帝国一の料理人になるようにと
フランスへおくりだしてくれた兄やんのためには
これをうけないなんてありえない。
天皇の料理番ということはすなわち帝国一の料理人。
兄が夢枕に立ちもしや・・と大使館に駆けていく篤蔵は
やはり心の底には帰るべきという気持ちがあって
帰国を決意。

フランソワーズにプロポーズもしていっしょに
帰るつもりだったのに、フランソワーズもまた
誰かのためにがんばる自分の夢があって・・
自分も夢をおいかけているので
フランソワーズの夢を応援するしかなく
好きあっていながら別れるしかないふたり。
朝ドラのエリーはマッサンの夢を応援するのが夢、
だったからいいけどこちらはそうじゃないですもんね。

新太郎も素敵な絵がいっぱいのスケッチブックで
フランスから日本におくりだしてくれました。
この人もそのうち成功するといいのに。

そしてあっというまに帰国。

あの楽しいグランシェフのもとで
もっと修行してほしかった気もするけど
痩せこけた兄やんが、篤蔵が天皇の料理番になると
いうのをきいたときの様子をみたら
もうそんなこと言ってられない。
兄やんが生きてるうちにかなってよかった。

宮中は宮中でまたたいへんそうですが
俊子はいったいなんでまた吉原に・・??



秋山篤蔵…佐藤健
高浜俊子…黒木華
秋山周太郎…鈴木亮平
桐塚尚吾…武田鉄矢
田辺祐吉…伊藤英明
竜雲館の女将・お吉…麻生祐未
五百木竹四郎…加藤雅也
高浜金之介…日野陽仁
高浜ハル江…大島さと子
秋山ふき…美保純
秋山周蔵…杉本哲太
宇佐美鎌市…小林薫













2015.06.15 Monday 08:38 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< 黒子のバスケ 第3期 #23 第73Q「諦めませんか」 | main | ジャンプ29号感想 >>









天皇の料理番 第8話
パリでの修行も3年が経過していました。 篤蔵(佐藤健)は、フランス料理の最高峰オテル・リッツで、神様と呼ばれるエスコフィエの元で修行していました。 篤蔵はすっかりフランス語も話せるようになっていて、フランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)も日本
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/06/15 11:37 AM |
天皇の料理番 #08
『パリでの卒業式』
| ぐ〜たらにっき | 2015/06/15 12:29 PM |
「天皇の料理番」 第8話 パリでの卒業式
 明治45年(1912年) 初夏・・・ 『パリに渡ってから3年。 篤蔵さんはメキメキと料理の腕を上げフランス料理界の最高峰 オテル・リッツに転職。 フランス料理界の革命児といわ ...
| トリ猫家族 | 2015/06/15 5:50 PM |
【天皇の料理番】第8話 感想
おいらが一番帰ってほしくないさ! けど、おいら日本人だから… 最高のコックは天皇陛下にお渡ししなきゃなんないんだよ! いいじゃねえか。そこにいるだろ。 フランソワーズはそこにいるだろ! 天皇の料理番 第8話      簡単感想中心で。
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2015/06/15 6:03 PM |
「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人8篤蔵はパリでの功績が認められ天皇陛下の料理番に推挙され周太郎にその雄姿を見せる為要請を受諾した
「天皇の料理番」第8話は篤蔵がパリで修業して3年の月日が経過した。その間篤蔵はフランス料理の最高峰と言われるオテル・リッツの店で修業していた。そんな中で篤蔵の元に明治 ...
| オールマイティにコメンテート | 2015/06/15 8:39 PM |