<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! 17巻

[ マンガ ]
ハイキュー!! 17巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


第145話 極限スイッチ2

 日向くんとスガさんが入り
 絶対に失敗できないサーブをスガさんが。 
 日向くんと影山くんが京谷くんをブロック。
 気迫のこもったシーンが続き
 影山くんのトスに青城がかまえる中
 ツーで決めるという強気なプレイ。

 烏野がマッチポイント。

 は〜〜今回も息をつかせない展開。


第146話 才能とセンス

 スガさんが入ったことで
 より影山くんのプレイが際立つ。
 
 一度限界を感じたらしい及川さんは
 監督のアドバイスにより
 それでもあきらめずに努力して
 ここまで進んできたらしい。
 この努力、報われなきゃ!!

 旭さんの渾身のスパイクをひろわれ
 コート外に出たボールを及川さんが
 超ロングセットアップで岩泉くんにつなぐ。
 ここまでずっとみてきたはずの監督が
 さらに驚くくらいの及川さんの才能開花。

 2人の絆も感じさせるその力のこもったスパイクを
 烏野も拾って繋ぐ!
 
 今回も熱い!!



第147話 真っ向勝負

 
 ついに決着が・・・・。

 どっちも必死で一生懸命に
 ボールを繋いで・・・。

 最後は影山くんのトスから日向くん。
 コースをよまれてブロックの手にあたったボールが
 及川さんの手を経由してコース外へ・・・。

 うううううう。
 烏野おめでとう!!
 青城も熱かったよ・・!!

 及川さん、その才能、大学でも続けて
 全国に見せつけてほしい・・・。


第148話 宣戦布告

 烏野が勝利で決勝進出。
 最後、日向くんにきめさせたことで
 日向くんの今後への自信にもなりそう。

 及川くんと影山くんの先輩後輩の勝負は
 一勝一敗でもまだまだ終わらない。
 
 負けた青城・・本当によくがんばりました。
 どっちが勝ってもおかしくなかった。
 みんな誰も責めてない。
 
 及川くんの前にあらわれたウシワカ!
 取るに足らないプライドのために
 白鳥沢に入らず道を間違ったという牛島くんですが
 及川さんに後悔はひとつもなく
 及川さんのバレーもまだ終わっていない。
 きっとこの先も続けてくれる・・!

 そして後輩とカラスたちの強さを忠告してあげました。
 
 とうとうここまできたか〜〜。
 あの青城が一度も勝てなかった最強なイメージしか
 ないけどすぐ決勝なのかな。


第149話 出会いの化学変化

 
  試合後、学校へ戻るバスの中ではみんな爆睡。
  一度、地に落ちた烏野には練習試合の相手も
  いなかったのに先生のふんばりで合宿できたりしたことを
  感謝するコーチ。

  そしてしばらく前のことを夢にみている大地さん。
  スガさん、旭さん、大地さんが入部したときのこと。
  当時の主将 田代さんが全国優勝という目標を
  かかげますが、コーチも監督も不在なうえ
  鵜養監督がいなくなったあとは他校との練習試合も
  ままならず。それでもやれることをやって頑張ってきたけど
  IH予選は二回戦敗退で3年生は引退。
  チャンスがきたら掴めという言葉を残した主将。

  その後、鵜養監督が復帰・・・。

  夢からめざめた大地さんはあらためてみんなに
  「狙うのは全国大会優勝だ」と宣言。

  「それ以外に何かあんスか」とかえす影山くん・・・。

  みんなの思いも同じ。
  今はチャンスが訪れている瞬間だと思う大地さん。

  決勝を前に白鳥沢は県内で最も
  未完成なチームだというコーチ。


  何それ?常に進化中ってこと??
  2つ上くらいの先輩たちなら
  準決勝あたりからみにきてくれてもいいのにな〜。
  遠くの大学とか行ってるのかな。


第150話 ごあいさつ

 
 県大会の決勝戦当日。
 
 女子部のみなさんも応援に。
 道宮さんが大地さんに御守りを渡すだけで
 精いっぱい。でもたぶん大地さんに通じてない。

 日向くんの中学時代のバレー仲間(バスケ部にサッカー部)の
 友だちもきてくれて影山くんがいるのにびっくりしながらも
 仲間に囲まれた日向くんをみてよかったなあと思ってそう。
 いい友達・・。

 観客席で烏野の悪口を言ってたおじさんは
 昔から烏野贔屓のようで罵声も浴びせるけど
 良いプレーには歓声をおくるそうなので
 ここは気持ちよく声援をおくってもらえるような
 試合をするしかない。

 商店街とOBの応援団のまえには
 にぎやかな白鳥沢の大応援団。
 メンタル弱すぎな烏野の一部選手たちに 
 白鳥沢のチアガールがうらやましくてしかたない
 ノヤっさんたち・・。
 烏野には美人マネがいるじゃないの。

 ツッキー兄もこっそり応援にきてはやくもバレバレ。

 白鳥沢が入場するとあたりがざわめくくらいの
 貫録のウシワカ。
 個々の強い力の足し算をするような攻撃。
 ウシワカが最強でもたぶん他のメンバーも精鋭。

 観客の見方も烏野が「弱いほう」になってるけど
 そんなムードをふっとばすべく影山日向コンビの
 すごいところをみせつけてくれました。

 試合楽しみーーー。


第151話 決勝初心者

 今まで謎だったウシワカ以外のメンバーも
 ついに登場。
 ウシワカのそばにはやっぱり弁慶なのか。
 でも名前はレオン。
 オール3年じゃなく2年も1年もまんべんなくいるうえに
 1年の五色くんはウシワカ相手にエースを奪う宣言を
 するくらいの自信とやる気の持ち主。

 烏野はやはり固い!
 大地さんのサーブがアウトで
 ネットインしたむこうのサーブを
 田中先輩と旭さんがお見合い。
 ベンチから吠えるスガさんのおかげで
 ちょっとだけ空気かわった?
 
 牛島くんのスパイク、ノヤっさんが
 きれいに返すのかと思ったのに場外へ・・。

 強い!白鳥沢。


第152話  “左”の脅威

 
 ウシワカのすごさをみせつけられます。
 ノヤッさんでも拾えないスパイク。

 でも「3本ください」という言葉には
 頼もしさを感じる。

 左利きのスーパーエース ウシワカ。
 ブロックはうまく機能せず、それでも
 壁はあると主張し続けろというコーチ。

 点差はひろがりつつあるけど
 烏野にはノヤっさんあり!!だから
 次はきっと拾えるはず。


第153話 3本目

 
 ウシワカの威力は黒尾くんもみとめるもの。
 100点の価値がある1点の話もクールに
 きいていたツッキー。
 試合の中で冷静。

 ウシワカのサーブもすごく10点差になりそうな中
 もう1セット目落とすのはしかたないとツッキーが
 考えている中、闘志を失わないやる気満々の
 ノヤっさんの表情に気づくツッキー。

 ノヤっさん、やってくれました!!!


番外編


 敗北した青葉城西の様子が・・。
 これは泣ける。

 絶対この先もバレー続けて!








2015.08.04 Tuesday 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< NARUTO―ナルト― 外伝 〜七代目火影と緋色の花つ月〜 | main | デュラララ!!×2 転 #17「寝ても覚めても」 >>