<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

HEAT 第5話

第5話



ついに日比野(稲垣吾郎)が再開発プロジェクトの
最終候補地を決定。タツヤ(AKIRA)と濱田(田中圭)の争いに
決着がつく。負けた一方は、勝者のチームのサポートに加わり、
決定した候補地との折衝をともに進めることに。
その指示の裏には、なにか思惑があるようで…。
プロジェクトが本格始動し、仕事に追われるタツヤ。
エリ(菜々緒)から、「もう消防団の活動を続ける必要はない」
と言われ、日比野からも「消防団をまだ続けるつもりなのか」
と問われて退団の潮時だと悟るが、辞めることを迷っている
自分に気づいて戸惑う。
そのころ、第十一分団のメンバーは夏祭りの準備に
大ハリキリ。出店する露天商たちへの指導や当日の
見回りなどを任されている夏祭りは、消防団の活動の中で
も一、二を争うほど忙しくなる一大イベント。タツヤも加わり、
頼もしいと喜ぶ咲良(栗山千明)に、タツヤは退団を切り出すことが
できない。
そんなある日エリが咲良を訪ねてきた。エリは消防団の活動が
タツヤの本業に支障をきたし、負担を強いていると告げ、
「彼を解放してもらえませんか?」と辞めさせるよう咲良に
詰め寄る。この言葉にショックを受けた咲良は、タツヤに
退団を勧め、タツヤも夏祭りを最後に辞めることを決意。
複雑な思いを抱えたまま、当日を迎える。 互いの思いが
交錯する夏祭りがいよいよ始まる中、タツヤたちが
想像していなかったトラブルが起きてしまうー。




プロジェクトの候補地が幸多市にきまり
もう消防団に参加しなくてもよくなっているのに
やめたくないタツヤ。
夏祭りもそれは楽しそうでした。

タツヤがここへきてから町や人々が変わったように感じると
咲良に言われましたが変わったのは自分だと、
自分で認めるくらいになっていて本当に前とは別人。
このまま町の人のためになる住みやすい町を
つくってくれたら文句なしですが
そんな簡単にはいかないか。

変わってしまったタツヤをエリがよく思わなかったり
ライバル濱田が市長に接触したりで
まだまだ波乱がありそうですが。



AKIRA  栗山千明  佐藤隆太  田中圭  菜々緒  工藤阿須加 
鈴木伸之  吉沢亮  井出卓也  小芝風花  ・  堀内敬子 
正名僕蔵  菅原大吉  稲垣吾郎



2015.08.05 Wednesday 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< デュラララ!!×2 転 #17「寝ても覚めても」 | main | 銀魂―ぎんたま― 60巻 >>