<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リスクの神様 第4話

第4話



 サンライズ物産のグループ企業である波丘樹脂の
工業薬品倉庫で火災が発生した。西行寺(堤真一)は、
サンライズ物産社長・坂手(吉田鋼太郎)の指示で、
かおり(戸田恵梨香)、結城(森田剛)とともに現地に向かった。
西行寺らを出迎えた波丘樹脂社長の塚原(浅野和之)は、
特殊な薬品を扱っているため専門知識が必要であることを
理由に、対応は自分たちに任せてほしいと告げる。
マスコミ対応も、塚原自身が行うという。実は塚原は、
過去に会社の危機を何度も救い、危機対策のプロという
異名を持つ人物だった。
 消防署による現場検証の結果、出火の原因は
出入り業者によるタバコの火の不始末であることが判明した。
倉庫近くの河川へ薬品が流出した可能性もあるため、塚原は、
倉庫内の薬品に関するデータはすべて公表し、川の水が
流れ込む湾内の漁業停止および遊泳禁止を依頼するとともに、
水質検査の実施も行うと発表する。
 そんななか、西行寺らは遊泳禁止のはずの波丘湾で
泳いでいた子どものひとりが浜辺で倒れているのを発見し、
病院に運ぶ。倒れていたのは波丘樹脂工場で働く
有田俊介(坂田聡)と水産加工場で働く水江(西尾まり)夫妻の
息子・剛(藤本哉汰)。海岸には、子どもたちが貝や魚をたき火で
焼いて食べたあとも残っていた。医師による診察の結果、
剛は軽い食中毒とのことだった。西行寺は、念のため
市の保健所に剛たちが食べた貝の検査を依頼するが…。





危機管理のプロといいながらあの社長のは
みせかけだけのもの。むしろそれを利用して
出世していったとか。
地域の人たちの安全のことなんかかけらも考えてないし
それって結局会社のことも考えてないことに。

本当の危機管理のプロ リスクの神様 西行寺は
そのへんが全然違う。会社のための危機管理でありながら
ちゃんと町の人たちも救ってくれるというプロの腕を
みせてくれました。

過去の父親の事件はそうとう西行寺に影響を
与えているようなので関係者勢揃いのこの会社に
戻ってきて過去の清算をしたいのでしょうかね。



西行寺智: 堤真一  神狩かおり: 戸田恵梨香  結城実: 
森田剛  種子島敏夫: 古田新太  財部栄一: 志賀廣太郎 
橘由香: 山口紗弥加 原田清志: 満島真之介  天童徳馬: 
平幹二朗  関口孝雄: 田中泯

坂手光輝: 吉田鋼太郎  白川誠一郎: 小日向文世  ほか


2015.08.06 Thursday 08:33 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話「イタリカ攻防戦」 | main | 37.5℃の涙 第5話 >>









リスクの神様 第4話★水質汚染
リスクの神様 第4話 「サンライズ物産」傘下の「波丘樹脂」の工業薬品倉庫から出火。現地に飛んだ西行寺(堤真一)、かおり(戸田恵梨香)、結城(森田剛)に対し、社長の塚原(浅野和之)は自身が対応に当たると申し出る。塚原は過去に2回も会社の窮地を救い、‘危機
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/08/06 11:57 AM |
リスクの神様 #04
『汚染から海を救え!危機対策に潜む罠!』
| ぐ〜たらにっき | 2015/08/06 12:32 PM |