<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

HEAT 第6話

 第6話



消防団の活動を続けながら再開発プロジェクトの仕事を
進める決意をしたタツヤ(AKIRA)。再開発に賛成する
地権者を着々と増やす中、かたくなに反対を貫く地権者
・菅井武雄(斉木しげる)に頭を悩ませていた。
一方、就活中の大学生団員・松山(吉沢亮)は、面接で
消防団の活動をアピールするが不採用ばかり。
イライラを募らせる松山は、第十一分団のメンバーに
八つ当たりし、会社で成績不振にあえぐ鳴海(正名僕蔵)に
「鳴海さんみたいになりたくない」と言い放つ。
翌日、第十一分団と幸多消防署の合同訓練が行われたが、
松山のやる気のない態度に等々力(鈴木伸之)が憤慨。
「就活に有利って聞いたから入ったのに。全然役に立たない」
と消防団をバカにする松山につかみかかり、2人は大ゲンカに。
その揚げ句、「就活に集中したい」と団の活動を休むと
言い出した松山を、咲良(栗山千明)は複雑な思いで送り出す。
同じ頃、菅井に手を焼いていたタツヤはエリ(菜々緒)に
相談しようとするが、エリは電話に出ようとしない。
そして、タツヤと力を合わせてプロジェクトを進めるはずの
濱田(田中圭)にもあやしい動きが…。
そんな折、鳴海が取引先との商談をすっぽかし、リストラの
危機に追い込まれてしまった。幸多市にある会社を
クビになれば、消防団も続けられなくなる鳴海を案じる
第十一分団の面々。そんな咲良らに追い打ちをかけるように、
松山も団を辞めると言い出して…。






営業成績が悪くリストラされそうな鳴海さんも
就活で内定がとれない松山くんも
人として大事なものは持ってる。
ちゃんと見る目のある人が評価してくれると
いいんだけど。
まあ人を助ける心を持ってるからって
営業に結びつくかというと難しいですが
タツヤが苦戦してた地主さんも鳴海さんの
とりなしでなんとかなったことですし
みてくれてる人はちゃんといると思いたい。

松山くんもただ就職に有利だからと軽い気持ちで
参加していたのが、今回のことでひとつ成長したし
これからの就活ではそれが生きてくるはず。

すっかりいい人になったタツヤは
いきいきと仕事に消防団にと頑張っていますが
社長の求めるものはそれではなかったらしく・・
でも今さらクールなビジネスマンに戻るには
熱い部分をみすぎたし、なんとか、幸多市のためのなる
再開発をこのまま成功させてもらいたいとことです。




AKIRA  栗山千明  佐藤隆太  田中圭  菜々緒  工藤阿須加 
鈴木伸之  吉沢亮  井出卓也  小芝風花  ・  堀内敬子 
正名僕蔵  菅原大吉  稲垣吾郎



2015.08.12 Wednesday 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< Betsucomi(ベツコミ) 2015年 09 月号 | main | デュラララ!!×2 転 #18「花に嵐」 >>