<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

37.5℃の涙 第9話

第9話



鎌倉の実家で、意識不明の状態だった桃子(蓮佛美沙子)
の父・誠一郎(石田登星)が「…桃子」と声を発した。
母・富美子(浅野温子)はそれを聞き、愕然として
桃子への忌々しい思いを募らせる。
その頃、桃子は高校の同級生・翔子の息子・遼(高橋來)の
病児保育に行くことに。仕事も失い生活苦で、育児放棄気味の
翔子に、桃子はかつて遼を愛していた翔子の気持ちを
取り戻してもらおうと説得するが、それが大事件を引き起こす…!
桃子の、どんな時でも前向きな気持ちに触れた朝比奈
(成宮寛貴)は、娘・小春(鈴木梨央)に「桃ちゃんのことが
好きなんだ」と正直な思いを告白する。真正面からの
父の告白に動揺し、心細い思いに駆られる小春…。
元妻・久美子(滝沢沙織)に健太(横山歩)を連れ出された
篠原(速水もこみち)。桃子と一緒に花火をした思い出の公園で、
自分もつらい状態なのに、元気がない桃子に冗談を言って
元気づける。そこに、健太が現れ…?






桃子の元同級生、桃子にちょっと言われただけで
別人のようになって職探しにでかけたものの
これでもかとおそいかかる無情な現実・・。
こういう人を行政がちゃんと救ってあげなよと
言いたくなったけどそれは病児保育とはまた別問題。

息子のくびをしめたのは全部桃子のせいというのは
どう考えても言いがかりだけど。

お父さんが危篤だとよばれたのに
あなたにお父さんの死に目にはあわせないと
部屋から追い出す母。
お姉さんもこないだ妻にあいそつかされた兄もいるのに
なんとも言わないの??

病床で目が覚めた父が呼んだのは桃子。
この母の異常な憎しみ。
桃子は父が浮気してできた子かなんかなの?




蓮佛美沙子、成宮寛貴、速水もこみち、トリンドル玲奈、鈴木梨央、
藤木直人(特別出演)、
水野美紀、浅野温子、水上剣星、西村和彦、久保田磨希、
松島花、趣里、永池南津子、木戸邑弥、谷川りさこ、石田登星、横山歩、美保純 ほか






2015.09.11 Friday 08:32 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< ポムポムプリンカフェにいってきました | main | 探偵の探偵 第10話 >>
かや (2015/09/15 4:23 AM)
honeyさん、こんばんは。

いよいよ、今週最終回ですね。
桃子の同級生は、相当追い詰められていますね。
ピアノが得意なら、ピアノの訪問講師とか、できそうな気がするのですが。
家庭の事情に首を突っ込み過ぎないというのは、病児保育士自身をクレームから守ることにも繋がるのですね。

桃子母は、いつの回かは忘れてしまいましたが、お腹が大きい時に「この子さえいなければ」と言っていましたので、母の実の子だと思われます。
自分の夢を邪魔されたとか、逆恨みのようなものから憎んでいるのかもしれませんね。

最終回、桃子ちゃんがどう母と向き合ってくれるのか、楽しみにしています。
honey (2015/09/15 9:34 PM)
かやさん、こんばんは。

桃子の同級生、何をしてもうまくいかなくなって
精神的に限界きちゃったみたいですね。
実家の手助けがあればいいんですけど。

桃子母、何か自分のやりたいことの邪魔を
されたからにしても、あれはやりすぎというか
おかしい域だと思います。
あの母と兄がかわりますかね、最後・・。









37.5℃の涙 #09
『病児保育士失格!毒母の勝利…全ての真相!?』
| ぐ〜たらにっき | 2015/09/11 12:34 PM |