<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話(最終話)「伊丹なら」

第12話「伊丹なら」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


数ヶ月前 シュワルツの森

森を焼く炎龍。
ダークエルフの死者 220人。
このままでは部族は滅んでしまう。
頼れるのは緑の人のみ。
部族の使者として緑の人の助成を得るために
村を出たヤオ。


自衛隊員に事情を話し助けを求めるヤオ。
でもこの隊員たちは言葉がわからず通じない。
辞書を片手に片言のみのコミュニケーション。

昨夜店であった緑の人=伊丹は
言葉を理解していたようだったと思いだしました。

伊丹は飛行機の中。

町にいったヤオ。
緑の人と話がしたいと言ったのに
ナンパ三昧。
でも、ヤオ、なかなか厳しいw

お店をみつけ中に入ってみると
そこにも緑の人。
緑の人としゃべっている猫耳の店員をみつけ
声をかけると、会話の手引書 赤本をみせてもらい
頭をさげますがそこにまた別の緑の人たち。

ヤオがカツアゲ犯?
少し話をききたいと言われ
趣旨を勘違いしているため
感動のあまり涙を浮かべて
喜んでついていきました。

レレイは魔法の修行中。
日本の化学の本を参考にしたらしい。

そこへ自衛隊員がきて
レレイは通訳をたのまれました。

取調室のカツ丼www

カツアゲ犯の疑いでつれてこられたヤオは
被害者の訴えと全然違うことを言っていて
襲われたとか言いだすのでよくわからないと
レレイに助けを求められました。

町ではミューティがヤオを訴えた男をつかまえ
真実が判明。男はヤオへの暴行未遂で拘束
イタリカへ護送することに。
ヤオは解放されることになったとレレイが言うと
一族を炎龍から救ってほしいと緑の人と
話がしたいと頭をさげて頼みこむヤオ。

レレイにようやく伝わりましたが
自衛隊の返答はノー。
シュワルツの森は帝国との国境を越えて
エルベ藩王国の領土。
軍が断りなく相手国との国境を超えるというのは
宣戦布告を意味する。
大軍でなくてもいいと訴えると
それでは部下を死地に追いやるも同然と
やはりいい返事は得られず・・。

部族の運命を託されてやってきたヤオの
意気消沈した姿・・。

「伊丹なら やるかもな」

「あいつなら 大切にしている人を救うために
 
 もしかして」

その伊丹はピニャに出迎えてもらいますが
ピニャの目的はそっちかーーーー。
薄い本・・芸術。

騎士団の中で翻訳がすすむ薄い本たち・・。
青山の高名な菓子職人によるお菓子で
お茶をしつつ優雅。

情報担当の二科が池袋で執事研修をして
ここにいるらしいけど、腐ってるみなさんのことは
報告できない・・。

そこにはヤオもいました。
ハーブティーを入れてもらっても
現実はかわらない。
カップに落ちる涙。

耳のいいうさ耳の子がその話をきいていました。

そこにいた隊員たちもヤオになんとかしてやりたくても
防衛省から野党に突っ込まれるようなことはするなと
お達しがきているらしい。
ここでもまた伊丹なら、という言葉がでますが
この人たちも男前でいい人たち。

金か色仕掛けか・・と考えるヤオに
あちこちできいた「伊丹なら」という言葉が
浮かびました。

ピニャ、ずっと大事に薄い本を抱えてる。
でも中身は伊丹の記録。
帝国の侵入を防ぎ、日本国の人民を救った英雄
と週刊誌の記事になっていました。

アルヌスの丘で諸王国軍を粉砕した軍にもいたし
コダ村を炎龍から救った緑の人であり
共にイタリカで戦った伊丹。

「何者なのだろうな あの男」

帝都に向かう一行。

アルヌスを出る前にコダ村難民の子どもが
ありがとうと日本語で言ってくれたらしい。

伊丹も嬉しそう。

「早く平和がくるといいな」

『帝歴687年 帝国に禍と戦乱荒れ狂ったその年はまだ

 半ばをすぎたばかりだった』



続きは2016年1月。
「炎龍編」(第2クール)



この状態で半年も待たされるヤオが気の毒。

伊丹の評価はものすごいですね。
実際それだけのことをやってますけど。
最初でてきたときけっこうオタクが強調されてたけど
ただのオタクじゃなかった。

伊丹以外にも自衛隊の人、いい人多いな。
ヤオの隣で炎龍退治シミューレションしてた人たちとか。

続きも楽しみ。





(伊丹耀司)諏訪部順一
(テュカ・ルナ・マルソー)金元寿子
(レレイ・ラ・レレーナ)東山奈央
(ロウリィ・マーキュリー)種田梨沙
(ピニャ・コ・ラーダ)戸松遥
(ヤオ・ハー・デュッシ)日笠陽子
(栗林志乃)内田真礼
(富田章)安元洋貴
(倉田武雄)石川界人 ほか








2015.09.23 Wednesday 11:52 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< RiN 11巻 | main | あひるの空 AROUND THE ROUND 41巻 >>









【GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり】 第12話『伊丹なら』 感想 (キャプ付)
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話『伊丹なら』 感想(画像付) 不幸ダークエルフのヤオは自衛隊に助けを求めるが…。 越境行動は出来ないと断られ、途方にくれる。 一方、伊丹はピニャに薄い本を届けていた(笑) 腐った文化から広まって
| 空 と 夏 の 間 ... | 2015/09/23 12:30 PM |
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり #12 最終回
『伊丹なら』
| ぐ〜たらにっき | 2015/09/23 12:35 PM |
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 最終回
ダークエルフのヤオ(CV:日笠陽子)の住んでいた森は、数ヶ月前に火龍に襲われて壊滅状態のようです。 彼女は森の長老たちから、火龍に立ち向かって撃退することに成功した緑の人(自衛隊)を連れて来ることを命じられていました。 しかし、彼女の捜す緑の人には
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/09/23 4:25 PM |