<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

オトナ女子 第4話

第4話



 亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者
・池田(平山浩行)から、結婚を前提とした交際を申し込まれた。
それを知った萠子(吉瀬美智子)やみどり(鈴木砂羽)は、
体の相性が大事、時間をかけて愛を育む余裕はない、
などと勝手なことを言い始める。そんなふたりに対して亜紀は、
池田は誠実な人だからゆっくり考えたいと返す。
 亜紀たちが制作を進めているアラフォー向け恋愛アプリの
シナリオが上がった。それを読んだ高山は、波乱が足りないと
助言する。風がなければヨットが進まないように、恋愛にも
適度な波風はあった方が刺激になるというのだ。
 萠子は、栗田(谷原章介)の自宅で開かれたパーティーに呼ばれる。
が、そこで「お花屋さんの大崎さん」と紹介されたことに傷ついた
萠子は、他に女性がいてもいいがせめて1番にしてと栗田に迫る。
 みどりは、陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)から
学校に呼び出される。陵が、階段を滑り落ちそうになった生徒を
助けようとして軽いケガをしたという。その際、沢田は、
またダンスの練習を見学に来てほしいとみどりに伝える。
 池田とのデートのため、カフェで待ち合わせていた亜紀だが、
大雨のために外に出られず高山と2人だけカフェに
取り残されてしまい。






みどりと先生のあれはありなの?!
先生は遊ぶタイプじゃないのに
本気で好きってこと?
みどりもだんだん惹かれてくのはわかるけど
あの息子たちがいるし・・・。

萌子は大人の恋をといいながら
やっぱり都合のいい女ではいられない。
栗田は平気でうそをつくから信用できない。
萌子にひっぱたかれてまた萌子のところにくるのかもだけど
あんなとっかえひっかえきれいな女を侍らせてるような男が
変わるんでしょうか・・?
萌子こそが本物の恋、とかだったらそれこそ少女マンガ。

亜紀は順調。
嵐の山小屋ならぬカフェでふたりきりになったのは高山と
だったけど、いまのところ池田との恋に障害はなさそう。
本当に悪い人ではないみたいだし。





篠原涼子  吉瀬美智子  鈴木砂羽  谷原章介  江口洋介 



2015.11.06 Friday 08:44 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 遺産争族 第3話 | main | 花のち晴れ〜花男 Next Season〜2巻 >>









オトナ女子「這い上がる40歳!!」
本当に、三者三様。ハーフビターに、人生イロイロの感…  でも、これはこれでアリ、なんだけど、 視聴者は、きっと「ラスト・シンデレラ」みたいな、「現実は厳しいんだから、せめてドラマの中だけでも、夢物語」を見てみたかったのかもしれないなぁ… と、ちょ
| のほほん便り | 2015/11/06 8:58 AM |
オトナ女子 #04
『這いあがる40歳!!』
| ぐ〜たらにっき | 2015/11/06 12:26 PM |