<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コウノドリ 第6話

第6話



ペルソナ総合医療センターへ腹痛と出血を訴えた妊娠31週の
妊婦が運ばれてきた。 すぐに緊急開腹手術を行うが、
子宮破裂を起こしていたため子宮は全摘、赤ちゃんも助からなかった。
妊婦は43歳。2年前に子宮筋腫を切除する手術を受け、
不妊治療の上の妊娠だったのだが…。鴻鳥サクラ(綾野剛)が
診察する妊婦・竹下敦子(森口瑤子)も43歳。5年間の不妊治療の
末、無事に妊娠し臨月を迎えたが、妊娠高血圧症候群が懸念され、
大事をみて入院することに。そんなある夜、鴻鳥サクラのもとへ
娘の芽依を抱えた永井浩之(小栗旬)が飛び込んでくる。芽依は、
健康に生まれ現在6ヶ月になるが、この日、浩之が保育園から
芽依を連れて職場に戻って仕事しているうちに様子がおかしくなった
と言う…。芽依の母親は臨月で交通事故に合い、サクラが
帝王切開手術で芽依を取り上げたのちに亡くなった。浩之は
男手一つで芽依を抱え、仕事と子育てに手一杯になりながら
懸命に父親になろうと奮闘していた─。そして、管理入院中の
敦子の出産の日、手術中の母体に予期せぬ事態が起こり…





赤ちゃんを産むということはおめでたいし
歓迎されるべきことなのに現実はなんと厳しいことか。

すっかりその言葉が定着してしまったマタハラ。
仕事が忙しく子どもはあとまわしにしているうちに
出産適齢期を逃してしまっていざ子どもをと
思っても妊娠しにくかったり、妊娠しても
高齢出産には大きなリスクがつきもので。
それを産科や新生児科の医師も訴えるくらいだから
普通の職場ではさぞかし・・。

何年も不妊治療をしてきてやっと授かった赤ちゃんが死産、
そのうえ自分も子宮摘出という冒頭にでてきた患者さんは
この先どうやって立ち直るのか、心が落ち着くまでには
ものすごくかかりそう。

無事生まれたけど出血が止まらず子宮摘出になった
妊婦さんは、子宮はなくとも赤ちゃんがいるのだから
(もう子宮がお役御免とは言わないけど)
両方なくすよりは100万倍ましな気がする。

赤ちゃんだけ残していった小栗パパの奥さんも
どんなに赤ちゃんを育てたかったことか。

赤ちゃんを産んだら産んだでそのあとの育児も
働きながらだとものすごくたいへんな世の中。
小栗パパ、奮闘してるけどこのままじゃ
倒れてしまわないか心配・・。

仕事が忙しいから今は産まずに
来年か再来年産めますよね?と言っていた女性
職場では妊娠は歓迎ムードじゃないけど
そんな思い通りに産めるほど甘くない。

産んで捨ててしまったり虐待したりするところには
ポンポンと生まれるのに、本当にほしくてほしくて
たまらない人たちのところにはきてくれなかったりして
どうしようもない現実がじれったいです。




鴻鳥サクラ…綾野剛
下屋加江…松岡茉優
小松留美子…吉田羊
白川領…坂口健太郎
角田真弓…清野菜名
加瀬宏…平山祐介
船越拓也…豊本明(東京03)
大澤政信…浅野和之
小野田景子…綾戸智恵
向井祥子…江口のりこ
新井恵美…山口紗弥加
四宮春樹…星野源
今橋貴之…大森南朋








コウノドリ(12): モーニング




2015.11.21 Saturday 08:40 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< きのう何食べた?11巻 | main | ジャンプ52号感想 >>









コウノドリ 第6話★高齢出産
コウノドリ 第6話 何年も不妊治療を受けていた43歳の妊婦が、病院に救急搬送されてきた。サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)たちは緊急手術を行うが、赤ん坊を救えず悔しい思いをする。一方、サクラが担当する不妊治療中の敦子(森口瑤子)が、5年間の治療の末に妊娠に
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/11/21 9:37 AM |
コウノドリ #06
『タイムリミットの先に』
| ぐ〜たらにっき | 2015/11/21 12:16 PM |
コウノドリ 「タイムリミットの先に」
今回は、じつに多くの問題点を盛り込んできましたね。 高齢出産、その明と暗、不妊治療、産みたくても産めない社会や人々の事情。 そして、先の回に登場した、シングル・ファーザーになって奮闘する、永井浩之(小栗旬)の事情まで… それも実に誠実な姿勢の描写
| のほほん便り | 2015/11/21 9:26 PM |