<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コウノドリ 第7話

第7話




助産院での自然分娩こそが赤ちゃんにとって一番の幸せだと
信じて疑わない妊婦・森亜沙子(南沢奈央)は、バランスの取れた
食生活を送り適度な運動を欠かさない、出産への意識がとても高い
妊婦。しかし、助産院での出産への思いが強すぎるのか
病院の産科を毛嫌いする一面も。通院する助産院の
ベテラン助産師・野々村秀子(冨士眞奈美)には、理想の出産を
満足げに語るが、義務づけられている病院での検診では、
担当医の鴻鳥サクラ(綾野剛)と一度も目も合わせないほど、
病院での出産を嫌悪している。 一方、陣痛の痛みに
耐えられない妊婦・山田郁美(足立梨花)は、助産師が主導で
進められる正常なお産にも関わらず、サクラに対して、
産科医なのに何で何もしてくれないのかと叫ぶ。そんな
言いたい放題の郁美に対しても、助産師の小松留美子(吉田羊)は
力強く手を握って励まし続ける。初産で不安がいっぱいな妊婦には
もっと寄り添う時間を増やしてあげたいが、病院ではそれが叶わない。
実は助産院を開業した同期から引き抜きを受けていると、
サクラと下屋加江(松岡茉優)に告げる。 そんな折、小松と
四宮春樹(星野源)が言い争う事態に。







とにかく自然分娩にこだわる意識高い系のめんどくさいタイプの
妊婦さん。病院にきてるのも仕方なくというかんじで医者と目も
あわさないとはそうとうなものです。
この人が自分の理想通りに自然にたたみの上で出産できてたら
さらにめんどくさい人になってたかもしれない。

帝王切開をすすめられても嫌ですと拒否するのを
信頼する助産師さんが上手に説得してくれました。
40年間無事故だったのは臆病だったから。
何か心配なことがあるとすぐに病院におまかせ。
ある意味危ないときは丸投げと言っちゃあそうだけど
大事なのは赤ちゃんが無事に生まれることだから
間違ってない。

この妊婦さん、帝王切開の最中もものすごく
不満そうでこんなんで産みたくなかった、みたいなのが
ありありと感じられましたが、赤ちゃんを横に寝かせてもらったら
さすがに笑顔に・・。
でも時間がたって、やっぱり理想の通りにできなかったとか
自分を責めたりとか後悔したりとかするんじゃないかと
少し心配は残ります。育児にもすごい理想をもってそうだし。

自然分娩でさんざんあたりちらしながら産んでた妊婦さんは
軽い育児ノイローゼ。マタニティブルー入ってるとしても
家に帰ったら助産師さんもいないのに泣き続ける赤ちゃんみて
いったいどうなることかと・・。親とか手助けしてくれる人が
いたらいいけど。

助産師さんと産科医とどっちも大事だし
両方いてもらわないと困りますね。




鴻鳥サクラ…綾野剛
下屋加江…松岡茉優
小松留美子…吉田羊
白川領…坂口健太郎
角田真弓…清野菜名
加瀬宏…平山祐介
船越拓也…豊本明(東京03)
大澤政信…浅野和之
小野田景子…綾戸智恵
向井祥子…江口のりこ
新井恵美…山口紗弥加
四宮春樹…星野源
今橋貴之…大森南朋








2015.11.28 Saturday 08:52 | comments(2) | trackbacks(3) | 
<< 遺産争族 第6話 | main | 月刊flowers(フラワーズ) 2016年 01 月号 >>
かや (2015/12/09 2:57 PM)
honeyさん、こんにちは。

出産と産後の育児でバタバタで、遅くなりまして、すみません。

11/23に、無事男の子を出産しました。
百面相してくれて、可愛いです。
長男は今は主人の実家で預かってもらっていますが、次男が眠くてぐずる時は1時間おきに授乳したりと結構大変です(苦笑)

コウノドリ先生が「帝王切開も立派なお産です」と言ってくれたので、意識高い系のママさんも、少しは肩の力が抜けているといいのですが…。
育児は思い通りにならないことばかりですから、育児への理想はすぐに赤ちゃんに打ち砕かれることでしょう。
そこから、二人で少しずつ成長していけるといいですよね。

育児ノイローゼ、誰がなってもおかしくないと思います。
ホルモンバランス乱れますし、なかなかまとまって眠れませんしね。
手助けしてくれる人がいないと心底大変だと思います。
最初は赤ちゃんの命を預かるという重責で、毎日ちゃんと息してくれているかなと心配でしたが、二人目の今は、赤ちゃんはそんなにヤワじゃないと、少し落ち着いてお世話できている気がします。

助産師さんと産科医さんは、どちらもいてくれないと本当に困ります。
私が出産した診療所は、助産師さんより産科医さんが指示してくれる所で、人口破膜の後も、陣痛の痛みでなかなか身体の自由がききませんでしたが、何とかひねり出すことができました。
前回は長男が自力で出てきてくれたことを思えば、今回やっと出産の大変さを教わった気がします。
honey (2015/12/09 8:19 PM)
>かやさん
  
 こんばんは。無事ご出産おめでとうございます!
 いろいろたいへんなときにコメントありがとうございます。
 無理せず睡眠優先にしてくださいね。
 授乳中はなかなか眠れませんし。

 意識高い系のママさんは意識改革しないと
 子育て行き詰まりそうで。肩の力を抜いて
 おおらかにかまえるくらいでちょうどいいかと。
 2人目はどうしてもほったらかしになりがちで
 下の子がたくましくなるのもわかります。

 病院で出産したらほぼ助産師さんがお世話してくれて
 最後の最後になってようやく先生がいらした、
 という記憶が・・。
 









コウノドリ #07
『母との約束…理想の出産って何?』
| ぐ〜たらにっき | 2015/11/28 12:35 PM |
コウノドリ 第7話★助産師
コウノドリ 第7話 サクラ(綾野剛)が担当する妊婦・亜沙子(南沢奈央)は、自然派志向で病院を目の敵にしており、助産院での出産を希望。野々村(冨士眞奈美)が院長を務める助産院で、自分の思い通りの出産をすることに強くこだわっていた。一方、助産師の小松(吉田
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/11/28 2:40 PM |
コウノドリ 第7話
助産院での分娩こそが赤ちゃんにとって一番の幸せだと信じて疑わない妊婦の亜沙子(南沢奈央)は、バランスの取れた食事や適度な運動を欠かさない出産への意識がとても高い女性ですが、どうも病院の産科を毛嫌いしているみたいです。 担当医のサクラ(綾野剛)とも目
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/11/28 4:20 PM |