<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コウノドリ 第10話(最終話)

第10話(最終話)



幼少期、養護施設で鴻鳥サクラ(綾野剛)を育ててくれた
景子ママ(小野田景子/綾戸智恵)から手紙がくる。
そこにはサクラの亡き母について記されていた。そんな折、
男手ひとつで芽依を育てるシングルファザーの永井浩之
(小栗旬)は、仕事と育児の両立に限界を感じ、芽依を
田舎の母親に預け仕事を優先させるつもりだとサクラに打ち明ける。
不妊治療を経て無事に妊娠したサクラの患者・相沢美雪
(西田尚美)は、出版社で働く記者。周産期医療の密着取材を
することを院長の大澤政信(浅野和之)から許可を得るが、
実は別の思惑があるようだ…。 一方、先天性の疾患を
持って生まれた我が子を受け入れられない母親・森口亮子
(奥貫薫)に、今橋貴之(大森南朋)は赤ちゃんに会っていかないか
と声をかける。次第に心を開く亮子だったが、夫の武史(戸田昌宏)
は頑なに会うことを拒否するのだった。そして美雪の取材中に、
出産直前で入院中の妊婦・飯塚律子(木南晴夏)に異変が起こり、
産科、新生児科、麻酔科、救命救急科が協力する緊急オペが
はじまる。 果たして、サクラたちは律子とお腹の赤ちゃんを
救うことができるのか…





「誕生するすべての命に祝福がありますように」

今回もいろいろありましたが、すべてこのコウノドリ先生の
言葉がすべてかと。

両親から受け継がれた命のバトン、その命の生まれる
瞬間に一番近くにいる産科医たち。

何の問題もなく無事に産まれてくる子もあれば
障害や病気を背負ってくる子、死産もしくは母が死亡とか
それ以前に不妊とかそりゃもういろいろありますが
赤ちゃんが生まれてくるというのはどんなときでも奇跡。

このドラマには虐待するような親はでてきませんでしたが
世間ではそういう事件はあとをたたずそのたびに
心が痛みます。できればそんな親の元じゃなく
赤ちゃんを切望している夫婦のところに生まれてあげて
ほしいものですが現実はそうじゃないので、やっぱり
冒頭の言葉のように、どんな赤ちゃんにも祝福を・・
と願います。

コウノドリ先生を命をかけて産んだお母さんが
愛した人ですもの、お父さんが子どもが生まれたことを
知っていたら喜ばないはずがない。
その後、父のエピソードはでてくるのでしょうか?

新井先生もまだ戻っていなかったし
二期。もしくはスペシャルをぜひ。




鴻鳥サクラ…綾野剛
下屋加江…松岡茉優
小松留美子…吉田羊
白川領…坂口健太郎
角田真弓…清野菜名
加瀬宏…平山祐介
船越拓也…豊本明(東京03)
大澤政信…浅野和之
小野田景子…綾戸智恵
向井祥子…江口のりこ
新井恵美…山口紗弥加
四宮春樹…星野源
今橋貴之…大森南朋












2015.12.19 Saturday 08:38 | comments(2) | trackbacks(2) | 
<< RiN 12巻 | main | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 〜忍びの42「オトモ忍ウォーズ!ネコマタの逆襲」 >>
かや (2015/12/25 2:22 AM)
honeyさん、こんばんは。

最終話まで、感想お疲れさまでした。

「誕生するすべての命に祝福がありますように」
本当に、このコウノドリ先生の言葉がすべてですね。

何の問題もなく無事に産まれても、ケガや病気や事故等、ありとあらゆる危険の中、天寿を全うできるならば、それは本当に奇跡だと思います。
受精卵になるのだって、数億分の一ですものね。

ご存じかもしれませんが、沖田×華さんのKC「透明なゆりかご」2巻に「自然淘汰もあるのが命というもの」「その命には、その命の使命があると思えた」という言葉があって、本当にその通りだと思いました。
内容は、読んでて苦しくなるものも多いのですが…。

このドラマには虐待するような親はでてきませんでしたが、漫画には産後うつや、切迫早産の回で、少しだけそういう描写もありました。
でも、親も人間で、欲しくて授かった愛しい我が子だとしても、追い詰められた状況になればそうなってしまう可能性は、自分にだってあると身につまされる思いです。

世間の、平気で虐待したり、赤ちゃんを遺棄する親の事件は心が痛みます。
できれば、子どもを一人の人間として、家族として愛してくれる夫婦のところに生まれてほしいですが、現実はそうじゃないのが辛いです。

コウノドリ先生を命をかけて産んだお母さんが愛したお父さんが、子どもが生まれたことを知っていたら喜ばないはずがないと、私も思います。
父のエピソードは母の詳しい事情と共に、漫画では一度もでてきていませんので、私も初めて知りました。

新井先生、いつかは戻ってきてくれるのでしょうか。
今の最新12巻では、漫画で下屋先生は最初から研修医ではありませんので、個人的にはびっくりする展開でした。

二期もしくはスペシャルを、私もぜひ観たいです。
honey (2015/12/25 5:28 PM)
かやさん、こんにちは。

赤ちゃんが生まれるのはあたりまえ、みたいな
風潮こそ最近は少なくなってきましたが
(妊活もはやっていますし)
まず妊娠にこぎつけるだけでも本当はたいへんな
ことですよね。命の誕生はやはり奇跡の領域。

コウノドリ先生の言葉通り、今この瞬間も
すべての赤ちゃんが幸せに包まれていますように。

原作でもまだということはこの先また出てくるのかも
しれませんね。お父さんのエピソード。

ぜひ続きも綾野さんのコウノドリ先生で
みてみたいです。









コウノドリ 第10話(終)★生まれてきてくれてありがとう
コウノドリ 第10話(終) サクラ(綾野剛)が担当する妊婦で編集者の美雪(西田尚美)が、病院の取材に来る。美雪は、評判になる記事を書くことで会社に妊娠の報告をしやすくしたいと説明するが、裏では別の思惑を抱えていた。取材を通し、美雪は先天的な疾患がある赤ん
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/12/19 9:47 AM |
コウノドリ #10 最終回
『チームが起こす奇跡!母と赤ちゃんを救え』
| ぐ〜たらにっき | 2015/12/19 12:25 PM |