<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕だけがいない街 第3話「痣」

第3話「痣」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


雛月失踪のXデーを探る悟は、18年前と同じ失敗を繰り返し、
雛月の信頼を失ってしまう。
そんな中、ユウキさんとも再会を果たし、
改めて冤罪を確信することに….




3月から雛月の誕生日までにXデーがある。


校庭でスケートとはさすが北海道。
アイスホッケーで全国優勝の浜田と走る藤沼に
まわりの女子にいわれて雛月がテンション低いながら
励ましてくれる。

でもなぜか浜田と接戦。
勝っていいのか?
こいつは毎日つらい練習にたえてる、
勝つべきなのは・・と最後に手を抜いて浜田の勝ち。

手を抜いたのを浜田も、そして雛月もわかってる。
ケンヤも気づいてるか。

「俺はお前みたいなやつが大っきらいだ!」

と怒る浜田。
18年前と同じ失敗を繰り返してしまった・・
戻っても全然変わってない。
繰り返してから気付くとか
別にこのためにもどったわけじゃないとはいえ。

雛月の誕生日をきく悟に雛月はさっきのことを
話題にしあやまる悟。
うそつきはお互い様。

悟は職員室にいって先生の机の出席簿で
誕生日を調べようとしたらそこに先生が。
先生、登場の仕方もなんか怖い。

誕生日は悟と同じ3月2日。
悟が雛月のことを気にしているのもよくみてる。

Xデーは3月1日まで。
あと11日。
まずは雛月と仲直りしなくてはと公園にいくも
雛月はおらず、ユウキさんに声をかけられました。
雛月とも何度も話したことがあるそう。

ユウキさんは23歳。
無職の人かと思っていたら朝4時から昼まで
働いているそうで、大人になってから話してみると
気づくことも多い。
ペーパークラフトのほかに子どもにみられちゃまずいものも
ちゃんとある。大人だしね。

ユウキさん(白鳥さん)は確定死刑囚。
一貫して無罪を主張中。

雛月をたずねると玄関には手袋が落ちていて
外には中身のちらばったランドセル。
身体が傷だらけの雛月が納屋に・・
母は何事もなかったかのように雛月をつれていこうとし
その傷はなんなの?とたずねる悟に
転んだと嘘をつく雛月。
悲しい目をする雛月にかける言葉はみつからず
その目はもう悟をみてくれない。

雛月の母親がひどすぎる。
顔の傷を月曜までになおさなきゃ自分がせめられると
氷水に顔をつっこませるとか。

月曜日。
日直は悟と雛月だけど雛月はいつものように遅刻。
先生も怒らない。
雛月の首筋に痣をみつける悟。

悟は雛月母の虐待を先生に訴えると
先生もちゃんと知っていて、いまでもクラスで浮いているのに
さらに虐待まで明らかになったらさらに浮く、という先生。
母親を疑ったのは去年の5月頃、でも具体的な対処はなし。
児童相談所が3回視察にきてくれたのに、母親が雛月をつれて
出かけていて聞き取り調査ができない。
虐待行為は確実にあるのであとは児童相談所に認めさせるだけ。
保護されたらクラから雛月がいなくなるけど
雛月が助かるならそれでいいという悟。

先生は春休みに動こうと思っているらしいけど
それじゃ間に合わない。

その後、給食費を亡くした悟。
すると貧乏な雛月は犯人だという女子・・。
かばんの中を調べて犯人さがしがはじまりました。

本当に雛月のかばんから現金が。
騒然となる中、雛月が人のもんとるわけないと
怒鳴る悟。

悟の机から出して隠すことくらい誰でもできると
いってくれるケンヤ。
先生がその場をおさめてくれました。

さっきの女子とは前にトラブルがあって
それ以来嫌われているらしい。
でも一度だけ、クリスマス会によんでくれたそうで
大きなクリスマスツリーを自慢するためだったけど
きれいだったという雛月。

これから、クリスマスツリーをみにいかない?と誘う悟。

「バカなの?」

あいかわらず冷めた雛月に軍手を貸してあげて
いっしょに山を登っていきました。
キタキツネもいた。

足元をまわるキタキツネは18年前にひとりで見たのと
同じ。誰に話しても信じてもらえなかったけど
今は雛月がいっしょ。

雲がはれてきて木を下からみあげると
木の枝の氷と夜空の星が飾りにみえるクリスマスツリー。

「バカなの?」またきました。

今は2月。でも気にせず

「夏になったらまた見にこよう

 このクリスマスツリー。」

という言葉に雛月も笑顔で

「バカなの?」

同じ「バカなの?」でも全然違う。
小5男子にしてはよくやった。
小学生じゃなくて大人でも通じるよ、あのツリー。

職員室ではなんだか不穏な雰囲気?




先生、何もしてないのかと思ったら
ちゃんと児相にいってくれてたのか。
月曜日に残った痣(きっと前の傷あとも残ってる)を
みせたらいいのに、当時は今ほど虐待に対しての
対応がなかったのか。
それでもまだ先生に対しての怪しさは残ってて
わざとそんなふうにみせてるのか
ほんとに怪しいのかは謎・・。

あんなにひどい目にあわされても母に逆らわず
(逆らえず?)すべてをあきらめたように冷めている雛月。
「バカなの?」の口ぐせもそれを象徴しているかのようですが
最後の「バカなの?」はまったく違ってて
失敗しないで早く救いだしてあげてって思う。
(って本来の目的は母を救う事だっけ、忘れてた。)

夏になったらあのクリスマスツリーは緑の大木なのでしょう。
雛月といっしょにみられる日がきますように。




藤沼悟:  土屋太鳳 満島真之介  雛月加代: 悠木碧 
片桐愛梨: 赤崎千夏  ケンヤ: 大地葉  ヒロミ: 鬼頭明里 
オサム: 七瀬彩夏  カズ: 菊池幸利  白鳥潤: 水島大宙 
藤沼佐知子: 高山みなみ  八代学: 宮本充









2016.01.22 Friday 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< スペシャリスト 第2話 | main | わたしを離さないで 第2話 >>