<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

灰と幻想のグリムガル Episode.3「ゴブリン袋には俺たちの夢がつまっているか」

Episode.3「ゴブリン袋には俺たちの夢がつまっているか」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


風呂をのぞこうとしたランタと、それに巻き込まれたハルヒロたち
男子に、ご立腹のユメとシホル。元凶のランタが謝罪どころか
ろくでもない言い訳を口走るせいで、収まるものも収まらず、
翌朝になってもパーティの空気はどこか気まずい。しかし、
ゴブリンを倒さないことには、持ち金はすぐ底をつく。
一同は狩り場へと向かうも、狙い目のゴブリンがなかなか
見つからず、収入がゼロの日が続いてしまい──



料理当番でもないのに朝から料理するモクゾーは
誰かに何か作って喜ばれるのが好きだったみたいで
こちらの世界でもそのまま。
モクゾーの料理おいしそう。

女子のお風呂タイムを覗こうとしたことを
土下座して謝る男子3人。
なのにもともとの張本人のランタは突っ立ってて
あやまる気がまったくなく当然ユメがつっかかる。
怒らんし・・・なんて言ったその口でランタをぶったたく。

雨よけのテントも男女別々でパーティーの雰囲気も悪い。

ゴブリンの足跡をみつけて戻るハルヒロとユメ。
シホルはまだ気にしていてもとどおりになるには
もう少し時間かかりそう。
ユメはけっこうさっぱりしてるし。

成果がなくオルタナに戻ることに。
それからしばらくずっと稼ぎがなく
服もボロボロになっても買うお金もなく
明日の目標がゴブリン倒してパンツ買う、とか。

ハルヒロは夜に下着を洗って夜はノーパンで寝てるけど
女子は?とすれ違ったシホルをみて疑問に思い
洗濯するシホルの後ろ姿に思わず生理現象・・。
ユメも足露出の姿でこれは刺激多すぎ。

鬼畜大王ランタをそちらに行かせようとしないハルヒロ。
なんとかここは防いだもののあの恰好は目の毒だと
本能にさからって忠告することに。

ダムロはアラバキア王国第二の都市だったけど
今はゴブリンの根城になっていて
ここのゴブリンには歯がたたない。
だから旧市街にいるはぐれたゴブリンを狙うことに。

眠っているゴブリンを発見しさっそく倒しにいくことに。
一応作戦らしきものもたてて今度はなんとか。
寝こみをおそうと簡単。
ようやく稼ぎがあってほっとしながらも
気を抜かずにいこうという優等生マナト。

パーティーの空気もいっきに明るくなったよう。

それから単独行動のゴブリンに狙いをしぼっていくことに。
ダムロの旧市街を歩きまわるのは楽しく
冒険を楽しむ余裕もみえました。

服を買いにいってねぎるのも上手になり
屋台でおいしいものを食べることもできました。
シホルはまだ男子苦手なまま?
ユメの後ろに隠れてしまうとかどれだけ内気。

だんだん義勇兵に染まってきたことを実感。
ランタもねぎるのが上手らしくモクゾーと
食料もたっぷり買ってもどりました。
もう少し余裕ができたら新しいスキルをおぼえてみては
というマナト。
スキル磨きにもお金がいるわけか。

モクゾーが彫ったゴブリン。
本当に上手。
こういうのユメとかほしがるかもなというランタ。
あのときのことやっぱり気にしてる?

ユメの服装もかわいい。
シホルの髪留めはマナトが選んでくれたやつか。
シホルもそろそろ男子と口きいてもいいかもと
ユメに言われがんばるというシホル。
強要するわけでもなく、
女の子ふたりが仲いいのは和む。

マナトがつけているのは日記?記録?
唐突にマナトにお礼を言うハルヒロに
感謝してるのはこっちのほうだと言われました。
みんなが仲間でいてくれるのがありがたい。
でもそれはお互い様で
ここではひとりじゃ生きていけない。

マナトならほかに仲間がいくらでもみつけられたんじゃないか
と疑問をぶつけると、人に頭をさげるのが好きじゃなくて
上下関係も苦手だったんじゃないかというマナト。
みんなに仲間扱いされてもらえる人間じゃないと思うという
言葉にそんなことはないと思うけど断言はできないハルヒロ。

前のマナトがどうだったとか関係ない。
誰も気にしない。
いまのマナトはリーダーだしいてくれないと困る。

今、マナトがどんな顔をしているのか
みたいようなみたくないような気がするハルヒロ。

グリムガルでの23日目。
赤い月にももう慣れた。

シホルのベッドのそばにはあの髪留め。




進み方が本当にゆっくり。
前回のお風呂事件まだひきずってたとは。
あいかわらずレベル1だけど
前にくらべたらそれでも進歩してる。

優等生のリーダー マナトはもとの世界では
もしかしたらものすごく嫌なやつだったかも?
もとの世界でどうだったかわからないのは
みんな同じだけどモクゾーが料理好きなように
基本的なところは変わらないみたいだから
マナトは心当たりあるんでしょう。
シホルが内気なのももとからだろうけど
こんな世界であんな大人しかったら
あっというまにゲームオーバーになりそう。

最終目的はなんなのかわからないけど
とりあえず義勇兵として日々を生き抜くしかない。
衣食住をととのえるにもまずはお金!
下着の洗濯とかそのあたりは妙にリアルだし
冒険するのもらくじゃない。




ハルヒロ:細谷佳正 ランタ:吉野裕行 マナト:島崎信長
モグゾー:落合福嗣 ユメ:小松未可子 シホル:照井春佳
レンジ:関智一 キッカワ:浪川大輔
ブリトニー:安元洋貴 バルバラ:能登麻美子





2016.01.28 Thursday 13:16 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 無彩限のファントム・ワールド 第4話「模造家族」 | main | 月刊flowers(フラワーズ) 2016年 03 月号 >>









灰と幻想のグリムガル #03
『ゴブリン袋には俺たちの夢がつまっているか』
| ぐ〜たらにっき | 2016/01/28 8:38 PM |