<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第4話

第4話



 練(高良健吾)は、退院することになった木穂子(高畑充希)に
会うために病院を訪れる。木穂子は、迎えに来る母親と一緒に、
しばらくの間帰省することになっていた。木穂子は、不倫相手とは
もう会わないと練に約束する。練は、そんな木穂子を温かく
受け入れる。
 音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)が心配するほど働き詰めだった。
ある日、仕事帰りの音はバスの中で練と会った。しかし、彼の態度は
何故かそっけなかった。
 柿谷運送の給料日、佐引(高橋一生)は、加持(森岡龍)や練から
金を借りようとしてトラブルを起こす。手取りが減り、小学校に
入学する息子の養育費が払えないらしい。
 一方、小夏(森川葵)は、モデル事務所からスカウトされたことを
練や晴太(坂口健太郎)に報告する。契約金をもらえて、青山に
マンションも借りてくれるのだという。 ある朝、出勤するために
バスを待っていた音は、練と出会う。そのバスの中で、
泣きだした幼児をめぐって乗客同士が口論になった。
いたたまれなくなった音は、助けを求めるように練の方を見た。
しかし練は、目をそらすだけで…。騒動も収まり、停留場で
バスを降りようとする練。そのとき、目を閉じて座っていた
音の手から荷物が落ち、彼女はそのまま座席に倒れ込んでしまう。




出てくる人みんな苦しそうでつらそうで
東京ってこんな殺伐とした怖いところなのかと
偏見をもちそうなくらい。

木穂ちゃんのことを好きでちゃんとつきあおうって
言ってた練なのに、音のことをずっと好きだったって?
好きでした、ごめんなさいって何それ。
今となっては木穂ちゃんを見捨てられないのはわかるけど
木穂ちゃんにちゃんとつきあおうって言ってたのって
つい最近じゃなかったっけ・・?

小夏は痛い目みてちょっと反省しそうですが
晴太がからだはって助けてくれるとは
思ったよりいい人だったか。
練の好きな小夏に、いっしょにいてくれたら
練を小夏のものにしてあげるとかなんとか約束してたけど
人のことをそんな簡単に操れれるのかというのはともかく
やっぱりさびしい人でした。

練にきつくあたっていた職場の先輩も
幸せそうじゃなかった。
可愛い息子の姿を一目みようと思ったら
元妻からは毛嫌いされているようだし
もうすでに新しいパパ候補がいて、みじめな現実。

音は倒れるくらいのブラックな職場で
改善を申し入れようとする朝陽に
父も兄も聞く耳なし。
父は息子のことを「失敗作」とまで言う。
これ、無理にこの職場で働かなくてもいいのではと
思ったけど、朝陽は父とちゃんと話をしたいという
願いがあるようでこの人もつらい人。

静恵さんにうるさい身内がいないなら
このさびしい人たち全員で静恵さんちに
住んじゃえばいいのに。
家賃もみんなで払えば収入少なくてもなんとかなるし
職場や世間がどんなに過酷だろうと
あったかい家があればなんとかのりきれる。

でも練はやっぱり田舎に帰るべき。
おじいちゃんが待ってる。
予告だとひとりで帰ってたけど
木穂ちゃんをいっしょにつれてかないの?



杉原音: 有村架純 
曽田練: 高良健吾 
日向木穂子: 高畑充希 
井吹朝陽: 西島隆弘 
市村小夏: 森川葵 
中條晴太: 坂口健太郎 
神部正平: 浦井健治 
井吹和馬: 福士誠治 
加持登: 森岡龍 
船川玲美: 永野芽郁 
丸山朋子: 桜井ユキ 
源大輔: 我善導 
西野美織: 林田岬優 

白井篤史: 安田顕 
林田知恵: 大谷直子 
曽田健二: 田中泯 
林田雅彦: 柄本明
佐引穣次: 高橋一生 
柿谷嘉美: 松田美由紀 
井吹征二郎: 小日向文世 
仙道静恵: 八千草薫


2016.02.09 Tuesday 08:41 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ジャンプ10号感想 | main | 虹色デイズ  第5話 >>









いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #04
『あなたを好きになりました』
| ぐ〜たらにっき | 2016/02/09 12:23 PM |