<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第5話

第5話



 音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)に誘われて屋上へ行く。
朝陽が用意した望遠鏡で一緒に星を見るふたり。
そこで朝陽は、僕のことを好きになれば両想いをあげられる、
と彼女に気持ちを伝える。
 小夏(森川葵)が練(高良健吾)に思いを寄せていることを知る
晴太(坂口健太郎)は、その恋をかなえてあげる、と言い出す。
晴太は、練が地元に帰りたくなるようにすればいい、と小夏に
助言した。
 音は、仕事帰りのバスの中で練と出会う。練は木穂子(高畑充希)と
一緒だった。音はバスを降りた練と木穂子が腕を組んで歩いていく
後姿をせつなく見つめる。
 練たちがアパートに着くと、部屋の中には小夏と晴太がいた。
そこで小夏は、会津で暮らす練の祖父・健二(田中泯)が転倒して
ケガをしたことを伝える。練は、商店街もなくなってしまったために
健二が買い物にも苦労していることを知り、ショックを受ける。
 音と玲美(永野芽郁)は、介護施設「春寿の杜」を経営する会社から、
雇用契約の更新はしないという旨のメールを受ける。ふたりは、
「春寿の杜」所長の神部(浦井健治)と話し合うものの、状況は
変わるはずもなかった。
 そんななか、犬の散歩のために静恵(八千草薫)の家を訪れた音は、
練と出会う。そこで音は、健二のケガの事を知り…。





小夏が痛い人になってた。
正直にすればいいというものではない。
といっても私も練と音が好き同士なら
くっついてふたりで田舎に帰ればいいのにとは
思ってましたが。
引っ越し屋にせよあの介護施設にせよ
あんなブラック企業やめて転職しても
別にかまわないんじゃないかと思うし。

小夏も練への思いがちっとも報われないし
いろんなことで行き詰まってたのでしょうが
せっかく楽しい鍋パーティーになりそうだったのに
ぶちこわしにしなくても・・。

お互いが気持ちを知ってて、木穂にもしっかり知られて
それでも二人がくっつくようなことはせず練は会津へ・・。
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
ちゃんと好きだったからいい、ってそんなもの?

練は前は東京から帰れなかったのが、こうして帰れるように
なったのは音に出会ったことも大きいだろうし
お互い好きなのになんで・・。

そのまま田舎にいてじいちゃんといっしょの生活は
豊かではなくてもじゅうぶん幸せなんじゃないかと
思っていたら、ラストで衝撃。
数年後、音はすっかり頼れる先輩として
まだあの職場でバリバリ働いていたけど
あの純朴な好青年だった練が
すっかり変わってしまっていてびっくり。
あれはいったいどういうことなの。
練にいったい何が・・?





杉原音: 有村架純 
曽田練: 高良健吾 
日向木穂子: 高畑充希 
井吹朝陽: 西島隆弘 
市村小夏: 森川葵 
中條晴太: 坂口健太郎 
神部正平: 浦井健治 
井吹和馬: 福士誠治 
加持登: 森岡龍 
船川玲美: 永野芽郁 
丸山朋子: 桜井ユキ 
源大輔: 我善導 
西野美織: 林田岬優 

白井篤史: 安田顕 
林田知恵: 大谷直子 
曽田健二: 田中泯 
林田雅彦: 柄本明
佐引穣次: 高橋一生 
柿谷嘉美: 松田美由紀 
井吹征二郎: 小日向文世 
仙道静恵: 八千草薫


2016.02.16 Tuesday 08:28 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 臨床犯罪学者 火村英生の推理 第5話 | main | 虹色デイズ  第6話 >>









いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #05
『第一部・完結編 突然のさよなら…訪れた運命の日』
| ぐ〜たらにっき | 2016/02/16 12:33 PM |