<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

灰と幻想のグリムガル Episode.6「彼女の場合」

Episode.6「彼女の場合」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


新たに仲間になったメリイとの見えない距離を縮めようとする
5人だったが、相変わらずまともなコミュニケーションをとることが
できない。せめて戦闘時の行動くらいは相談できるように
ならないかと、機会を見つけてはメリイに話しかけるハルヒロ。
しかし、彼女の反応は頑なまま。
戦闘を終え、シェリーの酒場に集うハルヒロたちの前に現れた
メリイは、声をかけることもなく一人カウンターへと腰を掛ける。そ
して、そのメリイに話しかける人物が現れ――




まったく慣れ合おうとしないメリイと少しでも
近づけるように努力するみんな。
まずはおはようの挨拶から。
メリイも返事をしてくれたりして
少しはましになりつつありますが
歩きながら話しかけてもやっぱり何も話そうとしないし
戦いの中に治療をすることもない。
それでもシホルを守ってくれたり
杖のスキルもしっかりもっている様子。

メリイの過去を知る人物に話をきくと
以前のパーティーでのメリイはまるで別人。
明るくてよく笑って、3人ぶんは戦って・・。

調子よくすすんでいたそのパーティーが
強すぎる敵に挑みあっというまにピンチ。
すでに女子ふたりがやられもうひとりも危ない状況で
メリイに助けるよう求めても、もう魔法の力が使えない。
結局3人をなくしてしまったパーティー。
その後、メリイはそんな自分に笑う資格はないと
思ったのか、いまのようになってしまったのだそう。

もともと人づきあいが苦手なタイプではなかったのか。
前のパーティーがメリイに頼り過ぎで
メリイもそれを嫌だとは思っていなかったようだけど
メリイの心に残った傷は深い。

パーティーのみんなにはそれぞれ役割があって
戦い方は違っても、ひとりにばかり負担が大きいのは
間違ってる。
ハルヒロたちがメリイの心をほぐしてあげられると
いいんだけど。




ハルヒロ:細谷佳正 ランタ:吉野裕行 マナト:島崎信長
モグゾー:落合福嗣 ユメ:小松未可子 シホル:照井春佳
レンジ:関智一 キッカワ:浪川大輔
ブリトニー:安元洋貴 バルバラ:能登麻美子
メリイ  安済知佳





2016.02.18 Thursday 11:47 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 無彩限のファントム・ワールド 第7話「シュレーディンガーの猫屋敷」 | main | スペシャリスト 第6話 >>









灰と幻想のグリムガル #06
『彼女の場合』
| ぐ〜たらにっき | 2016/02/18 12:39 PM |