<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第7話

第7話



 音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)からプロポーズされる。
しかし音は、朝陽が差し出した指輪を受け取ることができない。
朝陽は、そんな音に、返事はいますぐでなくてもいい、と告げる。
音は、帰ろうとしていた朝陽に、練(高良健吾)と会ったことを切り出す。
朝陽は、練には助けてもらったことがあるから力になってあげたい、
という音の思いを受け入れるが…。
 別の日、音は、柿谷運送の佐引(高橋一生)に会いに行く。
そこで音は、練の祖父・健二(田中泯)が他界したときのことを
教えられる。健二は、入院していた病院を抜け出し、
駅で倒れていたところを発見されたのだという。
 練のオフィスへと向かった音は、静恵(八千草薫)が
会いたがっていることを彼に伝えた。続けて、愛犬のサスケのこと、
佐引のこと、そして健二のことを話し出す音。
いら立ちを隠せない練は、健二の遺品が入っている
段ボールの中から汚れたパジャマを取り出し、
会ったこともないのに勝手なことを言わないでほしい、
と言ってゴミ箱に投げ捨ててしまい…。





じいちゃんの最後は怒りと憎しみと孤独だけ。
病気で練のこともわからなくなって
練に憎しみと怒りをぶつけ罵声をあびせたり
蹴ったりしていたのを、すべて受け止めていたらしい。
そんなじいちゃんは駅の汚い便所で倒れて
ひとりで死んでいて、練の心がすっかり凍りついて
しまったのはあまりにもつらいことが続いたからか。

小夏はあの日追い返したあと、震災の中ひとりで
いたせいで今も精神を病んでるみたいですが
デザイナーになりたいという夢はかわらずで
何度も専門学校受験してはやめて、を繰り返し
そのためにお金がいるらしい。
これって練のせいでも晴太のせいでもないように
思うんだけどふたりとも責任を感じていて
放り出せない。

じいちゃんのパジャマの汚れをきれいにおとし
ポケットに入っていたレシートをていねいによみあげた
音のおかげで、じいちゃんの最後は怒りばかりじゃ
なかったことを知る練。
食べたいものを買ったり、種を買ったり、
最後のレシートにはカップ酒2本。
じいちゃんは1本しか飲まず、もう1本は
種を蒔いた後畑に呑ませるためのもの。
容易にその光景が浮かぶ・・・
練の心がほどけるにはじゅうぶんな出来事でした。

ブラックな仕事をやめ、静江さんにも
あいにいくことができて、小夏のことは
わからないけど、練はじゅうぶん頑張ったと思う。
きっともう大丈夫。

朝陽はかわりすぎているのに自分で気づかないのかな。
路頭に迷うと分かっていて社員をあっさり切り捨てて
会社をつぶすことに迷いを持たない今の朝陽に
音がついてくるとは思えない。
つきあってるっていうけど音がそこまで
朝陽のこと好きなのかどうかもわかりにくいし
過去に好きだった人、じゃなくてやっぱり今も
練に気持ちがありそうだし絶対こっちが
お似合いにみえます。




杉原音: 有村架純 
曽田練: 高良健吾 
日向木穂子: 高畑充希 
井吹朝陽: 西島隆弘 
市村小夏: 森川葵 
中條晴太: 坂口健太郎 
神部正平: 浦井健治 
井吹和馬: 福士誠治 
加持登: 森岡龍 
船川玲美: 永野芽郁 
丸山朋子: 桜井ユキ 
源大輔: 我善導 
西野美織: 林田岬優 

白井篤史: 安田顕 
林田知恵: 大谷直子 
曽田健二: 田中泯 
林田雅彦: 柄本明
佐引穣次: 高橋一生 
柿谷嘉美: 松田美由紀 
井吹征二郎: 小日向文世 
仙道静恵: 八千草薫


2016.03.01 Tuesday 08:36 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 臨床犯罪学者 火村英生の推理 第7話 | main | 虹色デイズ  第8話 >>









いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #07
『明かされる真実 彼に何が起きたのか』
| ぐ〜たらにっき | 2016/03/01 12:33 PM |