<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

フラジャイル 第8話

第8話



 岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋(武井咲)は、
医学生に病理医の仕事を学ばせるために
温泉旅館で開催された“病理の学校"に参加。
中熊薫(北大路欣也)に強制的に連れ出された
岸の学生たちへの言葉は辛辣(しんらつ)。しかし、
そんな岸を出羽カナ(恒松祐里)という学生が見つめていた。
 その頃、病理診断科では、森井久志(野村周平)が
1人で仕事をしていた。そこに、細木まどか(小雪)の
女性外科から複数の検体が送られてくる。そこに、
火箱直美(松井玲奈)がやって来た。部外者が
部屋に入ったことが岸にバレたら怒られると慌てる森井を
からかい、火箱は去るのだが…。
 翌日、岸と宮崎が帰ってきた。鋭く部外者が部屋に来たかと
問う岸に、森井は何も変わりなかったと答える。岸はそれ以上
詮索せず、森井が用意した女性外科の検体を調べる。
 岸の病理診断で細木の患者は問題なかったが、
同じ女性外科の柳原亮子(森口瑤子)の患者にがんが発見され
手術をすることになる。一方、病理診断科に中熊が
カナを連れてきた。先日の勉強会でカナは病理に
興味を持った様子。自分は面倒を見ないと無視しようとする岸。
しかしカナは岸に自分から接近していこうとする。
 柳原の患者の手術が始まり、術中迅速病理診断のために
検体を岸が診る。だが、組織にがんは認められない。
説明を聞いた柳原が怒鳴り込んで来た。これでは
医療ミスになってしまう。岸の診断に誤りが!?





ふだんの岸先生の言動から
病理がミスしたらさんざんな言われよう。
「絶対だ」までつかわれてしまって
(一度いってやりたかったんだろうな、あの人)
何を言われても黙って言われるがままの岸先生が
いいわけひとつせず他の医者たちと大違いでした。
結局、外科側のミスだったと発覚しましたが
そうなったら言いたいことは黙っていない。
むこうも最初にあやまったものの
医者にもミスはあると言い出したので
岸先生はもちろんバッサリ。
医者にはミスはあってはならない。
患者の命がかかってるんだから当然・・
それでもミスはおこるものだけど
ミスがあってもしかたないと心のどこかで考えてるような
医者には身をまかせたくないですね。

森井くんの迷いも見抜いている岸先生。
医学部を再びめざすにはこのハードスケジュールでは
難しいから自分の夢に専念してもらいたいけど
森井くんなしではあの部署はまわならそうだし
いったいどうなるのか。

病院も病理をつぶすというけど
手術中の診断とかどうするわけ?
よそから病理医がきて待機するの?

森井くんが今回絶対まちがってないと自信を
もてなかったのも、火箱のせいで
でてくるだけでめざわり・・!
3人でいっしょに飲んでるくらいだったら
みすごせたんだけど、
こないだから存在そのものがうざい〜〜。

岸先生のこと好きになったあの子は
結局なんだったの??



長瀬智也  武井咲  野村周平  ・  小雪  ・  北大路欣也  他








2016.03.03 Thursday 08:35 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり #20「こいびと」 | main | ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 2016年 4/10 号 黒子のバスケ EXTRA GAMEの感想 >>









フラジャイル #08
『天才病理医のピンチ 女性患者に取り違えが発覚!?真実を暴け!!』
| ぐ〜たらにっき | 2016/03/03 12:37 PM |