<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕だけがいない街 第9話「終幕」

第9話「終幕」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


虐待の連鎖だったのか。

帰って来た娘とその後ろにいた悟たちに
襲いかかる雛月母。
児童相談書の職員と先生もいっしょなのに
逆ギレして警察にいくと娘を無理やりひっぱっていこうと
したところで、雛月祖母(母の母)登場・・。

雛月母も父から虐待を受けていて
つらいめにあわせたことをあやまる母に
雛月母もくずれおちた・・・。

雛月はもう大丈夫。
悟の行動が先生たちを動かした。
「勇気ある行動の結末が悲劇でいいはずがない」
と先生もが言ってくれてそんな先生に父親を思う悟。

雛月の書いた作文が再び。
大人になったら誰もいない遠い島にいってみたい。
私だけがいない街のことを考えると気持ちが軽くなる
と言っていた雛月は救われ、悟の救出作戦が成功。

すっかり気の抜けてしまった悟が教室でも脱力状態。
雛月は祖母と暮らすことになったそうで、それを
教えてくれた先生に、先日言ってくれた言葉への
お礼をいう悟。
得られたものは雛月の笑顔。

でも誘拐犯はまだそのままいる。
他の被害者のことを心配する悟は
知らない子とどうやって仲良くなればいいか
母に相談し、当たって砕けろとアドバイをもらい
さっそく行動にうつる。。

ターゲットの女子 中西彩とヒロミの行動パターンを
調べてあとをつけているときに、母に出会って
荷物持ちをさせられることに。
たまたま通りかかった先生が車に乗せてくれました。

「先生は結婚しないの?」とストレートにきく子ども・・・。
一度失敗をしてるから慎重にって離婚歴でもあるの?

知らない女の子へのアプローチ法をきくと
相手の警戒心をとく方法をおしえてくれました。

ダッシュボードからはみでているものをみて
どさっとこぼれおちたとき一瞬驚いたけど
それは大量の飴・・・。

煙草をやめてから代償行為としての飴が
かかせなくなったそうで。

放課後、ヒロミにくっついていこうとする悟を
よびとめて今度は何をする気なのかたずねるケンヤ。
ケンヤも正義の味方になりたいから
続きがあるならつれてってくれといいました。

隠れ家にいってみると大人の足跡。
靴あとをかくすため布かなにかをまいたようで
中にあったリュックも箱もなくなっていました。

雛月がいたときにきた男は
子どもを狙った殺人犯だと思っているという悟。
根拠はなく連想したといい、雛月のことも
親からだけではなく殺人犯から守りたかったといい
ケンヤもうけいれてくれたよう。

ヒロミも家までおくってくれる悟のことを
信じてくれる。

ケンヤも悟の考えを絶対あり得ない話じゃないと
思っているしその悟の思いはきっと何かにたどりつく
と悟を信じてくれました。

信じたいは信じてほしいの裏返しという
愛梨の言葉を思い出す悟。

「僕なら助けられたのに」

と18年前に泣いた自分。
二度と同じ思いはしたくない。

放課後、ケンヤとヒロミを誘う悟。
カズとオサムもこっそりあとをつけていきました。

教室から最後に出て行った女子がまた意味深・・・・。



雛月のターンはこれで終了?
もうほんとに救われたってことでいいんですね。
他の被害者もそうだけど、雛月のかわりに
新たな被害者がかわりに出てくるとかいうのは
ないのでしょうか。
ときどきいい人そうにみえて
やっぱりあやしさがぬぐえない先生は・・?


藤沼悟:  土屋太鳳 満島真之介  雛月加代: 悠木碧 
片桐愛梨: 赤崎千夏  ケンヤ: 大地葉  ヒロミ: 鬼頭明里 
オサム: 七瀬彩夏  カズ: 菊池幸利  白鳥潤: 水島大宙 
藤沼佐知子: 高山みなみ  八代学: 宮本充









2016.03.04 Friday 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< スペシャリスト 第8話 | main | 暗殺教室 18巻 >>