<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

放送90年大河ファンタジー 精霊の守り人 第3話「冬ごもりの誓い」

第3話「冬ごもりの誓い」






精霊の卵を狙うラルンガから逃れたバルサ(綾瀬はるか)は
雪を嫌う化け物をやり過ごすため、チャグム(小林颯)を連れて
山の洞窟に逃げ込む。しかしその間にも卵は育ち、
チャグムはもうひとつの世界<ナユグ>の闇に度々
引きずり込まれるようになる。バルサは恐怖と闘うチャグムを
抱きしめ、かつて自分を守ってくれたジグロ(吉川晃司)のことを
語り始める。バルサの心の傷を知ったチャグムは、
自分も運命から逃げないことを誓う。





ジグロがバルサを守るために
8人の仲間の命を奪ったぶん
バルサは必ず8人の命を助けると約束。

人を助けるのは殺すのより難しい。
バルサと旅ができて楽しかった。
バルサの成長が嬉しかった、幸せだったと
言ってなくなったジグロ・・。

バルサから過去の話をきいたチャグムは
自分を逃がした母のためにも生きたい、
バルサといっしょに戦いたいと
バルサに戦い方を教えてくださいと頼み
冬ごもりの間に修行が続く。

そしてどんどんたくましくなっていくチャグム。
稽古もだけど夜の食事タイムも楽しそうで
ふたりの絆がどんどん深まっていくようにみえます。

理不尽な目にあいながらも
精霊の卵のおかげでバルサとタンダに
あえたのならそんなに悪い気もしなくなってきたし
ふたりには幸せになってほしいとまで言うチャグム。

バルサはジグロの幸せなど祈ったことなかったと
いうのに、チャグムはこんな状況で
本当によくできた王子様だと感心。
ヨゴ国にはいい王子がいて先行きも明るい。

皇帝はといえばちょっと病的なくらいに
チャグムについた魔物に対しての態度が
おかしいんだけど・・。
かんばつからこの国を救う精霊の卵が
王子に宿ったということは、王子のほうが
自分より神に近いことになるから?
そんな器の小さい皇帝でいいのか。
皇帝の息子ならではのことだと大きくかまえて
いればいいものを、皇太子の熱病も魔物のせいだと
ふたたびチャグムに刺客をおくるとは。

シュガがよみといた卵の行き先は
チャグムが心のままに従って行きたいと
思った場所と同じで、ここで狩人と接触。
でもまたラルンガも襲ってきたうえに
チャグムの様子が尋常じゃない。
卵がかえるときが近づいているようで
本当に展開がはやいです。


綾瀬はるか,小林颯,東出昌大,木村文乃,林遣都,吹越満,
神尾佑,松田悟志,吉川晃司,高島礼子,平幹二朗,藤原竜也












2016.04.04 Monday 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 暗殺教室 19巻 | main | 背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜4巻 >>