<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第7話

第7話



「お前の素の顔……人殺しと同じだよな」
「……私は刑事です。まだ」
東海林(横山裕)が比奈子(波瑠)の異常性を疑い始めた矢先、
情報屋の藤川(不破万作)が殺される。藤川との間にトラブルを
抱えていたことから疑惑をかけられていた東海林は、
厚田(渡部篤郎)から藤川殺害事件の捜査を外れるよう命じられる。
一方、ちまたでは劇薬の除草剤を使った服毒自殺が4件
立て続けに起きていた。遺体が握りしめていた遺書に
『生きた証をAIDに託します』と書かれていたことから、
何者かが毒物を送りつけ、自殺を手助けしているとにらんだ警察は、
早速、毒物の入手経路を調べることに。その捜査の途中、
比奈子は交番勤務の警官・原島(モロ師岡)と再会する。
原島は、藤川の一件で東海林のことを心配していたが、
一方で、命の重みをよく知る東海林が藤川を殺すはずがない
と信じていた。 そこへ今度は、5人目の服毒自殺者が
見つかったと知らせが入る。遺体の傍には『AID』と
ダイイングメッセージが残され、それはまるで殺人事件の
ような現場だった。遺体を解剖した妙子(原田美枝子)の話では、
一連の自殺に使われた除草剤はすべて25年前に製造されたもので、
恐らく自殺をほう助した何者かが、製造中止になる前から
保管していたものと思われ……。





犯人は自殺者を憎む原島さん・・・。
 動機も原島さんの気持ちも充分わかったけど
 東海林の数少ない理解者で貴重な存在だったのに

 自殺者の巻き添えになってしまうなんて。
 しかも母親の目の前で。
 そこから繰り返される悲劇に、カウンセリングをうけて
 立ち直ったようにみえても根本の傷と恨みは
 癒されていなかったか。
 
 そんな原島さんだからこそ命の重みも誰よりも
 知っていたはずなのになあ。

 比奈子の過去は小出し過ぎて、ナイフを渡した人は
 誰なのかとかいいかげん全部明らかにしてほしい。
 



波瑠  横山裕  要潤  高橋努  斉藤慎二(ジャングルポケット) 
百瀬朔  佐藤玲  三浦貴大  篠田麻里子  山中崇 
林遣都  奥貫薫  光石研  原田美枝子  渡部篤郎




2016.08.27 Saturday 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 神の舌を持つ男 第8話 | main | 仮面ライダーゴースト 第45話「戦慄!消えゆく世界!」 >>